News:ニュース速報 2001年11月26日 08:08 PM 更新

ヒロインは強かった──“ときメモめんこ”を買ってみた

 コナミは11月22日,現代風のめんこ「めんこスタジアム」を発売した。

 ZDNet Newsでは,コナミの10月の発表を「速報:今度は『めんこ』が復活だ しかも『ときメモ』」として記事を掲載した。比較的ハードコアなITニュースサイトを標ぼうするZDNet NEWSだが,この週はAthlon XPの正式発表といった重要ニュースを“ときメモめんこ”記事が抑え,莫大なページビューでトップに立った。

 ボーナス査定前という微妙な時期に,執筆した記者は編集部内で綱渡り的な立場を強いられることになった。だが記者は「IT不況をパワーアップしたアナログめんこの爆風が吹き飛ばしてくれると感じたのだろう」と読者のけい眼にため息。さらにめんこ発売後の11月23〜25日,休日としてはちょっと考えられないようなページビューを前掲記事が再び叩き出しており,「天の声は人の声。期待に応えるのが記者の使命」と決意,購入して実際に遊んでみることに決めた。

 ただ1点。記者は実は「ときメモI/II」の両方ともソフトは持っていながらプレーしたことがなく,従って「II」で自分の名前を呼んでもらったこともない「陸(おか)メモラー」であることをお断りしておきたい。

 購入したのは26日の昼間。東京・池袋を探し回った。東武百貨店では見つからず,西武百貨店は「専用プロテクター」(1パック300円,後述)と「めんこスタジアムDX」(3800円)だけが置いてあった。既にTBS系「筋肉番付」で熱いめんこバトルが繰り広げられていることもあり,赤マル急上昇中で品切れ店続出ということなのだろうか。最後の望みだった東急ハンズにもなかった。

 仕方がないので最終兵器「ゲーマーズ」に行った。というか,最初から行けよ。しかし社会人としては月曜日の真っ昼間にゲーマーズでキャラグッズを探すのは致命的だし──あった,ありました。ときメモを含むコナミキャラがめんこ化された「コナミセレクション」と,アニメ化された「RAVE」,「筋肉番付」の3種類の「ブースターパック」だ。企画の主旨上,もちろん「コナミ」に絞った。

 しかし最初に購入すべき「スターターセット」(2980円)がないようだ……。ここは入手を最優先することにして,残っていた「コナミ」8パック(1パック200円)全部を「大人はお金持ちだもーん」と一気に購入。アイデンティティ崩壊を防止するために領収書を頼もうと考えたが,社名を人前で告げるのがイヤだったのであきらめた。専用プロテクターは西武で購入し,とりあえず準備は完了。完璧を期すなら「めんこスタジアムDX」も購入すべきだったが,「これはプチブルスネ夫アイテムだろう」と思い,のび太な庶民派記者はあきらめました。


「ブースターパック」と「専用プロテクター」のパッケージ外観
(C)2001KONAMI

 「コナミ」には「ときメモ1/2/3」が31種類,「幻想水滸伝I/II/III/外伝」が7種類,「メタルギアソリッド1/2」12種類,「サイレントヒル1/2」が10種類,さらに「シークレット」が3種類用意されている。この62種類の中からランダムに5枚が選ばれ,1パックに封入される。

 購入したのは8パック合計40枚。内訳は以下の通り。

ゲーム名キャラ名と枚数合計
ときめきメモリアル美樹原愛×2,虹野沙希×1,館林美晴×14枚
ときめきメモリアル2陽ノ下光×1,寿美幸×1,伊集院メイ×1,八重花桜梨×1,水無月琴子×2,一文字茜×3,野咲すみれ×110枚
ときめきメモリアル3相沢ちとせ×1,橘惠美×2,河合理佳×25枚
バーチャルエンジェルファンラン&アイ×11枚
その他20枚


今回の戦利品

(C)2001KONAMI

 ときメモシリーズが合計19枚とほぼ半分を占めた。しかし重複も多く,完全ゲットはやはり難しそうだ。とりあえず「2」のヒロインちゃん(陽ノ下光ちゃん)をゲットできたのは大きい。ヒロインだけあってカードはゴールド仕様だ。「バーチャルエンジェルファン」はまったく意外で,これが「シークレット」なのか?……「その他」ですか?企画の主旨上,内訳は数えませんでした。

 カードは2ミリ以上の厚さがあり,手にした感じは一般的なトレカとは異なる。固くてしっかりした感触。これをプラスチック製の専用プロテクターに差し込んで遊ぶ。試しに床に叩き付けてみたら,いやもう,ホント爆風状態(従来比)。「めんこ自体の重量とカード面積を大きくすることで衝撃や風圧をパワーアップ」(コナミ)との説明通りに強力な風(従来比)が吹きます。しかもプロテクターを装着することでめんこが傷つくのも防げるわけだ。そうじゃなければ光ちゃんを床に叩きつけるなんて不可能だろう,やっぱり。


光ちゃんめんこは豪華ゴールド仕様
(C)2001KONAMI

 では早速遊んでみよう。──「公式ルール」が存在する可能性はあるが,ここは古式にのっとり,単純に叩き合ってひっくり返すだけのシンプルなものにしよう。というか,「スターターセット」を買えなかった記者には公式ルールがあるのかどうかも分からない。

 とりあえずやってみよう──アレ?全然ひっくり返らないぞ。アレ?アレ?めんこってこんなに難しかったっけ?むぅ,確かに風圧はパワーアップしているが,考えてみれば相手も同じ大きさ・重さのプロテクターを装着してるわけで,急に簡単になるはずがないぞ。直径30センチの最終兵器(ザコめんこを買って,裏に1等って書いてあるともらえた)もないし。やはり「スターターセット」に入ってる専用スタジアムが必須環境なのか?

 ……。ひたすらバシバシ叩きまくった結果,どうにかひっくり返せるようになってきた。当たり前だが,要は文章で説明しにくい“コツ”の世界なのだ。子どもの頃を思い出してきたぞ。

 しかし,記者は社内の秘密基地で誰にも見られないよう叩いているのだが,音だけはハデに響いてしまう。近くを通った人にポルターガイストだと思われたらイヤですな。

 では本番だ。テーマは「キャラ対決」!ヒロインちゃんが2枚以上出てくれば「ヒロイン対決」を敢行する計画だったが,さすがにそんなに甘くはなかった。では「1/2/3でかぶってるキャラ対決」はどうだ?あ,陸メモラーの記者には「かぶってるキャラ」がどれとどれなんだか分からん!こうなれば思いっきり恣意的に「ヒロインちゃんVS新めがねっ子」,つまり「II」の光ちゃんと「III」の河合理佳ちゃんでバトルだ!“どうしてそうなるんだ”なんてツッコミは不要不要!“萌え尽きるまでヒート”!


光ちゃん(右)VS理佳ちゃんで対決!
(C)2001KONAMI

 バトル結果は以下の通り(相手をひっくり返した場合は○,ひっくり返せなかった場合は×。結果が同じ場合はドロー)。

キャラ名12345678910合計
陽ノ下光×××××3勝2敗
河合理佳××××××2勝3敗

 合計20投,投げるには全身を使うのですっかり息が上がってしまい,これがホントの「ハアハア」状態。寒くなるこの時期,昼休みとはいえ外にでるのもおっくうです。食後はめんこでレクリエーションというのはどうでしょうか。

 記者も仕事に戻ります。

関連リンク
▼ 今度は「めんこ」が復活だ しかも「ときメモ」
▼ ニュースリリース

[小林伸也, ITmedia]

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -