コラム
2005/07/04 12:41 更新


中国のブルジョワジーなコンシューマーゲーム事情 (1/3)

中国のコンシューマーゲーム市場といえば「ファミコンもどき」「100in1カートリッジ」という印象を持っている読者も多いだろうが、現在の中国のゲーム事情は一言で言い表せない面白さもある。日本製ゲームの中国語版がリリースされない苦悩を努力に変えて、中国ヘビーゲーマーはきょうもゲームに明け暮れる。

ファミコン“もどき”だけじゃない!中国テレビゲーム史

 時代は21世紀。中国のテレビゲーム界でもゲーム機の世代交代はちゃんとおきていた。中国本土では、ファミコン、メガドライブ、ゲームボーイ、プレイステーション 、同2、Xboxが市場に普及した。一応、8ビットマシン、16ビットマシン、32ビットマシンと世代交代が起きているのである。

 実をいうと、任天堂やソニーのプレイステーション 2を除き、ソニーの多くの機種、そしてマイクロソフトなどの機種は中国本土で正式に販売されてない。それにもかかわらず、小売店では香港向けの本体が輸入され、また、ソフトも“海賊版”が潤沢に店頭に並んでいる。つまりは、ファミコンからXboxまで、すべてソフトが安易にコピーでき、それがゆえに中国で本体が安価に普及したのである。

 このあたり、中国におけるPC普及の背景にある「ハードに投資さえすれば、ソフトへの投資は微々たるモノ」という状況とまったく同じだ。逆に、スーパーファミコン、ドリームキャストなどでは、海賊版ソフトが出回らなかったために中国のゲーム世代の若者は「本体を見てもそれがなんであるか分からない」ほど、まったく普及していない。「中国でゲーム機を普及させたいなら、コピーが容易なハードを提供せよ」ということか。

kn_chinagmsha.jpg

上海のとあるゲーム屋。入口正面から食玩やフィギュアだらけ

kn_chinagmriha.jpg

ファミコンやメガドライブは未だ現役。なぞのソフトも健在。「ラメネハヒ」その内容は不明

kn_chinagmtek.jpg

鉄騎を買う中国人もいるのか!

「正規版」のゲーム文化が中国でも開花する……か

 このように、これまで海賊品が流通の主役であった中国でも変化が起こり始めている。ここ数年、任天堂とソニーが中国本土で「正規版」を売り始めたのだ。任天堂はiQuePlayer(旧名 神遊機、Nintendo64)を皮切りに、ゲームボーイアドバンス(旧名 小神遊)、ゲームボーイアドバンス SP、ニンテンドーDSを、ソニーは去年よりPlayStaion2を、販売するソフトを絞り、全国数都市で販売を開始した。日中ビジネスのニュースが絶えない昨今、比較的所得の高いリッチ層が多いこれらの都市で売れば儲かる、という考えのもと、正規版の中国販売に踏み切ったのだろう。

 気になる中国での販売価格だが、プレイステーション 2を例にとると、本体が1488元。1元=13.5円換算するとちょうど2万円で日本と同じになる。ソフトは一律168元。日本円で2000円台前半となり、日本よりはだいぶ手ごろに思える。

 が、チャーハン何杯分にあたるか(以下「チャーハン指数」)といえば、1杯5元で食べれるとして、ゲーム1本はチャーハン約33杯分にもなる。日本人の感覚ではソフト1本1万5千円以上ということは、まだまだ一般人には届きそうにない。本体にいたってはチャーハン指数で約300杯、日本人の感覚で15万円といったところか。

 恐ろしくブルジョワジーなおもちゃだが、日本人がモノつくりをしていて、生産コストが「日本の給与体系」に密接に関連している以上、この価格設定はぎりぎりのラインかもしれない。日本のソフトメーカーのお財布どころが厳しいのもよく分かるが、中国においてソフトのリリースが少ないときで月1本。これでは、いくらソフトが優れていても15万円感覚の本体を買いたいと思うユーザーはそういないのではないだろうか?

それでもがんばるゲーム雑誌

      | 1 2 3 | 次のページ

[山谷剛史,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping