検索
ニュース

戦艦「山城」「扶桑」発見か 米Microsoft創業者ポール・アレン氏の調査チーム

米Microsoftの共同創業者ポール・アレン氏が率いる調査チームが、旧日本海軍の戦艦「山城」「扶桑」とみられる船体をスリガオ海峡で発見した。

Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 米Microsoftの共同創業者ポール・アレン氏が率いる民間の調査チームは12月7日、フィリピン南部のスリガオ海峡で、旧日本海軍の戦艦「山城」「扶桑」などとみられる5隻を発見したと発表した

photo
調査チームがFacebookで公開した動画より

 見つかった5隻は、1944年のレイテ沖海戦で米軍が撃沈した戦艦「山城」「扶桑」、駆逐艦「満潮」「朝雲」「山雲」とみられる。調査は11月下旬から実施していた。

photo
左上が山城、左下が扶桑とみられる

 同チームは、15年にはフィリピン沖のシブヤン海で戦艦「武蔵」を、17年8月にはフィリピン海で重巡洋艦「インディアナポリス」をそれぞれ発見している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る