Special
» 2013年07月03日 20時00分 UPDATE

Yahoo! JAPANだからこそできた、毎日使っても飽きない新ニュースアプリ

あの「Yahoo!ニュース」がiPhoneアプリになって登場。どんなジャンルの記事が読めるのか、その使い勝手はどうなのか、そして新しく追加された「Buzz」とは何か? 早速試してみた。

[PR/ITmedia]
PR

 たくさんの情報があふれる現代社会。その中から本当に価値あるニュースを得るのは意外に難しい。そんな時代のニーズに応えるスマホアプリが登場した。それが「Yahoo!ニュース」だ。

あの「Yahoo!ニュース」がiPhoneアプリに

photo 「Yahoo!ニュース」アプリ

 最新ニュースを入手する方法と言えば今やインターネット。そしてPCだけでなくスマ−トフォンで世の中の動向を知ることが増えた。ネット上のニュースサービスで代表的なのが「Yahoo!ニュース」だ。国内外のメディア140社210媒体が参加しており、1日に約3500本以上、平均すると約25秒に1本の記事が配信されている。

 Yahoo!ニュースの特徴は、編集部が独自の視点でニュースをピックアップし、新聞の一面に相当する「トピックス」として掲載する点。その運営は“世の中の今を知る”をコンセプトに、24時間365日休むことなく行われており、Yahoo!ニュースをチェックしておけば時代に取り残される心配はない。

photo

 そのYahoo!ニュースをiPhoneで手軽に利用できるよう、その名も「Yahoo!ニュース」というアプリが7月1日にリリースされた。これまで提供されてきた「Yahoo!ヘッドライン」をリニューアルしたものだが、新機能も搭載されて使いやすさが向上したという。現在はiPhone向けのiOS版のみだが、Android版も今後リリースを予定している。このYahoo!ニュースアプリの使い勝手をさっそく紹介しよう。

photo

サクサクと快適な操作感 クセになる使い勝手

 「Yahoo!ニュース」を起動してすぐに気が付くのが、そのシンプルなインタフェース。ニュースのジャンルは画面上部の“タブ“で分けられており、これを左右のフリック操作で切り替えて各ジャンルの記事を表示する。ジャンル(タブ)は、PC向けYahoo! JAPANの中央に掲載されている「トピックス」と同じ記事をピックアップした「主要」と、配信される記事を時系列で表示する「速報」、そして「エンタメ」「スポーツ」「経済」「海外」「IT」「国内」「地域」「科学」「雑誌」「個人」「Buzz」が用意されている。

photophotophoto タブでジャンルを切り替える「Yahoo!ニュース」アプリ(写真=左)。記事画面のデザインもシンプルで読みやすい(写真=中央)。関連記事にも簡単にアクセスできる(写真=右)

 記事のタイトルはスマホで見やすいよう編集されており、さらに速報/雑誌/個人を除く各ジャンルには、タイトルの下に専門の編集者による記事の簡単な解説が付いて内容をパッと把握できるのがうれしい。表示されたタイトルを1回タップすれば、これまたシンプルなデザインで記事全文が読める。記事は字間や行間も適度に開けられていて、実に読みやすい。

 さらに記事全文ページ下部の“タブ”をタップするか、上に引き上げるように操作すると、そのニュースの背景や用語を詳しく解説した関連記事を表示。ここから、ニュースをより深く理解するための情報を入手できる。読みやすさだけでなくニュースを多面的に知るための工夫が盛り込まれており、ニュース専門アプリとしての完成度を実感できる。

 アプリ全体の操作感は、とにかくサクサク。タブやページの切り替えも一瞬だ。これは起動時にすべての記事データを先読みするためで、一度記事を読み込めば通信で待たされることがない。つまり、起動後にスマホが圏外に移動しても快適にニュースを閲覧できるというわけだ。またスワイプ操作のみですべての記事が次々と表示されるため、電車でつり革につかまっている場合など片手でもすべてのニュースを読むことができ、実に快適。関連記事を表示するタブの動きやページをめくる際のエフェクトも気持ちよく、使っていてクセになるニュースアプリだ。ぜひダウンロードして、その気持ちよさを体験して欲しい。

photo

新ジャンル「Buzz」など魅力的なコンテンツも追加

 TwitterやFacebookといったSNSが普及したことで、周囲の人たちが発信するニュースに触れる機会も増えている。「Yahoo!ニュース」アプリには、SNS上で話題になっている投稿やネタを独自の解析エンジンで抽出して表示する「Buzz」という新ジャンルが追加された。

yo_yahoonews_04.jpgyo_yahoonews_05.jpgyo_yahoonews_06.jpg 「Yahoo!ニュース」アプリがいち早く対応した「Buzz」(写真=左)。もちろんSNSへの共有機能も備えている(写真=中央)。重大ニュースや災害速報を表示する通知機能(写真=右)

 SNS上の話題はほかのメディアでも取り上げられることが多く、Buzzはこれからニュースになる、“旬”な情報を知りたいユーザーにとっていろいろな楽しみ方ができる機能だろう。PC向けサービスは今後登場予定で、今はアプリでのみ利用できるのもポイントが高い。1つのアプリでネット上のニュースだけでなく、こうしたSNS間のトピックスも得られるというのがYahoo!ニュースアプリの魅力だ。

 また、PC版でも用意されている「雑誌」や「個人」といった、通常のニュースとはひと味違ったジャンルの記事も追加された。「雑誌」では雑誌社や出版社がWeb上で提供する記事を閲覧でき、「個人」には各分野における専門家や有識者ら約200人の意見や提案が寄せられている。

 とにかく最新の情報を必要とするユーザーにとっては、「速報」が役立つだろう。最新ニュースがどんどん掲載されるので、短時間でできるだけ多くの情報に触れたい場合は重宝すること間違いなしだ。またアプリを使っていなくても情報をホーム画面に通知する機能も備えた。通知するニュースは災害情報や有事などの重大なものに限ることもできるし、また朝昼夜と毎日の生活リズムに合わせて通知するのも便利だ。

 こうして気になるニュースを知ったら、それを誰かに教えたくなるもの。もちろんYahoo!ニュースアプリには記事をTwitterとFacebook、カカオトークに共有する機能もあり、SNS連携も万全だ。


 今回のレビューで分かったことは、Yahoo!ニュースアプリはニュースサービスの王者ならではのアプリということ。読むことの負担を減らし、多くの人気コンテンツを集めた、毎日使っても飽きないアプリだ。派手なギミックはないが、毎日ニュースを見て大事な情報を得て欲しいという気概が伝わる質実剛健なアプリである。

 これからニュースアプリを使おうと思っているユーザーはもちろん、PC向けYahoo!ニュースをよく利用してるユーザーや、ほかのニュースアプリを使っているユーザーなら、一度Yahoo!ニュースアプリをダウンロードして、その使い勝手の良さを確かめていただきたい。あなたのスマホに欠かせない1本になることは間違いなしだ。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ヤフー株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2013年8月4日

Twitterキャンペーン

Amazonギフト券5000円分を抽選で3名様に!

1:まず、@ITM_campaignをフォロー!

(別ウィンドウが開きます)

2:新しくなったYahoo!ニュースアプリ、あなたが魅力に感じたポイントは?以下から選んでツイートしてください!

下記の「注意事項」をよくお読みになり応募ください

#(ハッシュタグ)以降は消さずにツイートしてください

■注意事項

・応募期間
平成25年7月4日10:00から平成25年8月7日23:59まで

・応募条件
1.@ITM_campaignをTwitterでフォローしている方。
2.応募期間中に「Yahoo!ニュースアプリの魅力は「・・」 #Ynews_itmedia +URL」をツイートされた方。

※当キャンペーンへのご参加は、Twitterのアカウントが必要です。
※お一人様何度でもご応募いただけます。

・当選発表
2013年8月下旬
応募締め切り後、フォローを解除されていない方、ツイートを削除されていない方の中から抽選を実施します。当選者には、Twitterダイレクトメッセージで@ITM_campaignアカウントより、ご当選のご連絡させていただきます。
当社からの連絡後、TwitterのDMでご連絡させていただきますのでフォローを解除なさらないようお願いします。一週間以内にご連絡が無い場合は、当選無効とさせていただきます。

・個人情報の取扱について
アイティメディアプライバシーポリシーをご確認ください。

・ご注意
プレゼントおよび当選の権利を第三者に譲渡、売買することはできません。 お届け先は、日本国内に限らせていただきます。
法令等に違反する行為、当社または第三者の権利を侵害するまたはその恐れのある行為、その他当社が本キャンペーンの運営に際し不適切と判断する行為があった場合、応募・当選を無効とします。
ツイートされた内容は当ページに掲載される可能性があります。
本キャンペーンの応募に起因して応募者に生じた損害について、当社は一切責任を負いません。

関連リンク

App Storeでアプリをダウンロードする