News:ニュース速報 2003年11月5日 08:26 PM 更新

これが「PSP」コンセプトモデルだ

ソニーは11月5日、開発中の携帯型ゲーム機「PSP」の「コンセプトモデル」を公開した。PSP本体は中央にワイド液晶ディスプレイ、その左側に十字キーや電源ボタン、右側にPlayStationでおなじみの「△□○×」の4ボタンなどが配置されている。

 ソニーは11月5日、開発中の携帯型ゲーム機「PSP」の「コンセプトモデル」を公開した。


コンパクトな印象を受けるPSP

 同社は米国ニューヨークで経営方針説明会を開催(現地時間は11月4日)。その中の久夛良木健副社長のプレゼンテーションでPSPコンセプトモデルが公開された。

 編集部が入手した資料によると、PSP本体は中央にワイド液晶ディスプレイ、その左側に十字キーや電源ボタン、右側にPlayStationでおなじみの「△□○×」の4ボタンなどが配置されている。記録メディア「UMD」のスロットは液晶ディスプレイの上部にあるようだ。裏側にはUMDを示す円と「PSP」ロゴが見える。

 そばに置かれたUMDの大きさ(直径6センチ)から、本体サイズは約7−8(縦)×約15−17(横)センチ程度だとみられる。厚さは不明だが、コンセプトモデルからは薄さが感じられる。

 PSPは2004年末の発売を目指して開発が進められている。



関連記事
▼ ソニー、携帯ゲーム機に参入。キーワードは“21世紀のウォークマン”
SCEIの久夛良木社長は、2004年末に携帯ゲーム機に参入すると発表した。6センチ、1.8GバイトのUMDという新しい光ディスクメディアを使い、高度な3D表現力を持つという

▼ PSP、PSX、UMDの真の狙いは?――ソニー・久夛良木氏が解き明かす“点と線”
PSX、PSP、UMD、さらには半導体への積極的な投資と、SCEはこのところ矢継ぎ早に意欲的な新製品や戦略を発表してきた。それぞれにどんな狙いがあり、それをつなぐとどんな構図が浮かび上がるのか。ソニー・久夛良木氏へのインタビューを元に、その点と線を探ってみた。


関連リンク
▼ ソニー・コンピュータエンタテインメント

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -