タカラ,乗れる“チョロQ”こと電気自動車「Q-CAR」発表

“環境に優しい遊び心溢れる車”。玩具メーカーのタカラが,家庭の100ボルト電源で充電できる電気自動車を発売する。併せて発表されたラジコン飛行船は,ゆったりと室内を浮遊する“大人の心を癒す”アイテムだ。

【国内記事】 2002年1月22日更新

 タカラは1月22日,ラジオコントロール飛行船「SKY SHIP」と電気自動車「Q-CAR」を発表した。

原付扱い,最高速度60キロのQ-CAR

 Q-CARは「大人が楽しめるエンターテイメント商品としての車」(タカラの佐藤慶太社長)を,玩具メーカーの視点で開発したもの。2002年2月に設立する新会社「チョロQモーターズ」より,2002年秋の発売を予定している。

 Q-CARはドイツ車のチューニングを手がけるコックスと共同で開発発表された。2種類あり,「Modern Times」は100万円台半ば,「2010」は100万円以下の価格を目指して開発しているという。


「Modern Times」は,古き良き時代のモダンテイストを電気自動車で再現。両車種共に1人乗りなのが残念だが,「電気自動車は重さとの戦い。現状のハードで作ると1人乗りになる」(佐藤社長)


「2010」は未来のスポーツカーをイメージ。樹脂ボディで構成され,ボディフレームはアルミ合金を採用している。それぞれ「ネーミングは映画からいただいた」(タカラ)

 第一種原動機付自転車の扱いで,運転には普通運転免許が必要。車検・車庫証明・重量税・取得税は不要だという。充電は家庭用コンセントの100ボルト電源から行い,約8時間の充電で80キロの走行が可能だ。最高速度は60キロ(法定速度50キロ)。ドライブトレーンなど「ベースの車両は専業メーカーから提供を受ける」(佐藤社長)という。

 玩具メーカーであるタカラが電気自動車に乗り出す背景には,「電気自動車はハードとしては開発が進んでいるが,商品としてはこれから」(佐藤社長)という思いがあった。そのため,“次世代の自動車”というよりは「車を補完するシティコミューターとしての位置づけ」(佐藤社長)。

 「北海道や軽井沢でレンタルとして貸し出す」など,用途提案を積極的に行っていくという。Q-CARによるレースや,Q-squareという建物を建てて「車好きの大人たちの交流場にする」(タカラ)という計画も立てている。

 販売は「最低でも優良玩具店には置かせてもらう」(佐藤社長)ほか,自転車屋,カーディーラーなども検討している。

 主な仕様は以下の通り。

車種Modern Times2010
最高速度(前進)50Km/h
最高速度(後進)15Km/h
最大積載量30キロ
最小回転半径2.6メートル
1充電走行距離80キロ(30Km/h定地一定)
全長1930ミリ2040ミリ
全幅1020ミリ1046ミリ
全高1560ミリ1154ミリ
軸距1280ミリ
メインバッテリー密閉型鉛電池 12V×42Ah×6個(72V)
補助バッテリー密閉型鉛電池 12V×28Ah×1個(12V)
制御方式4輪ドラムブレーキ
原動機駆動方式後輪ホイールイン直接駆動
原動機定格出力0.29kW×2個
標準充電時間8時間程度


人が乗るとこんな感じ。乗っているのはタカラの佐藤社長。未来的なデザインの中にも,チョロQに通ずるデフォルメされた愛嬌を感じる


コックピット。スピードメーターはデジタル表示


車体デザインは違うが,実走行を撮影。4輪ダブルウィッシュボーンサスペンションを備え,スポーティーな走行を可能にした

室内用ラジコン飛行船 SKY SHIP

 室内用ラジオコントロール飛行船「SKY SHIP」は,子供の頃に夢見ていた憧れを玩具の世界で形にする「DREAM FORCE」シリーズの第2弾(1月18日の記事参照)。3月30日に9800円で発売する。


約1メートルの飛行船が室内に浮かんでいる姿はある意味ほのぼの。ある意味不気味!? ちなみに屋外では「風に飛ばされてしまう」(タカラ)。ペイロードは30グラム程度ということなので,純粋に飛ぶのを楽しもう

 全長約90センチの本体に,約70リットルのヘリウムガスが充填され,ふわふわと室内を浮遊する。本体のバッテリーにはニッケル水素電池を採用し,10分の充電で15分の飛行が行える。

 本体ゴンドラ部には左右にプロペラを搭載。それぞれ独立して回転することで上昇・下降をはじめ上下左右すべての方向に自由時代にコントロールできる。全3チャンネルのコントローラーで操作し,操縦可能距離は約10メートル。操作範囲外に流されても,自動的に着陸する設定になっているという。

 デザインは3種類。実際に建造され飛行した史上最後の硬式飛行船「グラーフ・ツェッペリン2世号」をモデルとした「グラーフ・ツェッペリン号」,故・岡本太郎画伯がデザインした「レインボー号」,SKY SHIPのコンセプトに賛同した企業のロゴを船体にデザインした「コラボレーション号」が販売される。

 本体には100リットルのヘリウムガスが付属し,本体に70リットルを充填して飛ばす。ガスが減ってきたら補充も可能。100リットル分のガスを2000〜3000円で別売する計画もあるという。「ヘリウムを入れる容器がコスト的に問題だった。今回,ヘリウムを圧縮せずに付属させることで低価格を実現した」(タカラ)

 本体にCCDカメラを装着したモデルも次バージョンとして検討されており,空中からの風景を微弱電波を使ってリアルタイムに受信できる。「(CCDカメラバージョンは)9800円という本機の2倍以上の価格になりそうだ」(タカラ)


「船尾に風船を付けて,2機で風船割りのバトルをするなど,遊び方を提案していきたい」(タカラ)。SKY SHIPが遊び回る,写真のような場所も提供したいという


次バージョンのCCD付きの飛行船が撮影した,発表会場の模様。試作機は10万画素のCCDカメラを搭載しているという

関連記事
▼ “スーパーロボットで大激戦!”のススメ

関連リンク
▼ タカラ

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!