Special
» 2009年11月18日 10時00分 公開

LEDイルミネーションや多彩な機能も魅力――ハイスペックケータイ「AQUOS SHOT SH003」 (1/2)

auの2009年秋冬モデルとして発表された“デジタルカメラケータイ”「AQUOS SHOT SH003」は、洗練されたボディに、3.4インチディスプレイにLEDイルミネーション、AQUOSブルーレイ連携など、カメラ以外にも魅力的な機能を数多く搭載。ハイスペックな機能と、誰にでも使いやすい操作性を両立している。

[PR/ITmedia]
PR

 12.1メガピクセルのCCDカメラを備え、au携帯としては初の“AQUOS SHOT”としてラインアップされた「AQUOS SHOT SH003」。ハイスペックなカメラ機能はもちろん魅力的だが、同機には注目すべき機能がこのほかにも多数搭載されている。

 まず目につくのが、「SH001」から進化した、フルワイドVGA(480×854ピクセル)表示に対応した3.4インチのNewモバイルASV液晶だ。12.1メガピクセルCCDカメラで撮影した高精細な写真やワンセグなどの映像が大画面で楽しめる。

 本体を開閉すると、金属調の背面パネルから浮かび上がる「LEDイルミネーション」も魅力だ。16階調の光で表現されるアニメーションとの組み合わせで、電話やメールの着信表示、時刻などが美しく表現される。

 また、FMトランスミッターやAQUOSブルーレイとの連携といったエンタメ機能をはじめ、GPSゴルフナビなどの最新サービスにも対応。文章を入力しながらの辞書検索に対応したケータイShoin9、よく使う機能をサッと呼び出せる「クイックアクセスメニュー」など、普段使いに便利な機能も多数用意されている。

 シンプルで洗練されたデザインに、便利機能を盛り込んだAQUOS SHOT SH003。今回はとくに、その使い勝手の良いデザインやエンターテインメント機能、ユーザビリティへのこだわりについて、詳しく紹介していこう。

PhotoPhoto ボディカラーはシルキーホワイト、マットブラック、フロスティピンクの3色

“カメラケータイ”の風格――スタイリッシュで使いやすいデザイン

 SH001の雰囲気を継承するシンプルなフォルムに、“本格カメラケータイ”の風格をまとうAQUOS SHOT SH003。裏面に配置されたレンズの存在感はひときわ大きい。マットな処理の裏面ボディにはメタルな質感のカメラリングがあしらわれ、シックな印象に仕上がっている。本体背面のクリアパネルには、超極細のヘアラインがほどこされている。

PhotoPhoto カメラリングの色は、ボディカラーそれぞれに合わせた色となっており、細やかなこだわりを感じる。充電/着信ランプの横にも「DIGITAL CAMERA PHONE」という文字があしらわれている

 「高機能カメラに3.4インチディスプレイを搭載しているということは、ボディはかなりゴツいのかな?」と連想される方もいるだろう。だが、AQUOS SHOT SH003の本体サイズは、幅51×長さ112×厚さ16.6ミリ(閉じた状態) で、重さは約132グラム。SH001に比べ、幅で約3ミリ、重さで約8グラム増えているが、その差はわずかだ。厚さにいたってはSH001とほぼ同じ。実際に本体を持ってみると“ハイスペック機ながら、手になじむ”サイズ・重量であることが分かるはずだ。

 各種キーの操作性も抜群。キーはほぼフラットだが、本体からは前に出ており、指先できちんと凹凸を感じられる。ダイヤルキー同士は独立していて間隔も空いており、それぞれしっかり押せる。

 決定キー部分はクリア素材、十字キー部分はマットな素材と、素材が使い分けられているのもポイント。そのほかにも、ソフトキーは本体と同じくマットな素材が使用されているが、ダイヤルキーは背面のクリアパネル同様、滑らかな質感の素材になっており、押し間違いの防止に効果がありそうだ。

Photo 決定キー部分はクリア素材、十字キーはマットな素材と、素材が使い分けられているのもポイント。ソフトキーは本体と同じくマットな素材が使用されているが、ダイヤルキーは表面のクリアパネル同様、滑らかな質感の素材になっており、押し間違いの防止に効果がありそうだ

着信、時刻表示を表情豊かに――31種類の点灯パターンを用意するLEDイルミネーション

 シンプルな表面パネルを華やかに飾るのが、16階調の明るさで表現する7×17個のLEDイルミネーションだ。アドレス帳に登録済みの相手から、電話やメールの着信があった場合、LEDイルミネーションの点灯パターンとともに、着信相手の名前がカタカナで表示される。また、ケータイの開閉時には、きらめく模様が点灯した後に、時刻がイルミネーションで表現され、とても美しい。

PhotoPhotoPhoto LEDイルミネーションは、「メニュー」→「設定」→「画面表示」→「LEDディスプレイ」で設定できる。星の煌めき(左)/フラワー(中央)/リズミカルリング(右)など、全部で31種類の点灯パターンが用意されている。点灯パターンはランダム設定にすることも可能

ムービーの閲覧にはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。

 ちなみに、着信相手の名前や番号が表示されるのは抵抗がある、という人のために、時刻だけの表示もできるので、ご安心あれ。

3.4インチNEWモバイルASV液晶――大画面でワンセグ視聴を満喫

 美麗な画像表現で知られる、シャープ製端末。AQUOS SHOT SH003にも、3.4インチのNewモバイルASV液晶の大画面で、美しい写真や映像を楽しめる機能が多数搭載されている。

 例えば、肌や表情をくっきりと見せる「SVエンジン+」、スポーツ観戦など動きのある映像を美しく表現する「なめらかモード」などを搭載。そのほかにも、周囲の明るさに合わせて映像のコントラストを補正する「環境適応コントラスト」により、さまざまな環境で見やすく画面を表示してくれるのが嬉しい。録画したワンセグの映像をmicroSDカードにコピーする「ダビング10」などの便利機能にも対応する。

PhotoPhoto 迫力のあるワイドな横画面でワンセグの映像や写真などが楽しめるのもSH003の魅力。横向き(ビューアポジション時)での操作に適した、横画面のメニューを搭載する

 そのほかに、快適なワンセグ視聴を助ける機能として、加速度センサーの搭載が挙げられる。ワンセグ視聴中、ケータイの向きを縦横に変更すると、自動的に画面表示も切り替わり、好みのポジションで試聴可能。ちなみに、回転2軸ボディを採用する同機では、待受画面からビューアポジションにした際、あらかじめ設定した機能が起動する「画面回転起動」も搭載している。カメラやワンセグなど、ビューアポジションでよく使う機能を設定しておくといいだろう。

 ケータイとAV機器とを連携させる機能にもしっかり対応。その1つが、「AQUOSブルーレイ連携」だ。その名のとおり、Blu-ray DiscレコーダーのAQUOSブルーレイで録画した番組を、AQUOS SHOT SH003に転送して試聴できる。この機能を利用すれば、「外出先の空き時間に気になるドラマや情報番組をチェック」なんていうことも可能だろう。さらには、LISMO Videoを利用して、PCで購入した映画やドラマをケータイで試聴することもできる。AQUOS SHOT SH003は、さまざまなシーンで、手軽に美麗な大画面での映像試聴が楽しめる1台なのだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:シャープ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2009年11月29日