ニュース
2004/05/14 01:20 更新


1CDLinux「KNOPPIX」最新バージョンの日本語版が登場

1CD型のLinuxディストリビューション「KNOPPIX」の最新バージョンである3.4日本語版が産総研から公開された。

 CDのみでブート可能なLinuxディストリビューション「KNOPPIX」の最新バージョンである3.4に追従した日本語版が産業技術総合研究所(産総研)から公開されている。

 同バージョンでは、Linuxカーネル 2.4.26(標準)と2.6.5(オプション)を搭載しているほか、Windows 2000やXPのNTFSに書き込みが可能になっている。また、KDE 3.2.2、kdevelop3、OpenOffice 1.1.1、gimp 2.0といったパッケージのほか、新しい無線LANドライバとしてipw2100(Centrino)などが用意されている。

 日本語化に際して行われた変更点としては、次のようなものが挙げられている。

  • jmode,pTeX搭載の見送り
  • jre,acrobat readerのインストーラを live-installerに統合
  • オリジナルのknoppix-installerへの追従
  • FreeWnnの設定を initrdのイメージから /etc/init.d/freewnn-jserverへ移動
  • smb.conf変更作業を knoppix-autoconfigへ移動
  • UserModeLinux関連はLinuxカーネル2.4対応版が利用可能
関連リンク
▼KNOPPIX Japanese edition
▼産業技術総合研究所

[西尾泰三,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -