Mobile:NEWS 2003年8月11日 05:29 PM 更新

半透過型液晶【はんとうかがたえきしょう】


 半透過型液晶は、透過型液晶(用語参照)と反射型液晶(用語参照)の特長を併せ持った、現時点で携帯電話に最も多く採用されている液晶デバイスである。半透過型液晶では、液晶の奥にマジックミラーのような板を配し、さらにその後ろにバックライトを置いた構造を持つ。

 外光が強い場所では、外光をマジックミラーで反射して反射型液晶のように利用する。逆に外光のない暗い場所では、バックライトを光源としてマジックミラーを通過させ、透過型液晶のような表示を行う。つまり、マジックミラーの一部が透過部で、一部が反射部の役目を持っているわけだ。

 だが、トータル面積が変わらないのだから、その分だけ透過部の面積が少ないということになる。それはすなわち、透過型液晶に比べてバックライトの透過率が低くなり、色の再現性が落ちることを意味する。しかし、単純にバックライトを強くして消費電力を上げるわけにはいかない。そこで重要になってくるのが、カラーフィルタの存在である。


カラーフィルタの働き(凸版印刷サイトより)

 半透過型液晶では、消費電力を抑えるに明るめのカラーフィルタを使っている。つまり光の透過をより促すためだが、色の再現性を高めるには、厚みのあるカラーフィルタの使用が求められる。カメラ付き携帯電話の高画質化に伴って、消費電力とカラーフィルタのバランスを保つのが難しくなったとされ、各メーカーの悩みの種でもあるようだ。

 いいとこ取りの半透過型液晶だけに、透過型よりも消費電力が少なく、また反射型よりも明るく見やすいという、双方のメリットを十分に生かしたデバイスに仕上がっている。だが、反射率を上げると色の再現性が低下するため、最近ではどちらかといえば透過型液晶に近いチューニングが施されているという。



関連記事
▼ ケータイ技術研究所 1 液晶が最も明るい端末を探せ
携帯電話のスペックの中で、最も気になるものといえば液晶ではないだろうか。しかし“6万5000色TFT液晶”といっても、必ずしも見やすいとは限らない。液晶の見やすさを決める要素の1つ、“明るさ”について、全12機種を計測してみた

▼ QVGAで止まらない〜携帯液晶の次
もはやQVGA液晶はハイエンド携帯のスタンダード。しかし高解像度化の流れは止まらず、次はCIFサイズ(352×288)になるという。26万色に達した発色は、続いて色再現性アップを目指す。EDEXで、携帯液晶の“次”を聞いた


関連リンク
▼ シャープ 液晶って何?

[江戸川, ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!