Mobile:NEWS 2002年5月22日 03:32 PM 更新

KDDIが考える“石ころ”型携帯

携帯電話に詰め込まれた技術は急速に進歩したが、逆にデザインはどれも似通ったものになってきてしまった。KDDIは“技術の粋を集めた”デザインではなく、個性的で魅力的なデザインのイメージモックを展示した。

 KDDIは東京・ビッグサイトで開催されている「ビジネスシヨウ 2002 TOKYO」の展示ブースで、未来型デザインの携帯電話のイメージモックを展示した。従来からあった「info.bar」というスティック型の端末に加え、今回「ISHIKORO」(石ころ)という名称の折りたたみ型端末が初お目見えした。


KDDIブースの入り口近くには、コンセプトモデルのイメージモックがずらり。通りかかる人々も足を止め、思わず「かわいい。何ですか? これ」と目を留めていた


「ISHIKORO」。着信があると内部が点滅し、石全体が光っているかのように透けて見える。着信音は虫の鳴き声など。「電車の中でも、会議中でも、ポケットの中でも皆、携帯電話手で拭っている。カチカチとヒンジを開閉している。形が行為を誘発している。──ピカピカの石を持ったときにも同じようなことをしてしまう。石も携帯電話も似た行為によって感覚的に繋がっている」(KDDIの案内より)


「info.bar」。タイルのようなキーは色を自分の好みに合わせて選ぶことができる。「まるで板チョコのような、薄くて手になじむ」(KDDI)

 この2種類の端末は、KDDIとデザイン会社IDEOのNaoto Fukasawa氏が共同デザインしたもの。KDDIは「デザインというアプローチと通信を融合させていきたい」と意気込む。しばらく前から「info.bar」のほうは展示会などに飾ってあったが、「ISHIKORO」が展示されるのは初めて。実際の石をモデルにしたもので、河原から拾ってきた石を3次元スキャンしたのだという。非対称でナチュラル、絶妙なカーブが電機製品とは思えない暖かみをISHIKOROに与えている。

 info.barとISHIKOROは一組となるデザインで、info.barのほうは「ファッション寄り。敢えて表情を持たない」(KDDIのau企画本部マーケティング部企画グループチーフデザイナーの小牟田啓博氏)。ISHIKOROは「人間の手が触れていない、ナチュラルで有機的なもの」をイメージしたという。

 どちらも、イメージモックアップであり現在のところ商品化の予定はない。しかし見た人たちは口々に「欲しい……」と言う。

 小牟田氏によると、技術的な課題よりも商品化した際に数が出るかどうかのほうが問題のようだ。1万台程度では生産できないのだそうだ。

 考えてみれば、最近の携帯電話は軒並み折りたたみ型になってしまった。必ず背面液晶が付いているところまでそっくりだ。もちろん個性を出した端末もあるが、世代を重ねても基本デザインが全く変わらない端末もある。折りたたみ型にした理由を端末メーカーに聞くと、必ず「折りたたみ型でないと売れない」という答えが返ってくる。

 もちろん、端末の販売時に通信キャリアがインセンティブ(用語)をつけて売るという日本の商習慣のせいもあるだろう。日本では、メーカーが1万台の端末を10万円で売ろうとしても、通信キャリアがそれを認めるとは思えない。ただし、海外のGSM端末などではエグゼクティブ向けに高価で少量生産のデザインに凝った端末が販売されていることも忘れてはならないだろう。

 「auをデザインオリエンテッドなブランドにしたい──」。小牟田氏はそう語る。KDDIの今後のデザイン戦略に期待したい。

関連記事
▼ ビジネスシヨウレポート〜夢の次世代携帯電話
▼ KDDI、日立製ムービーケータイを参考展示

関連リンク
▼ KDDI

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!