PR
Special
2008年01月31日 10時00分 更新

かつてない映像と音が共演する「AQUOSケータイ SH905iTV」の魅力

シャープが持つ最上級の液晶ディスプレイ、NewモバイルASV液晶による美しい映像と、ドルビーモバイルによる携帯電話とは思えないほど豊かな臨場感あふれるサウンド。この2つが見事に融合し、AQUOSケータイ SH905iTVは生まれた。

 シャープ製端末の中でも、液晶テレビのブランド“AQUOS”を冠したラインアップは特別な存在だ。映像は液晶テレビAQUOSを開発している部隊から“これは間違いなくAQUOSの名にふさわしい”と認めらた高いクオリティを持っている。

 さらにAQUOSケータイ SH905iTVでは音にもこだわり、「SH905i」と同等のドルビーモバイルも搭載した。美しい映像に臨場感あふれるサウンドが融合されたAQUOSケータイの最新モデルは、まさにシャープ製携帯電話の集大成と言っても過言ではない。もちろん、ダイヤルキー面は携帯電話スタイルのまま、ディスプレイだけが横に回転する、シャープ独自のサイクロイドスタイルも継承している。

PhotoPhoto AQUOSケータイ SH905iTVはBlack、Gold、Silver Whiteの3色展開。AQUOSケータイではおなじみのサイクロイドスタイルを継承する

NewモバイルASV液晶+高演色バックライトで際立つ美しい映像

Photo リフレクトバリアパネル構造を採用したNewモバイルASV液晶は高演色バックライトを採用し、さらに色彩表現力を高めた

 SH905iTVのメインディスプレイは、3.2インチのNewモバイルASV液晶だ。前モデルの「AQUOSケータイ SH903iTV」に採用されていたのは3インチのモバイルASV液晶だが、そこから大幅な進化を遂げている。まずサイズが3インチから3.2インチに大型化した。そして解像度がワイドQVGA(240×400ピクセル)からフルワイドVGA(480×854ピクセル)へと一気に精細化している。

 さらに大きな変更点として挙げられるのが「リフレクトバリアパネル」という、液晶パネルと保護パネルを密着させた構造を採用したことだ。SH903iTVでは、液晶パネルと保護パネルの間に空気層があったが、SH905iTVではこれを特殊な樹脂を用いて密着させており、外光の乱反射やバックライトの光量ロスを低減している。リフレクトバリアパネルのおかげで、黒はより黒く、明るい部分は鮮明な、コントラストの高い映像が楽しめる。さらに保護パネルをアクリルから強化ガラスに変更して透明度を高め、色の鮮やかさを向上させている。表示可能な色数も約26万色から約1677万色に増え、動画を滑らかに再生する高速動画応答技術も備える。

 また、バックライトに色の3原色(赤、緑、青)の成分を多く持つ「高演色バックライト」を採用しており、従来機種よりも高い色彩表現力を備えているのも特筆すべきポイントだ。高演色バックライトを搭載したNewモバイルASV液晶は、NTSC比で約120%(u'v'色度図の場合。xy色度図の場合は約90%)という高い色再現率を誇り、従来機種と比べると赤や緑の美しさが増している。

os_sh905itv-004a.jpgos_sh905itv-005a.jpg 左がSH905iTVの画面、右が既存機種(ワイドQVGA、モバイルASV液晶搭載)の画面。左の画面の方が解像度が高い分精細で、発色も緑や赤がきれいにでている

 映像処理エンジンはSH905iと同じSV(Super Vivid)エンジン+で、ワンセグ視聴時にシーン別制御機能をオンにしておけば、コントラスト比は最大2000:1になる。これはSVエンジン+が、映像の明るさなどに合わせてバックライトの輝度を調整する機能を備えたことで実現した。

ドルビーモバイルの採用で臨場感が増した迫力のサウンド

 映像への徹底的なこだわりに加えて、“音”に対してもAQUOSケータイならではのこだわりを盛り込んでいる。携帯電話向けの音響技術「ドルビーモバイル」の採用だ。

 ドルビーモバイルは、ワンセグの音声や音楽などをより臨場感あふれる音で再生する技術。ワンセグやワンセグの録画データの視聴時、iモーションの再生時、インターネットムービープレーヤー(WMV再生)利用時、うた・ホーダイのWMAや着うたフル、SDオーディオ、Music&Videoチャネルの再生時に適用できる。ドルビーモバイル自体はSH905iにも搭載されており、SH905iTVだけの特徴ではないが、SH905iTVではiモーションやインターネットムービープレーヤーにも対応しているのが魅力だ。

 ドルビーモバイルには、具体的に以下の5つの効果が用意されている。

ドルビーモバイルの効果
名称 効果
サウンド スペースfor ヘッドホン イヤフォンで聴く音声を、まるで目の前で実際にスピーカーが鳴っているかのような広がりのある音にして、長時間の視聴でも疲れにくい自然な音を再現
サウンド スペース エクスパンダー 距離を離して配置することが難しい携帯電話のような機器のステレオスピーカーでも、コンテンツに含まれるステレオ成分を拡大してワイドなステレオ音場を実現
ナチュラル ベース 単純な低音強調ではなく、スピーカーやイヤフォンの性能を最大限に引き出し、音のゆがみを抑えつつ迫力あるサウンドを出力
サウンド・レベルコントローラー アクション映画やクラシックコンサートのような、急激に音量が変化するコンテンツなどで、常に快適な音量を維持
モノラル→ステレオクリエイター 昔の映画や2カ国語放送など、音声がモノラルのものでも、音源を分析して広がりのあるステレオ音声を作り出す

 SH905iTVでは、音のジャンルに合わせて5つの効果を最適に組み合わせたサウンドモードが複数用意されており、ワンセグ視聴時や音楽再生時に好みのものが選択可能だ。

 ワンセグ視聴時に利用できるサウンドモードは「ジャンル連動」「スポーツ」「ニュース」「バラエティ」「ミュージック」「ドラマ」「映画」「ノーマル」「オリジナル」の9種。音楽再生時には「ロック」「ポップス」「クラシック」「ジャズ」「ノーマル」「オリジナル」が選べる。両方に共通しているノーマルはドルビーモバイルをオフにする設定、オリジナルは5つの効果を好みに合わせて変更できる設定だ。ワンセグの音声については、映像に設定されているジャンル情報を元に自動的に最適なモードに調整してくれる「ジャンル連動」にしておくのが手軽で便利だろう。

PhotoPhotoPhoto ワンセグ視聴時のドルビーモバイルのサウンドモードは8種類で、「スポーツ」「ニュース」「バラエティ」「ミュージック」「ドラマ」「映画」「ノーマル」「オリジナル」が用意されている。最適なモードを自動的に選んでくれる「ジャンル連動」もある。オリジナルを選ぶと、各効果のオンとオフを個別に切り替えられる
Photo 音楽再生時のドルビーモバイルのモードは「ロック」「ポップス」「クラシック」「ジャズ」「ノーマル」「オリジナル」の6種類

 なおSH905iTVはFMトランスミッターを内蔵しており、ドルビーモバイルの効果を適用した豊かなサウンドを、イヤフォンだけでなくFMラジオ搭載のオーディオコンポやカーステレオでも再生可能だ。音響特性のいいオーディオ機器でドルビーモバイルの音を聴くと、より高い効果が実感できる。

PhotoPhoto SH905iTVにはFMトランスミッタが搭載されており、ドルビーモバイルの効果を加えた臨場感あふれるサウンドを外部のスピーカーから出力することも可能だ。周波数は5つから選べるので、オーディオコンポやカーステレオのFMラジオの周波数を設定した周波数に合わせればいい

ジャンル連動の自動設定機能など、ワンセグ視聴時に利用できる多彩な機能を提供

 ここまで紹介してきた、映像と音へのこだわりが最大限に生かされるのがワンセグの視聴時だ。SH905iTVでは、ワンセグの番組情報を自動的に読み取り、スポーツ、ニュース、ドラマ、バラエティといった番組のタイプに合わせ、画質モードとサウンドモードを一緒に自動選択する。ドルビーモバイルのジャンル連動だけでなく、SVエンジン+が映像の画質を最適なものに設定してくれるわけだ。

自動設定されるジャンルとモードの組み合わせ
ジャンル スポーツ ニュース バラエティ 音楽 ドラマ 映画
音質
(ドルビーモバイル)
スポーツ ニュース バラエティ ミュージック ドラマ 映画
画質
(SVエンジン+)
スポーツ ノーマル ノーマル ダイナミック 映画 映画

 SH905iTVでは、購入時の設定が「ジャンル連動」になっているので、ユーザーは特に意識することなくこの恩恵を受けられる。

Photo ワンセグの画質モードは「ノーマル」「ダイナミック」「スポーツ」「映画」の4種類と「ジャンル連動」が選べる。

 さらに、ワンセグの録画データを快適に再生できる便利な機能も新たに搭載した。それが「30秒スキップ」と「10秒バック」だ。音楽番組のトーク部分を飛ばしたり、聞き逃したり見逃したりした部分に戻ったりする操作が簡単にできる。30秒スキップは[#]キーに、10秒バックは[*]キーに割り当てられており、録画した番組などの見たいシーンが容易に探せる。

 細かな部分だが、SH903iTVから使い勝手が向上した部分として、ワンセグメニューの予約録画履歴の一覧で[i]ボタンを押すと、データBOX内の録画済みのデータ一覧が表示できるようになった点も挙げられる。履歴画面で録画に成功した番組を確認したあと、簡単に録画済みデータが呼び出せるので、スムーズな流れで操作できる。

 このほか、ディスプレイがフルワイドVGAに高解像度化したことで、ワンセグを見ながらメールの送受信などができる「マルチウィンドウ」もより多機能に進化している。メールだけでなくフルブラウザやiモード、iチャネル、スケジュール、電話帳、サポートブック、テキストメモ、トルカ、データBOXのフォルダ一覧と音楽データ一覧、電卓、マンガ・ブックリーダー、ドキュメントビューア、ミュージックプレーヤーのプレイリスト一覧と音楽データ一覧の表示が可能になり、活用の幅が広がった。縦画面のままワンセグとメール機能を同時表示したりもできる。

 横向きに映像を表示しながら、BMLによるデータ放送が閲覧できるようになったのもちょっとした改善ポイントと言える。BMLからトルカを取得する機能なども搭載されたので、サイクロイドスタイルを生かした、AQUOSケータイならではのワンセグの楽しみ方も可能だ。

PhotoPhotoPhoto ディスプレイがフルワイドVGAになったことで、表示機能もより高度に進化している。横画面で映像とデータ放送を同時に表示できるほか、マルチウィンドウ機能によりワンセグを子画面で見ながらメールやiモード、フルブラウザなどの機能を利用することもできる

[PR/ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:シャープ株式会社
企画:アイティメディア営業本部/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2008年2月29日

キャンペーン



FOMA SH905iTVをご購入いただいた方を対象に、抽選で合計1000名様にプレゼント!
Aコース(500名):大容量1GバイトmicroSDメモリーカード(SDカード変換アダプタ付属)
Bコース(500名):パイオニア製モバイルステレオヘッドフォン

※Aコース、Bコースどちらかをお選びください。
応募期間:2008年3月31日まで。