Special
» 2012年11月12日 10時00分 UPDATE

より使いやすく進化したAQUOS PHONE SERIE SHL21の「Feel UX」 (2/3)

[PR/ITmedia]
PR

ホーム画面とアプリメニューを統合 快適な3ラインホーム

 ウェルカムシートでロックを解除すると、独自の「3ラインホーム」の表示になる。従来のAndroidスマートフォンの場合、ホーム画面があり、そこにウィジェットを配置。アプリを起動するためには、アプリメニュー(アプリトレイ)をさらに開いて選択する、というのが操作の流れが主流だった。

 この従来型のホーム画面では、結局ホーム画面にウィジェットではなく、よく使うアプリのアイコンを並べるだけになりがちで、ウィジェットは活用されず、なんのためにホーム画面とアプリメニューの画面を分けているのか、よく分からなくなっていた。

 Feel UXでは、ホーム画面とアプリメニューとを分けること自体をやめて、ホーム画面とアプリメニューをまとめ、3つのシートで構成した「3ラインホーム」に一新した。左右にスライドをするだけで、シートが切り替わるのだ。すなわちアプリのアイコンが並ぶ「アプリケーションシート」、ウィジェットが配置されている「ウィジェットシート」、よく電話をする相手の連絡先や、ブラウザのブックマークといった、ショートカットアイコンを集めた「ショートカットシート」の3画面でホーム画面を構成している。

PhotoPhotoPhoto ホーム画面とアプリメニューをまとめ、アプリ、ウィジェット、ショートカットの3つのシートを自在に行き来することで目的の動作が迷わず行えるよう配慮した

 3ラインホームの各シートは縦長になっており、滑らかにスクロールする。そのため多くのアプリやウィジェットがあっても、切り替えに手間がかからない。またウィジェットも画面上の配置に制約がなく、大きなウィジェットをいくつも貼り付けることができる。

 アプリケーションシートを操作しているときに、ちょっと天気予報を確認したい、株価やニュースを確認したい、といったときは画面でサッとスライドするだけでウィジェットの情報を見ることができる。Androidスマートフォンでウィジェットをうまく活用できていなかった人は、3ラインホームで改めてウィジェットの良さを確認できるだろう。

Photo シートの配置は好みに合わせて変えられる

 また3ラインホームだが、従来は左に「アプリ」、中央に「ウィジェット」、右に「ショートカット」の配置で固定されていだが、この配置は画面上のシート名があるシート切替タブを長押しして移動させることで、シートごと位置を入れ替えられる。中央に「アプリ」を置いたほうが落ち着く、という人にも配慮しているのだ。背景の画像も、これまでの機種ではあらかじめ用意されたものしか選べなかったが、AQUOS PHONE SERIE SHL21ではカメラで撮影した写真やお気に入りの画像などを設定できる。

 さらに3ラインホームのメリットは、3シートともホーム画面扱い、というわけで、アプリなどを使っているときに画面下のナビゲーションバーの「ホーム」をタップすると、直前に開いていたシートの画面に戻る、という仕組みだ。3ラインホームの中央のシートに戻るのではない。だから例えば初期設定のままなら左の「アプリケーションシート」からアプリを開いたあとに、ホームを押すとアプリケーションシートへ戻る。

 他のスマートフォンではホームボタンを押すと、ホーム画面に戻り、アプリメニューへはもう一度アイコンを押す必要があるので、ちょっとしたことだが余計な操作を省いている。

 なお各シートにはそれぞれ独自の機能がある。

 アプリケーションシートではアプリのアイコンを長押しすることで、アイコンを移動させることができる。アプリの並び替えが容易だ。またアイコン同士を重ねれば自動的にフォルダができ、複数のアイコンをまとめられる。アプリのアイコンの列には横に引かれたライン「セパレーター」があるが、これもピンチアウト操作で簡単にラインを引き、ピンチインで消去できるので、大量のアプリを手軽に整理できる。

PhotoPhoto アプリのアイコンを長押しすると位置が変えられる。アイコンを重ねるとフォルダにして整理できる

 ウィジェットシートは、文字通りウィジェットが並ぶ。AQUOS PHONE SERIEならではのシャープ製ウィジェットとして「エコ技」のほか、auやGoogleのウィジェットも最初から用意されている。天気やニュースの確認、カメラを使っていれば、撮影した写真がギャラリーに表示されている。歩数計を表示させたり、カレンダーや受信したメールを確認する場合も、ウィジェットは便利な働きをする。なおウィジェットを貼る場合は、ウィジェットシートで、何も貼られていない場所を長押しする。

PhotoPhoto 適宜更新される情報が確認できるウィジェットはウィジェットシートに配置。場所に悩む必要がないのがうれしい。シャープ独自のものやau専用のものなど多彩なウィジェットが用意されている

 ショートカットシートでは、アプリのショートカットのほか、アドレス帳の中によく連絡をする人がいるなら、その人へ即電話をかけられるアイコンが配置できる。電話機能をいちいち選ぶ必要がないのだ。ブラウザのブックマークでも、よく見るサイトへワンタッチでつながるアイコンを置ける。

 Googleマップの「経路とナビ」も登録できるので、例えばこれから行く場所の住所を事前に登録しておけば、ワンタッチで地図が起動し、現在地から目的地までの検索を素早く行える。

 ショートカットの追加貼り付けも、ショートカットシートの何も貼られていない場所を長押しすれば、編集画面が開く。アイコンが並んでいる様子はアプリケーションシートに似ているが、使い方はちゃんと分けられているのだ。

PhotoPhotoPhoto ショートカットには、よく連絡する人のメールアドレスなども登録可能。Googleマップの「経路とナビ」を登録しておけば、現在地から目的地までのルート検索をワンタッチで起動することもできる

 このほか、設定メニューから選べる「アプリの表示設定」もなかなか便利だ。アプリの一覧画面に表示したくないアプリがある場合に、この設定でアプリを指定しておくと、アプリケーションシートからアイコンを消すことができる。アプリを削除しなくてもいいので、普段は使わないがアンインストールはしたくないものなどを指定しておくと画面をすっきり整理できる。

PhotoPhotoPhoto アプリケーションシートに表示するアイコンは、設定で非表示にすることもできる

 以上見てきたように、3ラインホームは使いたい機能をすぐ選べる、見たい情報をすぐ確認できる、分かりやすい表示と操作に気を配っているUIだということが分かる。一般的なAndroidスマートフォンのように、どこからどう操作をすればいいのか戸惑うことなく、また携帯電話の設定のように何階層ものメニューをたどっていくという手間もない。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:シャープ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2012年12月2日

キャンペーン

動画&記事を見て応募しよう!

キャンペーン実施中!「Amazonギフト券3000円」を5名様にプレゼント!

まず、@ITM_campaignをフォロー

別ウィンドウが開きます

動画や記事を読んで応募しよう!4G LTE対応で高速、なのに省エネ。約1312万画素の美しいディスプレイが特徴の「AQUOS PHONE SHL21で試してみたいポイントは?」

下記の「注意事項」をよくお読みになり応募ください
#(ハッシュタグ)以降は消さずにツイートしてください
■注意事項

・応募期間
平成24年10月31日12:00から平成24年12月2日23:59まで

・応募条件
1.@ITM_campaignをTwitterでフォローしている方。
2.応募期間中に「SHL21で試してみたいのは****」 #itm_SHL21 (短縮URL)」をツイートされた方。

※当キャンペーンへのご参加は、Twitterのアカウントが必要です。
※お一人様何度でもご応募いただけます。

・当選発表
2012年12月中旬
応募締め切り後、フォローを解除されていない方、ツイートを削除されていない方の中から抽選を実施します。当選者には、Twitterダイレクトメッセージで@ITM_campaignアカウントより、ご当選のご連絡させていただきます。
当社からの連絡後、TwitterのDMでご連絡させていただきますのでフォローを解除なさらないようお願いします。一週間以内にご連絡が無い場合は、当選無効とさせていただきます。

・個人情報の取扱について
アイティメディアプライバシーポリシーをご確認ください。

・ご注意
プレゼントおよび当選の権利を第三者に譲渡、売買することはできません。 お届け先は、日本国内に限らせていただきます。
法令等に違反する行為、当社または第三者の権利を侵害するまたはその恐れのある行為、その他当社が本キャンペーンの運営に際し不適切と判断する行為があった場合、応募・当選を無効とします。
ツイートされた内容は当ページに掲載される可能性があります。
本キャンペーンの応募に起因して応募者に生じた損害について、当社は一切責任を負いません。