ニュース
2004/02/16 00:02:00 更新


XOOPSの会合が3回目、オープンソースCMSに注目が集まる

PHPとMySQLを利用して手軽な構築が可能なCMS「XOOPS」。コミュニティを中心に人気が高まっている。

 2月14日、「XOOPS日本公式サイト」上で参加者を募った会合「第3回 XOOPSイベント」が東京・蒲田で開かれた。会場には約70人が集まり、有志による導入事例が紹介された。

 XOOPS(ズープス)は、2002年1月よりバージョンを重ね、日本語環境でも多くの情報がやり取りされるCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)。オープンソースのPHPやMySQLを用い、ユーザー登録型のサイトを手軽に構築できるソフトウェア。スクリプトが核となり構成されるため、動作環境であればWindows、UNIXなどプラットフォームを特に問わない。

IMG_2828.jpg

会合は、東京・大田区産業プラザPiOで開かれた。これから導入をしたいという人も多かった


 今回開かれた会合では、日ごろより「XOOPS日本公式サイト」に集い、XOOPS導入によってサイト拡張に成功した5名からの事例が紹介された。

 冒頭の基調講演では、XOOPSのテーマデザイン第一人者であるchatnoir氏からテーマ作成のノウハウが披露された。「標準で用意されているテーマ(外観)は、配色を変えるだけでも雰囲気が変わってくる。自分好みになるようスタイルシートを変更してみましょう」と、具体的な変更個所を示した。同氏のサイト「PetitOOps」には、数多くのテーマが登録されている。

IMG_2824.jpg

スタイルシートを中心にカスタマイズポイントを示すchatnoir氏


 ほかにもジオマグと呼ばれるイタリア発の玩具を紹介する「日本ジオマグファンクラブ」サイト運用者の植井寛氏は、XOOPSのモジュール特性を生かして製品紹介へと結びつける事例紹介をした。「イメージがつかみづらい物でも、XOOPS上で提供されているモジュールを利用することで手軽に表現ができる」と植井氏。

IMG_2848.jpg

ジオマグの実演をする植井氏。触るほどにパーツ数が増えていきハマったのだと語る


IMG_2862.jpg

XOOPSコア部へのハックを多数手がける天野龍司(Ryuji)氏。その着目点とセンスには定評がある。同氏による改良点は、幾つも標準のXOOPSに取り込まれている


 XOOPSは、主にコミュニティ構築を中心として広がりを見せているCMSのひとつ。PHP利用で比較的カスタマイズしやすいことも人気の理由であり、昨今さまざまなサイトで利用されている。

関連リンク
▼XOOPS日本公式サイト
▼PetitOOps
▼日本ジオマグファンクラブ
▼龍頭企画
▼全国学生ネットワークUnist
▼ノーマライゼーションねっと

[木田佳克,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -