検索
ニュース

「希望者全員対象」のiPhoneバッテリー交換、Apple Storeに行くならお早めに

Apple提供している、iPhoneのバッテリー交換プログラム。希望者全員が対象になるが、そろそろ次期iPhoneが登場するのでApple Storeに行く場合は早めに交換しておいた方がよさそうだ。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 既報の通り、Appleが発表している「iPhoneのバッテリー交換プログラム」では、iPhone 6以降なら希望するユーザー全てを対象にバッテリーを交換してくれる。

アイフォン
iPhoneのバッテリー交換について(Appleより)

 対象は、iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X。

 iPhone本体保証およびAppleCare+による延長保証期間内であれば無償交換で、そうでない場合も3200円(本来は8800円)と割安で交換できるため、一時期は在庫切れで予約が取りづらい状況も続いていた(関連記事)。

 交換方法はiPhoneをサポートに送って交換してもらう「配送」と「店舗持ち込み」の2つがある。店舗に行く場合は、Apple Store店舗内のサポート窓口「Genius Bar」か、Appleと同等のサポートを受けられる正規サービスプロバイダー(ビックカメラなど)に持ち込めるが、事前の予約が必要だ。

アイフォン
iPhone 2018 3Dプリントモックアップ(MACお宝鑑定団より)

 バッテリー交換プログラム自体は12月末まで提供しているのだが、店舗への持ち込みを考えている人はなるべく早めに、できれば9月上旬までに済ませた方がよさそうだ。

 というのも、ご存じの通り毎年9月は新iPhoneの発売が予定されているからだ。例年通りだと、9月中に発表イベントを行い、新iPhoneの予約受付を始める。

アイフォン
iPhone X、iPhone 8/8 Plus

 この時期になると、買い替えを考えるユーザーでApple Storeは混雑することが予想されるため、早めにバッテリー交換の準備をしておいた方がいいだろう。交換方法と事前準備についてはこちらの記事でまとめている。

 うわさによると、次期iPhoneは5.8インチ、6.1インチ、6.5インチの3モデルになるとされている。5.8インチと6.5インチは有機ELディスプレイ、6.1インチは液晶ディスプレイになるという。

 まだ詳細が発表されていないため、新機種に買い替えるか、バッテリーを交換して手持ちのiPhoneを使い続けるかも悩ましい所だろう。

アイフォン
米AppleInsiderが報じた次期iPhoneのうわさ(関連記事

 12月末も駆け込み需要でまたバッテリーが在庫切れになったりする可能性がある。バッテリー交換がまだの人は今の時期か、新iPhoneへの買い替えが落ち着く11月頃を狙うのがいいかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る