エンタープライズ:ニュース 2003/10/03 01:51:00 更新


BBフォンで相次ぎ障害

ソフトバンクBBのIP電話サービス「BBフォン」で障害が発生し、かけた番号とは異なる相手につながるケースが生じた。1万件以上が影響を受けたという。

 ソフトバンクBBは、同社が提供するIP電話サービス「BBフォン」で、9月26日の午前9時30分から9月27日の午後12時16分にかけて、1日以上にわたって障害が発生したことを明らかにした。この障害の間、BBフォンから携帯電話に電話をかけた際、番号とは異なる相手につながってしまうケースが生じ、延べ9209名、1万2685件が影響をこうむった。障害の発生から数日たった10月2日になって明らかにされた。

 原因は、携帯電話への発信時に利用している接続事業者の回線設定にミスが発生したためで、当該事業者に調査を依頼中という。ソフトバンクBBでは、この障害によって誤接続となった分の通話料金は請求せず、別途郵送で謝罪するという。

 なお10月1日午前5時30分頃からは、九州地区の一部で、通話がBBフォンではなくNTT回線など、ユーザーが従来契約している電話会社に切り替わる現象が発生したという。こちらはメンテナンス時のトラブルが原因で、既に復旧しているとのことだ。

関連リンク
▼BBフォンからのお知らせ

[ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -