Mobile:NEWS 2003年10月22日 08:58 PM 更新

au、1x WIN端末で3GPP動画対応〜FOMAと送受信可能に

1x WIN端末から、au端末はFOMAやボーダフォンの3G端末と互換性のある動画フォーマットを採用する。動画ダウンロードサービス「EZムービー」にも、従来のAMCに代わり、ストリーミングに適したフォーマットを使う。

 KDDIは、「CDMA 1x WIN」対応端末から対応する動画フォーマットを追加する。ドコモやボーダフォンが3G端末で利用している3GPP動画の利用を可能とし、他社との動画の送受信が可能となる。

従来のAMCに加え、3GPPをサポート〜動画撮影

 今回発表された1x WIN対応端末は、マルチメディア関連の対応フォーマットが大幅に追加された。その一つが、3GPP準拠の動画フォーマットへの対応だ。

 これまでauはAMCという、独自のフォーマットを採用していた。ベースとなっているのは3GPPと同じISOのMP4だが、独自の音声コーデックを使うため、他社の動画対応端末での再生はできなかった。

拡張子AMC3GP
動画コーデックMPEG-4MPEG-4
音声コーデックQCELP/MP3AMR
フォーマットMP4準拠MP4準拠3GPP
A5000/A1300×
W11シリーズ
FOMA×
VGS×
QCELPはau端末チップに入っているQualcommの音声圧縮コーデック(用語)。AMRは3GPPで標準化された音声コーデック(用語)FOMAなどW-CDMA端末の通話にも使われている

 3GPフォーマットの追加により、au端末で撮影した動画をFOMAやボーダフォンのVodafone Global Standard(VGS)に送信して視聴したり、逆にau端末で受信して視聴することも可能となる。これまでフォーマットレベルで互換性がなかったため、同じキャリア間でないと動画の送受信は難しかったが、“3GPP”を標準として互換性が増してきた。

 ただしFOMAはメールに添付された動画ファイルをサーバで削除する仕様になっており、現在のところ相互のやりとりは行えない。

 12月上旬にはURLを送信する「フォトメール便」(2002年8月の記事参照)による送信も対応する予定だ。KDDIは相互交換に向けて各キャリアと交渉中と話しており、早期の対応が望まれる。

 また従来のauムービー端末がサポートしているAMCファイルのサポートも止めるわけにはいかない。W11シリーズで動画を撮影する場合、FOMAやVGSに送信するのなら3GPPで、auムービー端末に送信するならAMCで撮影する必要があるという。

 動画形式が追加されると共に、添付できるファイルサイズも150Kバイトまで拡大された。KDDIが参考としてあげた高品質モードのムービーメールは、以下のようなスペックとなる。

最大ファイルサイズ150Kバイト
画像サイズ176×144、128×96
コーデック映像:MPEG-4、音声:AMR
ビットレート映像64Kbps、音声12.2Kbps
フレームレート最大15fps
拡張子3gp

ただしEZムービーは、3G2対応

 W11シリーズは、サイトから動画をダウンロードして視聴する「EZムービー」にも対応している。ダウンロード可能なサイズを、従来の240Kバイトから1.5Mバイトに拡張すると共に、ビットレートも従来の64Kbpsから最大128Kbpsまで拡大した。再生時間も従来の15〜30秒から3分程度まで長くなった。

 スペックは大きく向上したが、利用するファイルフォーマットもAMCから変更された。KDDIによると、新しいフォーマットは3GPP2が定めた「3G2」。MP4ベースで、QCELPの代わりにAMRを、MP3の代わりにAACを使った「3GPとほとんど変わらない」(KDDI)ものだ。

 ただし現在のところ「FOMAとコンテンツ面での互換性はない」(KDDI)。コンテンツプロバイダ向けのオーサリングツールとしてはKDDI研究所が作成したツールが配布されており、一般向けには「QuickTimeで将来は対応」する予定だという。

 ムービーメールと敢えて異なるフォーマットを採用したのは、ストリーミング再生のためだ。新しいEZムービーでは、巨大なファイルをダウンロードし終わらなくても、ストリーミング再生できるようになった。3GPPと異なり、3G2ではヘッダ情報がストリームの中に細切れで入れこんであり、「再生が始まるまでの待ち時間を大きく短縮できる」と言う。



関連記事
▼ EV-DOは4200円定額制〜11月28日全国一斉開始
“ケータイ版ADSL”──。KDDIは高速データ通信サービス「CDMA 1x WIN」を発表。通信方式「EV-DO」を使い、下り最大2.4Mbpsの通信速度を月額4200円の定額で提供する。定額制を生かしたテレビ型のコンテンツ「EZチャンネル」もスタートする。

▼ デザイン重視のブロードバンドケータイ〜「W11K」
京セラ製のブロードバンドケータイ「W11K」は、「INFOBAR」に続くau design project端末。多面構成がユニークなデザインで、「AKA」「KURO」「SHIRO」の3色がラインアップされる。

▼ 「MPEG-4」の仕組みとは
静止画に続き、動画の利用環境も整い始めた携帯電話。しかし使われるフォーマットはさまざまで、相互に互換性があるのかどうかも分かりにくい。3G端末を中心に採用され始めた「MPEG-4」も、ひと筋縄ではいかないややこしさだ。

▼ “動画を携帯に”〜新たな取り組み始める各社
動画を携帯に持ち込む動きが再び盛んになってきた。単なる動画を提供するのに代わり、1)テレビを録画して見る 2)着メロの延長として 3)メールに動画を添付する というやり方が増えてきている。ポイントは、どうも動画や放送に関してキャリアの考え方が変化してきていることだ。

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!