Mobile:NEWS 2003年5月20日 07:40 PM 更新

auデザイン志向携帯「talby」、商品化目指す

毎年、ビジネスシヨウで斬新な携帯のデザインモックを展示するKDDI。今年は海外のデザイナー、マーク・ニューソンがデザインしたソリッドでシンプルな「talby」が目玉。商品化を見据えたリアリティのあるデザインだという

 KDDIは東京・ビッグサイトで開催されている「ビジネスシヨウ 2003 TOKYO」の展示ブースで、マーク・ニューソンデザインの携帯電話のイメージモックを展示した。シンプルでクリーンな、この「talby」と名付けられた端末は、カラー液晶やカメラを備える。

 同社プロダクト統括部プロダクトデザインディレクターの小牟田啓博氏は、「商品化に向けて真剣にやっている。今回はだいぶリアリティがある」と話した。


talbyのカラーはグリーン、オレンジ、ホワイト、ブラックの4色。いずれもキーの色を変える


展示に使われたパネルもマーク・ニューソンらのデザインだという

 マーク・ニューソンはオーストラリア出身のデザイナー。家庭用品から家具、レストラン、腕時計、飛行機の内装などのデザインで知られる。国内外のデザイナーとのコラボレーションによるデザイン開発を進めるKDDIが同氏にアプローチしたところ、日本の携帯に興味を示し、積極的に取り組んでくれたという。

 talbyは「極めてシンプル。ちょっとしたユーモア」をコンセプトに開発された端末だ。マーク・ニューソン氏はtalbyの解説文に「talbyにはあなたが欲しいと思っているすべてのものが備わっているし、逆にそれ以上の余計な何かがあるわけではない。とてもスリムでポケットに入れるにも首からぶら下げるにも最適だ」と記している。

 本体はヘアライン加工されたアルニミウム。その中にシンプルなキーが整然と並んでいる。上部にある穴は、大きなストラップホルダーだ。背面は黒い樹脂を使い、素材感と色で10ミリ以下という薄さを強調した。

 デザインモックというと、現在携帯電話で一般的な機能が削られている場合があるが、talbyはそこも考慮している。背面にはライト付きカメラが付いてディスプレイは2型。デザインオリエンテッドといっても「押さえるところは押さえた」(小牟田氏)。

 市販を真剣に目指しているとしながらも、「妥協して半端なものは出さない。(技術が)熟成するまで待ってもらう」と話す小牟田氏。talbyが商品化されるかどうかは、1つにはユーザーの反応にかかっている。



関連記事
▼ KDDIが考える“石ころ”型携帯
携帯電話に詰め込まれた技術は急速に進歩したが、逆にデザインはどれも似通ったものになってきてしまった。KDDIは“技術の粋を集めた”デザインではなく、個性的で魅力的なデザインのイメージモックを展示した

▼ “夢の携帯”ってどんなもの?
ソニーが展示した未来の携帯のコンセプトモックは、“機能”よりも、その“形状”が実に独特。折りたたみ型ばかりになってしまった携帯電話に、斬新なデザインは現れ得るのだろうか

▼ ビジネスシヨウ 2003開幕――新端末で盛り上がるキャリアブース
東京ビッグサイトで「ビジネスシヨウ TOKYO 2003」が開幕。携帯電話各社がブースを並べるエリアが、今年も大きな盛り上がりを見せている

▼ 新端末が続々登場〜ビジネスシヨウ 2003の見どころ
5月22日から一般公開が始まる「ビジネスシヨウ 2003」。各キャリアとも発売予定の新モデルを展示するなど新端末お披露目の場になりそうだ


関連リンク
▼ KDDI

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!