News:ニュース速報 2002年3月15日 01:46 PM 更新

日本語ウイルス「Fbound」被害が拡大

 トレンドマイクロは3月15日,日本語Subjectのメールで増殖するコンピュータウイルス「Fbound.C」の被害が拡大しているとして危険度レベルを引き上げた。

 同社に同日午前11時半までに寄せられた発見・感染報告は227件。このためウイルス警報を5レベルのうち2に引き上げて注意を呼び掛けている。不審なメールに添付されたファイルは開かないようにするほか,アンチウイルスソフトの定義ファイルを更新する必要がある。

 同ウイルスは,送信元がjpドメインの場合に「重要」「例の件」といった日本語Subjectのメールに添付されて被害を広げている。

関連記事
▼ 日本語Subjectで届くウイルスに注意
▼ 「patch.exe」に注意,日本語の件名が付いたワームにIPAや各社が警告(エンタープライズ)

関連リンク
▼ トレンドマイクロのウイルス情報

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -