News 2003年9月25日 07:52 PM 更新

ASP型全自動セキュリティソフトで「マカフィー」が再参入

日本ネットワークアソシエイツが、「マカフィー」シリーズの直接販売に乗り出す。好みの機能を選んで利用できるオンラインサービスもラインアップし、国内では後発ながらユーザー100万人獲得を目指す。

 日本ネットワークアソシエイツは9月25日、セキュリティソフト「マカフィー」シリーズ新製品を発表した。ソースネクストとの販売代理店契約終了後、同社が直接コンシューマー向け製品の販売に乗り出す第一弾の製品となる。

 製品は、店頭パッケージとダウンロードで販売する通常ソフトと、オンラインで自動バージョンアップが可能な1年契約のサービスとして提供する「オンラインサービス契約」の2形態で販売する。

 新製品の特徴は「全自動」。セットアップなどを簡略化し、4時間ごとにウイルス定義ファイル(DAT)とエンジンを自動更新する機能を備えた。ユーザーは難しい操作や設定なしで最新のセキュリティ環境を全自動で構築できるという。

 ソースネクストのMcAfee製品との違いについては、「ソースネクスト製品は他社製品との位置付け」として明らかにしなかった。


 パッケージ版・ダウンロード版のラインアップは以下の通り。

製品名機能パッケージ価格ダウンロード価格発売日
ウイルススキャン ver.8.0アンチウイルス5480円3900円パッケージ:10月4日、ダウンロード:10月1日
インターネットセキュリティスイート ver.6.0アンチウイルスやファイアウォール機能を備えた統合型8800円7200円11月15日

 ただし当面の間、パッケージ版は「キャンペーン価格」として割り引き販売する。キャンペーン価格はウイルススキャンが3980円、インターネットセキュリティスイートが5980円だ。

 ウイルススキャンには、受信(POP3)メールや送信(SMTP)メールを自動スキャンする機能、インスタントメッセンジャー経由で受信するファイルのスキャン機能などを備えた。インターネットセキュリティスイートは、スパイウェアやアドウェア、キーロガーを検出する機能、IDやパスワードを管理する機能、広告ブロック機能などを搭載している。

必要な機能を選べるオンラインサービス

 オンラインサービスは、インターネットセキュリティスイートに含まれる機能を、ユーザーが必要に応じてオンラインから利用できるようにしたもの。

 Web上で購入・ダウンロードして利用する点はダウンロード版ソフトと同じだが、1年の契約期間内であればメジャーバージョンアップも自動的に無料で行われる点が異なる。(ダウンロード版はマイナーバージョンアップまで。)

 オンラインサービスは10月1日に開始する。ラインアップは以下の通り。

サービス名内容価格
ウイルススキャン セキュリティサービスアンチウイルス(パッケージ版ウイルススキャンと同等)3900円
パーソナルファイアウォールプラスファイアウォール3900円
プライバシーサービス個人情報保護3900円
スパムキラースパムフィルタリング3900円
Webエッセンシャルスイートアンチウイルス+ファイアーウォール6000円
PCセキュリティスイートアンチウイルス+ファイアーウォール+個人情報保護7200円

再参入の武器はASP型サービス


「目標ユーザー数100万というのは少なすぎるかもしれない」とシェア拡大への自信を見せる加藤孝博社長。「McAfee」ロゴ入りのキャンペーン用ジャケットを着ていた

 海外では実績豊富なMcAfeeブランドだが、国内では出遅れが響き、トレンドマイクロやシマンテックに比べると知名度の低さは否めない。しかし同社の加藤孝博社長は「オンラインサービスのような“ASP型サービス”を武器に、国内コンシューマー市場で売り上げ年間40億円と80−100万人のユーザーを確保したい」と目標を掲げる。

 相次ぐ大規模なウイルス被害でセキュリティソフト市場が活況を呈している一方、ほとんどのユーザーが大手2社の製品を指名買いしているのが現状で、後発組は軒並み苦戦を強いられている。同社は量販店頭などで大々的にキャンペーンを展開するほか、メーカー製PCへのプリインストール提供や提携ISP経由での販売に力を入れる考えだ。


店頭では大規模なキャンペーンを展開

関連記事
▼ 日本ネットワークアソシエイツ、コンシューマー向け製品販売開始

関連リンク
▼ 日本ネットワークアソシエイツ

[岡田有花, ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -