ニュース
2008年07月08日 17時25分 更新

生まれ変わったリバティーシティで暮らす幸せ――「グランド・セフト・オートIV」 (1/2)

発売初週で販売本数が600万本を突破した「グランド・セフト・オート」シリーズ最新作が日本へ上陸しようとしている。約7年ぶりのナンバリングタイトルは少し従来のものとは違う。

日本語版を心待ちしている方へ

wk_080707gtiv01.jpg

 すべての記録を超越するために「グランド・セフト・オートIV」は存在する。4月29日に北米、そして欧州で発売されるやいなや、発売初週で販売本数が600万本を突破。総売り上げは5億ドル(約525億円)に達し、あらゆる映画、出版、音楽などを含むエンターテインメント史上最大の売上高を記録した。約7年ぶりのナンバリングタイトルとなるシリーズ最新作が、数々の記録をぶら下げて日本に上陸しようとしている。ゲーム内での“自由”という概念をぶち破る、新たなエンターテインメントを創出する「グランド・セフト・オートIV」が2008年、日本で体験できる日がまもなくやってくる。


wk_080707gtiv16.jpg

 「グランド・セフト・オートIV」は、シリーズではなじみ深い“リバティーシティ”が舞台となる。しかし、本作で登場するリバティーシティは、かつてのものとは違う、完全に生まれ変わったリバティーシティとなっている。マップの広さはGTAシリーズ最大であるサンアンドレアスのおよそ80%ながら、その密度である。街の人々の行動はもちろん、街頭のチラシをはじめ建物や看板の細部まで細密にデザインされ作り込まれている。カーラジオをひねると流れてくる音楽や、各所で行われるショーやカルチャーは、まさに現実と違わぬ程の息遣いを放っている。


wk_080707gtiv17.jpg

 リアリティを追求したリバティーシティは、ショッピングや観光、高級レストランでの食事やバーでの飲酒、美術館での芸術鑑賞などが楽しめる、世界でもっとも人口密度が高く、活気があり、自由・金・野心・欲望、そして失敗と成功のすべてを呑み込む街だ。アルゴンキン、デュークス、ブローカー、ボーハンの4つの区から構成され、アルゴンキンの高層タワー群の脇を流れるウェスト川の対岸にはオルダニー島があり、それぞれが特徴的な風土を持っている。さまざまな顔を持つリバティーシティは、きっとプレイヤーを現実と虚構のはざまへといざない、そして行き先を迷わせる魅力にあふれているだろう。

wk_080707gtiv02.jpgwk_080707gtiv03.jpg ニューヨークをモチーフに作られたリバティーシティには現実の名所と似た場所がいくつも存在する。マンハッタンの摩天楼やブルックリンの街並みを彷彿とさせる。建物内への移動はシームレスとなった

wk_080707gtiv04.jpg 街を行き交う人々に同じ人物はいない。それぞれがそれぞれの思考に従って行動している

 「IV」では、前作までのように同じ人物が幾人も街を歩いているようなことはない。年齢、性別、容貌、ファッションなどあらゆる要素の異なる人物たちが、咳き込んだり、くしゃみをしたり、タバコを吸ったり、本を読んだり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグスタンドで買い物をしたり、公衆電話や携帯電話を使ったり、独り言を言ったりと、それぞれがまったく違う行動をして生活しているという。

 公園では太極拳やジョギングをする人とすれ違い、観光地では写真撮影に興じる人々が見られる。工事現場では手に持ったクリップボードを見たり、時折しゃがみ込んだり、ツルハシを持って作業をしたりと、場面と時間に応じた動きを見せる労働者を確認できるというから驚きだ。天候にも人々の行動は影響され、雨が降れば傘を持っている者は傘を差し、持っていない者は手に持つ書類や鞄で雨を除ける行動を取る。急ぎ足で家路につく者もいれば、気にせずにビショ濡れで歩く者もいる。なかには襟を立てて寒そうに走り出す者がいたり、寒がって手をこすり合わせる者もいたりと、“現実でよく見るがゲーム中では見ることはなかった”生活感が表現されている。

 街では、歩行中に肩がぶつかっただけで喧嘩を売ってくる若者もいれば、謝る礼儀正しいサラリーマンもいる。目の前で武器を構えただけで逃げ出す者もいれば、果敢に立ち向かってくる者もいる。犯罪行為を目撃した歩行者は携帯電話で通報することさえあるのだ。リバティーシティでは、確かにみなが生活を営み、存在している息吹きが感じられるはずだ。

wk_080707gtiv05.jpg 繁華街では買い物に興じる人々が行き交う
wk_080707gtiv06.jpg 新聞を読みながら歩く人も。新聞も細部まで作りこまれているようだ

wk_080707gtiv07.jpg ストリートにはホットドッグスタンドがあり、食べると体力が回復する
wk_080707gtiv08.jpg リバティーシティの天候次第では、ミッションの達成のしやすさも変化する?

プロローグ

wk_080707gtiv09.jpg ニコライ・ベリック(通称ニコ)。東欧出身。歳は30代半ば

「オレは遂にアメリカンドリームを実現したぜ。風呂が4つもあるデカい家。ガレージには15台のスポーツカー。女だって2人いる」

ローマンのメールには景気のいいことばかり書いてある。

アイツを知っている人間なら、誰だって疑いたくなる話だ。

だが、信じてみたくはある……。

このオレのクソみたいな人生も、あの街でなら、何かが変わるかもしれない。

あの街、リバティーシティなら……。

主人公のニコライ・ベリック(通称ニコ)は、祖国で大きな挫折を経験し、従兄弟のローマンの成功にあやかろうとリバティーシティを訪れる。だがローマンは成功どころか大きな借金とトラブルを抱えており、ニコもそれに巻き込まれてしまう


wk_080707gtiv10.jpgwk_080707gtiv11.jpg キャラクターにはNaturalMotionの「Euphoria(ユーフォリア)」というモーションエンジンが採用され、人物のリアルな仕草や動き、表情を再現している。これにより濃密な世界で繰り広げられる壮大なドラマに一層没入できることだろう

       1|2 次のページへ

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping