Mobile:NEWS 2002年12月10日 05:28 PM 更新

ドコモ、バッテリー強化、動画メール送信対応のFOMA〜3機種発表

NTTドコモは続待受時間が約170−180時間と向上、動画のメール送信に対応したFOMA端末3機種を発売する。12月中旬以降順次投入予定

 NTTドコモは12月10日、バッテリー持続時間を強化したFOMA端末3機種を発表した。NEC製の「N2051」は12月中旬以降、富士通製でSymbian OS搭載(12月10日の記事参照)の「F2051」は12月下旬以降、松下通信工業製ビジュアルタイプの「P2102V」は1月下旬以降に発売される。

 NTTドコモの立川敬二社長は9月の定例会見で、クリスマスシーズンに向けてFOMAを数機種投入すると語っており(9月5日の記事参照)、今回発表されたFOMAはそれにあたるものだ。ドコモは今年度末のFOMA契約者数の目標を32万としており(11月7日の記事参照)、iモーションメール対応の新端末で契約者獲得を狙う。

 新モデルの特徴は、連続待受時間が約170−180時間と向上したバッテリー持続時間と、全モデルへのカメラ搭載。静止画と動画の撮影が可能で、撮影した動画をメールに添付して送信できる新サービス「iモーションメール」に対応する。

 iモーションメールは、FOMAおよびPCに撮影した動画をメールに添付して送信できるサービス。iモーションメール対応のFOMA端末で撮影した動画や、サイトからダウンロードしたiモーションの動画を、メール送信時に添付して、iモーションメール対応FOMA端末やPCに送信する。

  • iモーションメールサービス概要

対応端末「N2051」「F2051」「P2102V」
送受信可能条件iモーションメール対応FOMA端末←→iモーションメール対応FOMA端末、iモーションメール対応FOMA端末←→インターネット
送信可能添付ファイルサイズ最大100Kバイト(本文1万バイト+動画100Kバイトが送信可能)
ファイル形式MP4(Mobile-MP4)
1ユーザーあたりの保存件数15件
動画ファイルの保存期間7日間

 対応するFOMAで受信した画像はメール本文に動画が添付されている表示部分をクリックするとiモーションメールセンターのiモーション蓄積サーバから端末に送られ、再生や保存が可能となる。

 PCで受信した場合は、添付されたiモーション動画をiモーションメールに対応する次期バーションのアップル コンピュータ製マルチメディアプレイヤー「QuickTime」で再生できるという。

 新モデル開発に伴い、iモーションのファイルサイズ制限をこれまでの100Kバイトから300Kバイトに拡張。iモーションの最大再生時間も従来の15秒程度から40秒程度まで拡大した。

 iアプリのデータ保存領域も10Kバイトから200Kバイトに増強している。

  • 従来FOMAとの機能比較

 新FOMA従来FOMA
連続通話時間約110分−130分約90分
連続待受時間約170時間−180時間(静止時:約230時間−250時間)約55時間(約80時間)
iモーション300Kバイト(最大40秒)テロップ表示100Kバイト(最大15秒)
iアプリデータ保存領域200Kバイト10Kバイト
新機能動画メール(iモーションメール)、高精彩静止画(VGA)PC送信、赤外線通信-


31万画素CMOSと10万画素CMOSのツインカメラを搭載。2.21インチ、6万5536色カラーTFD液晶搭載、PCのように、360度方向へカーソルを動かし、メニューの選択を行える「ニューロポインター」を採用。ボディカラーはシルバーとブラックの2色


270度回転する10万画素のCCDカメラ搭載。2.2インチ6万5536色カラー半透過TFT液晶。画像の一部を切り抜き、別の画像に合成できる「切り抜き機能」や暗い画像をワンタッチで明るくできる「画像処理機能」などの画像関連機能を備える。1つのメモリダイヤルに5つの電話番号、メールアドレス、住所、会社名、写真などを登録できる強化されたPIM機能が特徴。Symbian OSが搭載されている。ボディカラーはシルバーとネイビーの2色


31万画素CMOSと10万画素CMOSのツインカメラ搭載。2.35インチ26万2144色カラー透過TFT液晶。デジタルビデオカメラのように、液晶のアングルを撮影に合わせて回転させることが可能。SDカードスロットを搭載、最大約3時間の動画の録画が可能でPCとのデータ共有も行える。TV電話中に動画撮影を行え、通話相手に送信可能。ボディカラーはシルバーとブラックとレッドの3色

 「N2051」「F2051」「P2102V」
容積(cc)109(予定)115(予定)110(予定)
質量(グラム)122(予定)114(予定)130(予定)
連続待受時間(時間)静止時:250静止時:230静止時:250(予定)
移動時:180移動時:170移動時:180(予定)
連続通話時間(分)130110音声通話:130(予定) テレビ電話:90(予定)
データ通信速度(Kbps)パケット通信:下り最大384、上り最大64/回線交換:64



関連記事
▼ FOMAの逆襲が始まる?〜PDCとのデュアルも
ドコモの新FOMA端末開発ペースはますます加速しそうだ。今回の新機種投入に続き、2003年春にはPDCとのデュアルモード端末、秋には国際ローミングにも対応させる。来年末には、PDC端末の機能をFOMAが上回ることになりそうだ

▼ 「ASF」から「MP4」へ〜FOMAのiモーションメール
撮影した動画をメールに添付して送信できる「iモーションメール」に対応した、新しいFOMA端末が登場する。しかし動画関係の機能拡張に伴い、動画フォーマットは変更され、既存の「iモーション」対応端末との互換性は失われてしまった

▼ 写真で見る、新型FOMA
待受時間を伸ばすと共に、カメラ・赤外線を標準搭載。さらには「ニューロポインター」「回転する液晶」など新フィーチャーを盛り込んできた、新しい3つのFOMA端末。それぞれの端末を写真で見ていこう

▼ FOMAの基地局数、首都圏でPDCの8割に
“通話エリアが狭い”という印象を拭いきれないFOMAだが、首都圏では既に人口カバー率は95%に、基地局数でもPDC比で8割に達している

▼ 春には505iを投入、その後Java機能が同等のFOMA〜ドコモ夏野氏
ドコモのiモード企画部長の夏野剛氏は、Borland Conference 2002 Tokyoの基調講演で、春には505iを投入予定であると語った。また近日投入予定の「N504iS」「F504iS」端末をスライドで披露した

▼ ドコモ、FOMAを大幅下方修正──130万から32万に
ドコモは、ついに今年度末のFOMA契約者数予想を約4分の1に当たる32万に減らした。FOMAが下方修正するなか、PHSの「定額制」の話や、50xシリーズにカメラを付ける話も飛び出した

▼ 東芝FOMA端末を投入、年内にさらに数機種〜ドコモ定例会見
ドコモの定例記者会見で立川社長は、まもなく発売する東芝製のストレート型ビジュアルタイプFOMA端末を披露した。クリスマスシーズンに向けてさらに数機種を市場に投入する予定

▼ 富士通製FOMA「F2051」はSymbian OS搭載

関連リンク
▼ ニュースリリース

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!