デジカメプラス 過去記事一覧
検索
レビュー
交換レンズ百景:

ズームなのに単焦点に匹敵する明るさと写り――トキナー「AT-X 14-20 F2 PRO DX」

ズームレンズの利便性と単焦点レンズの明るさ。本来は相反する、そんな2つのメリットを兼ね備えたユニークな製品がケンコー・トキナーから登場。その描写と使い勝手をレビューしよう。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

開発コンセプトは「ちょい足しできる単焦点」

 ケンコー・トキナーの「AT-X 14-20 F2 PRO DX」は、APS-Cサイズセンサーに対応した新しい広角ズームだ。仕様をチェックしてまず目に止まるのは、14〜20mmという従来にない焦点距離を採用していること。35mm換算の焦点距離は、21〜30mm相当(ニコン用の場合)。ズーム倍率でいうと、わずか約1.4倍しかない。

 この倍率の低さに驚いた人も、レンズの開放F値を見れば「ああ、なるほど」と納得できるだろう。開放値はズーム全域でF2に対応。つまり、ズーム倍率を低く抑えることで、ズームレンズでありながら単焦点クラスの明るさを実現したのだ。同社によると、「ちょい足しできる単焦点レンズ」というコンセプトに沿って、単焦点レンズに匹敵する光学性能を目指したという。さっそくその写りを見ていこう。

AT-X 14-20 F2 PRO DX
トキナー「AT-X 14-20 F2 PRO DX」。ニコンFマウントとキヤノンEFマウントを用意。希望小売価格は12万円(税別)。今回はニコン「D500」で使用した

 1枚目は、展望台からの眺めを14mm側の開放値で捉えたもの。背景の町並みはふんわりとぼけて、にじんだ水彩画のような表現となった。もちろん肉眼ではこんな風には見えない。大口径ワイドレンズならではの写りといっていい。

AT-X 14-20 F2 PRO DX
絞り優先AE(F2、1/3200秒)、ISO100、ホワイトバランス:晴天、焦点距離:14mm、カメラ:D500

 次も同じく14mm側の開放値で撮影。木漏れ日の部分はきれいに整った玉ボケとなり、主役である手前の花を際立たせることができた。合焦部分のシャープネスは高く、葉や花びらのディテールまでをリアルに再現できている。

AT-X 14-20 F2 PRO DX
マニュアル(F2、1/500秒)、ISO100、ホワイトバランス:晴天、焦点距離:14mm、カメラ:D500

 次は、20mm側までズームアップし、最短距離となる28センチ付近で撮影。14mm側に比べると開放値のシャープネスは控えめだが、それでも細部までしっかり解像している。ナチュラルなボケも悪くない。

AT-X 14-20 F2 PRO DX
マニュアル(F2、1/1000秒)、ISO100、ホワイトバランス:晴天、焦点距離:20mm、カメラ:D500

 全域F2の明るさは、ボケ表現だけでなく、光量が乏しいシーンで手ブレや被写体ブレを低減できる利点もある。次の2枚は、水族館の水槽をスナップしたもの。従来は単焦点レンズが欠かせなかった薄暗い場所だが、本レンズがあれば単焦点の出番は減るだろう。

AT-X 14-20 F2 PRO DX
マニュアル(F2、1/250秒)、ISO1100、ホワイトバランス:晴天、焦点距離:14mm、カメラ:D500
AT-X 14-20 F2 PRO DX
マニュアル(F2、1/250秒)、ISO1000、ホワイトバランス:晴天、焦点距離:14mm、カメラ:D500

画像周辺部のまでのシャープな描写力

 レンズの外形寸法は最大径89×全長106mm。フィルター径は82mm。質量は約735グラム。APS-Cサイズ用の広角ズームとしてはやや大きくて重めだが、持ち運びが苦になるほどではない。3〜4本分の単焦点レンズが1本にまとまっていると考えれば小型軽量ともいえる。今回使ったボディー「D500」装着時のバランスもいい。

 鏡胴のデザインは、最近の同社製品に共通したもの。外装はレザートーン塗装を加えたツヤ消しの黒で、樹脂主体ながらしっかりとした剛性と高品位な質感を備えている。マウント部は金属製。マウントの外周にはゴムシーリングを施して防塵防滴に配慮している。

AT-X 14-20 F2 PRO DX
マニュアル(F13、1/125秒)、ISO100、ホワイトバランス:オート、焦点距離:14mm、カメラ:D500
AT-X 14-20 F2 PRO DX
マニュアル(F10、1/50秒)、ISO800、ホワイトバランス:晴天、焦点距離:14mm、カメラ:D500

 同社独自の「ワンタッチフォーカスクラッチ」も既存モデルから継承。フォーカスリングのスライドによってAFからMFへと素早く移行できる仕掛けだ。

 AFは「SD-M」と呼ばれるDCモーターで駆動し、高精度磁気センサー「GMRセンサー」によって制御される。AFスピードはゆっくりめ。動きの速い被写体を捉えるのはあまり得意ではない。

AT-X 14-20 F2 PRO DX
マニュアル(F11、1/100秒)、ISO200、ホワイトバランス:晴天、焦点距離:14mm、カメラ:D500
AT-X 14-20 F2 PRO DX
マニュアル(F7.1、1/1250秒)、ISO100、ホワイトバランス:色温度、焦点距離:20mm、カメラ:D500

 今回の撮影では、画面四隅までのキレのある写りと、開放値F2が生み出す滑らかなボケを味わうことができた。ズーム倍率の低さについては、最初のうちは戸惑いもあったが、1日使えばすぐに慣れた。通常のズームレンズ感覚で使おうとすると不自由な面もあるが、製品コンセプトどおり、単焦点レンズだと捉えれば少しズームできることがむしろありがたく感じる。

 カメラメーカーの純正品にはない個性派レンズであり、他人とは違った写真を目指したい人には特にお勧めできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia LifeStyleに「いいね!」しよう
ページトップに戻る