Special
» 2015年07月31日 10時00分 UPDATE

ケータイユーザーに聞いてみました――「AQUOS ケータイ SH-06G」「AQUOS K SHF32」はココが魅力! (1/3)

まだまだユーザーが多い従来型ケータイ(フィーチャーフォン)だが、機種変更したい機種がない、対応サービスが減っているなど悩みも多い。そこで、シャープの新世代ケータイ「AQUOS ケータイ SH-06G」と「AQUOS K SHF32」をケータイユーザーの代表3人に使ってもらい、率直な感想を聞いてみた。

[PR/ITmedia]
PR

 スマートフォン主流の昨今だが、従来型のケータイ(フィーチャーフォン)も根強い人気がある。しかし、LINEやSNSが使いにくい、ケータイ向けWebサービスが減ってきているなど、ケータイをとりまく環境は厳しくなっている。その中でもケータイを使っている人たちは、使い続ける何らかの理由や思いがあるに違いない。

 そこで今回は、ケータイユーザー3人に、シャープの新世代ケータイ「AQUOS ケータイ SH-06G」と「AQUOS K SHF32」を使ってもらい、率直な感想を聞いてみた。ケータイの使い勝手を継承しつつ、Android OSを採用してインターネット時代にふさわしく進化した端末だが、ケータイを使い続けている3人に、この2機種はどのような端末と映っただろうか。

photo
photo ケータイの使い勝手を継承しつつ、Android OSを採用してLINEなどに対応したシャープの新世代ケータイ「AQUOS ケータイ SH-06G」(左)と「AQUOS K SHF32」(右)

ケータイ、タブレット、ルーターの“3台持ち”

 最初に話を聞いたのは、ケータイ、タブレット、モバイルWi-Fiルーターを“3台持ち”しているアイティメディアの社員小林(20代女性)だ。IT企業の社員らしくガジェット好きでさまざまな端末を使っているが、いまだスマホに乗り換えていないのは「早々にタブレットを入手して、ケータイ、ルーターとの3台持ちで不都合がなかったから」だという。

photo ケータイ、タブレット、モバイルWi-Fiルーターの3台を持ち歩くアイティメディア社員小林

 4年間使い続けているケータイは、普段は無料通話分で済む程度の通話とキャリアメールを少し利用するだけ。バッテリーもフル充電で2日間は持つという。たまにワンセグを見ることもあり、特に自宅のレコーダーで録画予約を忘れたときにも助かっているとのこと。SNSやWeb閲覧などのネットサービスがケータイで利用しにくくなっているが、こちらはタブレットで行い、今のところ困ることがない。

 ただし、よく話を聞いてみると、LINEはスマホ用アプリをタブレットにインストールして拡大して使っているので、少し違和感がある。なにより3台持ちは「荷物が重くなるのが最大のネック」だという。特にタブレットはWi-Fi専用モデルなので、モバイルWi-Fiルーターがバッテリー切れになると、ただの板と化す。そうさせないために、充電器やケーブルも持ち歩かなくてはならない。

 万が一、Wi-Fiルーターがバッテリー切れになったときは、ケータイのブラウザを利用するが、最近はSNSのケータイ向けサイトが機能を縮小あるいは停止していることが多く、満足に使えない。しかも、ケータイでフルブラウザをたくさん使うとデータ通信料金が上限に達してしまい、月々の携帯電話料金が高額になるのもつらいところだ。

新世代ケータイなら、SNSができて荷物も減らせる

 「LINEは必須。でも荷物の重さと料金面はどうにかしたいと思っている」という小林に、「AQUOS ケータイ SH-06G」と「AQUOS K SHF32」はうってつけの端末だ。2機種ともLINEに対応しているし、PCサイトをスムーズに表示できるブラウザでFacebookやTwitterも利用可能だ。ディスプレイは3.4型とスマホより小さいが、解像度が高く見やすいので十分快適に利用できる。

 また、「AQUOS K SHF32」はLTEのテザリングもできるので、モバイルWi-Fiルーターを持ち歩く必要がなくなり、荷物を減らすことができる。気になるのが毎月の携帯電話料金だが、今持っているケータイとWi-Fiルーターでフルにデータ通信を使った場合と比べて、4分の3程度に抑えることができると分かった。「ケータイでテザリングしてタブレットも使えるならお得かな」と、心が動かされた様子だ。

photo 「LINEやTwitterがケータイで使えるのはいいですね。ワンセグも見られるし」と、新世代ケータイに好感を持った様子。今度こそ買い替えなるか?

 ちなみに、小林はケータイで撮った写真をより詳しく見たい場合に、メールでタブレットに送って大画面で確認することもあるという。「AQUOS ケータイ SH-06G」と「AQUOS K SHF32」なら「PASSNOW」という機能でAndroidタブレットと連携し、写真を簡単に共有できる。「メールで送るより簡単ですね」とユニークな機能にも興味を持ったようだった。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:シャープ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2015年8月12日

関連リンク

「AQUOS ケータイ SH-06G」の商品特長、スペック詳細情報を掲載。

「AQUOS K SHF32」の商品特長、スペック詳細情報を掲載。

楽しさとサポートを提供するメーカー公式サイト。