News 2001年10月2日 11:55 PM 更新

eSTB端末はモックアップだった――イーピー

CEATECでは,来春サービス予定の蓄積型データ放送サービスを手掛けるイーピーのブースに来場者の注目が集まった。しかし,肝心のeSTB端末はモックアップのみで,さらに端末価格の高さも浮き彫りになるなど,順風満帆とはいかなそうだ。

 CEATEC JAPAN 2001では,来年春にサービス開始が予定されている蓄積型データ放送サービス「eプラットフォーム事業」を手掛けるイーピーのブースに,来場者の注目が集まった。

 今年9月に,ユーザーが身近に感じるようにと現社名に変更。「eとpを組み合わせて誕生した不思議でおしゃれな宇宙生命体」「地球をもっと愉快で快適なエンターテイメント惑星にします!」という社名コンセプトに合わせた,オレンジ色の明るく楽しげなブースとなっている。


イーピーのブース

 イーピーの出資会社である東芝,松下電器,日立製作所,三洋電機,シャープ,富士通,日本ビクターの6社が開発中のeSTB端末も,イーピーブースで一堂に展示された。また,各社のブースでも「イーピーコーナー」を設けて,来年春スタート予定の新しいサービスをアピールした。


6社のeSTBが一堂に展示されている


イーピーコーナーを設置してアピールするeSTBメーカー各社ブース

 ただ,今回公開されたeSTB端末は,イーピー/eSTB各社ブースの展示を含めて全てがモックアップだった。

 今年6月に行われたeプラットフォーム事業の説明会で,イーピー社長の戸田長作氏自ら「CEATECを一般ユーザーに広く知らしめる場と考えている」と語ったように,CEATEC開催までには各社のeSTB端末の実機が出揃うはずだった。

 しかし,総務省などのCS110度事業への取り組みが遅れていることから,サービス開始まで半年前にせまった今になっても,各メーカーはeSTBの実機が作れないというのが現状。おかげでCEATECでは「止む終えずモックアップの展示になった」(イーピー)という。どのeSTBメーカー担当者も「実験放送が始まらなければ,実機は作れない」と,同事業の遅れを嘆く。

 さらに,eSTBの価格面の問題がある。

 HDDにコンテンツを自動的に蓄積していく「蓄積型データ放送サービス」では,大容量HDDの搭載が必要になる。そのため,eSTBには,イーピーの多彩なサービスを利用するためのプロバイダエリアとして20Gバイトを使い,またデジタル放送録画用として20Gバイト以上を確保することが仕様規格で義務付けられている。

 つまり,eSTBには合計40GバイトのHDDレコーダーとしての機能が備わっているのだ。また,新しく用意されるCS110度デジタル放送だけでなく,デジタルハイビジョン放送や文字放送を含むBSデジタル放送も受信できるデジタルチューナーを搭載することになる。

 このように,eSTBのハードスペックを見ると,AV機器としてもかなり高度なシステムとなっている。高度なシステムは,当然その価格に反映される。単純に40GバイトHDDレコーダー+BSデジタルチューナーと考えても,前者が10万円前後で後者は6万円前後という現時点の実売価格から換算すれば,約16万円の商品となる。

 一体どのくらいのユーザーが,16万円もする機器を購入して,これまで体験したことないサービスを始めようと思うだろうか。


かなり高額商品になりそうなeSTB端末

 イーピーやeSTBメーカーも,端末の価格には頭を悩ませているようだ。展示会会場のメーカー担当者からは「本当に普及するためには,5万円以下ぐらいにならないと難しいのでは」との声も聞かれた。日進月歩のエレクトロニクス業界では,サービスが始まる来年春までの半年間である程度のコストダウンは可能かもしれない。それでも「大量生産に入ったとしても10万円を切るのがせいぜい」(メーカー担当者)。

 価格問題解決の一案として,携帯電話で行われているインセンティブの導入が検討されている。つまり,eプラットフォームの事業者であるイーピー側が端末価格の補填を行って,ユーザーがeSTBを買いやすくしようという形態だ。

 eSTBメーカー各社は,この補填方式を希望しているようだ。出展ブースの各社担当者からも「携帯電話があれだけ普及した理由の一つには,端末が安かったことがある」「メーカー側の端末コストダウンには限界がある。補填を行ってくれれば普及にも拍車がかかるのでは」といった“補填賛成”の声が多数を占めている。

 ただ,イーピー側は「補填方式は麻薬みたいなもの。現に携帯電話事業者はそれで苦労している。生まれたばかりの会社としては,堅実な路線を選びたい」と,補填補填方式にはあくまでも慎重な姿勢を見せていた。

関連記事
▼ CEATEC JAPAN 2001特集ページ
▼ ユビキタスネットワーク社会は「ep」で実現――松下電器 中村社長
▼ 松下,「eSTB」専用LSIを開発
▼ 次世代放送サービスのイー・ピー・エフ・ネットが社名変更
▼ ソニーの実質離脱で,厳しい船出――イー・ピー・エフ・ネット

関連リンク
▼ イーピー

[西坂真人, ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -