検索
ニュース

人工知能で白黒写真をカラーに 早大が技術開発、GitHubでコード公開

白黒写真を自然な色に自動で彩色する手法を早大が確立。GitHubでプログラムのソースコードを公開した。

Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 早稲田大学の研究グループはこのほど、ディープラーニングを応用し、白黒写真を自然な色に自動彩色する手法を確立したと発表した。プログラムのソースコードをGitHubで公開している。


画像画像 1935年の写真を新技術で加工

画像

 新技術は、大量の白黒・カラー画像の組から、色づけの手がかりとなる特徴をディープラーニングにより学習し、その特徴を使って白黒画像をカラーに変換する技術。従来、白黒写真の色づけには人手が必要だったが、新技術なら全自動で彩色できる。

 画像全体から抽出する「大域特徴」と、小さな領域から算出する「局所特徴」を結びつけて利用することで、画像全体を考慮した自然な色づけができるという。

 大域特徴からは、屋内か屋外か、昼か夜かなど画像全体の情報を得、局所特徴からは、水か砂か葉かなど物体の質感を判断し、その領域をどう色づけするかが最も適当か推測。この組み合わせにより、夕暮れの空や人の肌など、状況に合った自然な色づけが可能になったという。

画像
画像
モデル構造

 100年前の白黒写真をはじめとしたさまざまな写真を自然に色付けできる。ユーザーテストでは、約90%が「色付け結果が自然だ」と回答したという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る