エンタープライズ:ニュース 2003/01/27 18:55:00 更新


マイクロソフト、「Slammerワーム」対策を強化するMSDE SP3の提供開始

マイクロソフトは1月27日、「Microsoft Server 2000 Desktop Engine Service Pack 3」(MSDE SP3)の提供を開始した。

 マイクロソフトは1月27日、「Microsoft Server 2000 Desktop Engine Service Pack 3」(MSDE SP3)を同社Webサイトで提供を始めた。

 同サービスパックは、「SQL Server 2000」のセキュリティを強化するだけでなく、「Slammerワーム」の感染や攻撃を防止するほか、感染したサーバを正常に戻すためにも有効となる修正プログラム。

 また、MSDEが稼働するプラットフォームとして今回から「Windows Server 2003」がサポートされた。

 同サービスパックには、「SQL Server 2000 Desktop Engine」に関するデータエンジンや、データベース クライアント接続コンポーネント(OLE DB Provider for SQL Server、ODBC ドライバ、クライアント Net-Librariesなど)が含まれている。

関連記事
▼「Slammer」対策でMSが特設ページを公開
▼犯人は「Slammer」――各社が新種のワームを警告
▼UDP/1434ポート宛のパケットが急増、新種のワームの可能性も

関連リンク
▼マイクロソフト
▼SQL Server および MSDE を標的とした SQL Slammer ワームに関する情報

[ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -