ニュース
2004/03/30 16:03 更新


シマンテック、Norton Internet Security用の日本語版パッチを公開

シマンテックは3月30日、予定を前倒しして「Symantec Norton Internet Security 2004」のセキュリティホールを修正する日本語版パッチの提供を開始した。

 シマンテックは3月30日、同社のウイルス対策/パーソナルファイアウォールソフト「Symantec Norton Internet Security 2004」に存在するセキュリティホールを修正する日本語版パッチの提供を開始した。

 このセキュリティホールは、同ソフトが用いるActiveXコンポーネントに起因するもので、悪意ある攻撃者が、リモートから任意のコードを実行させることも可能な深刻なものだ。米NGSsoftwareが問題を指摘し、3月19日にアドバイザリとともに英語版パッチが公開されたが、日本語版パッチの公開は遅れていた。

 シマンテックが更新した情報によると、この日本語版パッチはLiveUpdateを通じて入手できる。同社は当初、Norton Internet Security 2004用の日本語版パッチの提供を4月2日としていたが、3日前倒ししてのリリースになる。

 また、Symantec Norton AntiSpam 2004の修正パッチについても、当初予定の4月14日より早まり、4月10日に提供される見込みという。

関連記事
▼Norton Internet Securityの脆弱性修正パッチにローカライズのタイムラグ
▼Norton Internet Securityに脆弱性

関連リンク
▼シマンテック:Symantec Norton Internet Security/Norton AntiSpam にリモートアクセスの脆弱性

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -