Mobile:NEWS 2003年9月19日 00:46 AM 更新

バグをネット経由で修復〜ドコモが新シリーズで

「Windows Update」のように、不具合のあるソフトウェアをネット経由で修正できる機能を、ドコモは今月発売の端末「252iシリーズ」から盛り込む。

 ドコモが今月中にも発売する「252iシリーズ」には、「不具合が起きたときに、ドコモのサイトからソフトをダウンロードしてバグを解消する」(ドコモ)機能が盛り込まれている。

 「ソフトウェア更新」という名称でメニューの中に入っており、実行するとドコモのサイトに接続して端末情報を送信。新しいソフトウェアが出ていたらダウンロードして取り込む仕組みだ。ちょうどマイクロソフトの「Windows Update」に近い。

 実際にどのようなバグを修復できるのかについては、「まだ仕様が確定していない状況」(ドコモ)。ダウンロードできるファイルサイズに制限があるため、範囲が限られると言う。


WPC EXPO 2003のドコモブースで展示された「D252i」には、「ソフトウェア更新」機能が盛り込まれている

遅れていたドコモのバグ対策

 これまで些細なソフトウェアのバグでも、ドコモは全品交換を行わざるを得ない場合が多々あった。例えばFOMAの電卓にバグが出た際も、ドコモは交換を行っている(5月28日の記事参照)。他キャリアでも、ソフトウェアのバグはたびたび発生しているが、回収・交換にまで至る場合は少ない。ドコモの対応が遅れていた部分といえるだろう。

 KDDIは「一般的にはauショップに持ち込んで、その場でソフトを書き換える」ことでバグに対処する。1998年の段階から、関西セルラーの一部では店頭でのソフト書き換えを行っていたと言う。J-フォンでは「J-フォンショップなどでのソフト書き換えは、端末によっても仕様が違うので場合によるが、可能ではある」という状況。

 一方ドコモは、7月10日に始めた「SO505i」の店頭ソフトバージョンアップが初めての取り組みだ(7月10日の記事参照)。「ソフトのバージョンアップは、これまで回収して行っていた。店頭でのバージョンアップは初めて」(ドコモ)

 これまで対策が遅れていたドコモだが、252iシリーズでネットワーク経由のアップデート手段を実装することで最先端に躍り出たことになる。



関連記事
▼ FOMA4機種、電卓で再度のバグ
NECとパナソニックモバイル製のFOMA4機種で、電卓機能にバグが発生する。割り算の最中に[C]機能を使うと誤った計算結果が表示される。

▼ 「SO505i」のソフトバージョンアップ始まる
メール作成時に電話帳データなどを引用すると操作を受け付けなくなる不具合が出ていた「SO505i」のソフトバージョンアップが始まった。最寄りのドコモショップで書き換えられる。

▼ 50台に1台〜「N505i」に電源が入らない故障
携帯の電源が入らなくなり、メモリ内容も確認できなくなる故障が起こる可能性が、N505iでは高いことが分かった。50台に1台と、他機種に比べて約5倍の確率で電源が入らなくなる。

▼ 「A5305K」に複数の不具合〜KDDI点検促す
独特の回転型スタイル端末「A5305K」ユーザーに点検・修理を促す連絡が届いた。多数のユーザーから「故障が発生した」という声が上がっているという。

▼ FOMA「P2102V」「N2051」の計算機機能に不具合
NTTドコモは、同社のFOMA「P2102V」「N2051」の計算機機能に不具合があることを認め、交換を始めた

▼ 特集:携帯電話の不具合が示唆すること
不具合が頻発するのは、たまたまではなく、高機能化する携帯電話が抱える構造的な問題だ。通信キャリアも、構造改革に取り組もうとしているが……。

▼ 特集 : WPC EXPO 2003

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!