Special
2004/05/10 00:00 更新

レビュー
マウスよりタブレットPC? Illustrator CSと筆圧感知 (1/2)

前回はPhotoshop CSで、筆圧感知可能になったタブレットPCの使い勝手などを試してみたが、Photoshop CSと来れば当然次はIllustrator CSの出番。InDesign CSとの連携でDTPデザインやグラフィック作成時の使い勝手などをチェックして行こう。

描くたのしみ

 まず、筆圧感知のお話から。

 Photoshop CS のようなペイント系ツールと異なり、どちらかと言えばカチっとした仕上りが特徴であるドロー系のツールでは、ロコツに筆圧感知のお世話になる、ということが少ないのは事実ではある。

 しかしそんなタテマエとは裏腹に、Illustrator CSの細部までカスタマイズできる「ブラシツール」と、ダイレクトに「描ける」タブレットPCの組み合わせにおいては、かなり積極的に「ブラシで描いてみたい」という気持ちが湧いてくるのである、実は。

 Illustrator CSのブラシツールにあるオプションは、その角度や真円率、直径などの筆圧感知やその変位を自在にコントロールできるので、事実上無限でなおかつ自分好みのブラシを意外とカンタンに作ることができる。

 何回も試し描きしながら、いかに自然なタッチを出して行くか、自分好みの感じを出して行けるか、まるでパズルを組み立てて行くような、結構スリリングな体験を味合わせてくれる。

ho_ip001.jpg

ho_ip002.jpg

新規のブラシを作成し、オプションで角度や直径のサイズ、真円率に筆圧を与え、変位の割合を替えてどんな風に描けるのか、試しながらブラシを作る作業は中々刺激的

 自然なタッチと言うよりは「自然なタッチをシミュレートした」という言い方の方が正しいのかもしれないが、そんなブラシで力を入れれば濃く太く、力を抜けば薄く細く描けるという、脳みそから指先、そして画面までリンクしたように感じるタブレットPCならではのダイレクトな感覚は、やはり何物にも替えがたい。

 さらにはベクトルデータゆえの、描いた後での移動や加工が容易と言うメリットをも存分に楽しむことができる。これはPhotoshop CSなどのビットマップ系ツールでは味わえない、ある種の快楽と言ってもいいだろう。

ho_ip003.jpg

自作したブラシでさっそく描く。描いた後でもコピーしたり角度を変えたりして、ひとつのストロークでもイロイロなテイストが出せる。

 ブラシで「さらっ」と描いて、気に入らない部分を後でじっくり修正して行くという、アナログ画材では不可能な作業が可能だし、さらには太さや色まで変えること事ができるのだから、筆のタッチに即興性を求めるのでなければ、コレはほぼ完ぺきな画材と言っていいだろう。

ho_ip004.jpg

ちょっと猫描いてみました。まるでペイントソフトみたいな感じ(笑)。

 快楽ついでに言えば、選択したオブジェクトを、ペン先でズリズリ動かして行くというのもなんか気持ちイイ。手先に伝わる不思議な感覚は、他では決して味わえない独特のモノがある。

 また、ロゴデザインや写真などをを下絵としてトレースして作画する。というような作業の場合、従来のスタイルであればマウスとキーボードを併用しながら「ペンツール」で描いて行く、という方法が一般的な方法だと思うが、「ブラシツール」を使いロゴや写真を下絵に手描き風のイラストレーションを描く、みたいな表現方法も、筆圧感知を得たタブレットPCとIllustrator CS でなら、思わず描いてみたい、という気にさせてくれる。何となく創作意欲を沸き立てるような、そんな力を持っているんじゃないかと思う。

ho_ip005.jpg

ho_ip006.jpg

写真をトレースして好きなブラシで描く。あるいはトレースした線を好みのブラシに替える。手描き風のイラストもいがいとカンタンにできるあたり、ドローツールならではの楽しみと言えるだろう

ヨコかタテか?

 タブレットPCで作業をする場合、なんとなく縦位置にするべきだ、という気分がしないだろうか? 他のPCにはできないスタイルでもあるし。

 でもしばらく使って行くうちに、もしかしたら「横位置」の方が使いやすいかも? という気がしてきた。

 Photoshop CSやIllustrator CSなどで純粋に「作画」している時はそれほど感じなかったのだが、InDesign CSを立ち上げて作業しようとしたら、「縦位置」では正直言って使いにくい。ペラ物を作るならともかく、フツーに作業しようとしたら、なんと「横位置」の方が断然使いやすいのだ。

 単に横長の画面に慣れている、と言うこともあるのだろうし、作るモノや使う人の作業スタイルによっても変るかもしれない。それでもIllustrato CSやInDesign CSを使ったDTP系の作業の場合は、イラストなどの作画時とは違って、どうも横位置で使った方がモアベターだという感じが強い。パレットの位置が通常と変わらないため違和感を生じないし、今回レビュー用に使用しているコンバーチブル型(東芝のdynabook SS M200)や日本HPのHP Compaq Tablet PC TC1100などであれば、今までと同じくIllustrator CSなどのショートカットが使用できるからだ。

      | 1 2 | 次のページ

[まつばらあつし,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PICK UP

news010.jpg ベールを脱いだ“Origami”、MicrosoftとIntelがOrigamiことUMPCを披露
CeBIT 2006で、ついに“Origami”がベールを脱いだ。3月9日、MicrosoftとIntelはそれぞれプレス発表会を開催、OrigamiことUltra-Mobile PC(UMPC)デバイス戦略を明らかにした。

news015.jpg “Origami”命名者らが明かすUltra-Mobile PC構想
CeBIT 2006の目玉となった“Origami”ことUltra-Mobile PC(UMPC)。会場ではIntel、Samsung、ASUSなどのブースでUMPCを見ることができた。3月10日に催されたMicrosoft、Intel、Samsungの共同記者発表会の模様とあわせて、UMPCを検証してみよう。

news001.jpg 1キロを切る超小型・軽量のコンバーチブル型タブレットPC──富士通「FMV LIFEBOOK P8210」
富士通の企業向けノートPC「FMV LIFEBOOK」シリーズに、コンバーチブルスタイルのタブレットPC 2モデルが追加された。その中でも「FMV LIFEBOOK P8210」は、本体重量が約990グラムと非常に小型・軽量でありながらも、コンバーチブルスタイルを実現した意欲的なタブレットPCである。

news002.jpg これが“ThinkPad”クオリティのタブレットPCだ──レノボ・ジャパン「ThinkPad X41 Tablet」
性能面はもとより、耐久性や操作性なども含めたノートPCとしての完成度の高さで幅広いユーザーから支持されている「ThinkPad」シリーズ。そのThinkPadからコンバーチブルタイプのタブレットPCが登場した。それが「ThinkPad X41 Tablet」である。

news002.jpg デジタルクリエイター教育におけるTabletPCの可能性──デジタルハリウッド杉山学長インタビュー
デジハリEXは、TabletPCを使ったデッサン入門講座を6月に開講する。なぜTabletPCを教材に採用したのか? クリエイティブツールとしての可能性・将来性は? 日本のデジタルクリエイター教育の先駆者であるデジタルハリウッド大学・大学院の杉山知之学長に話を伺った。

1.jpg サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第1回:OneNoteの登場でタブレットPCがいっそう身近に(1)
ノートPCとPDAの中間――普段のWindowsアプリケーションが使え、PDAなみの軽快な操作性と携帯性を持つタブレットPC。メールやWebの閲覧はもちろん、企画書を作成して他社に営業に行き会議室でプレゼンを行う……そんな今回の企画にぴったりの人はもちろん、それ以外の人にもタブレットPCとOffice OneNote 2003などのアプリケーションを組み合わせた、きっと役に立つちょっとしたノウハウを今後数回に分けて展開していく。

news009.jpg マイクロソフト、次世代TabletPCのコンセプトモデルを初披露
マイクロソフトは都内で行われた開発者向けコンファレンス「WinHEC 2005 Highlights」で、次世代TabletPCのコンセプトモデルを本邦初公開した。スライド式の液晶タブレットを搭載し、ノートPCモードとピュアタブレットモードを瞬時に行き来できるのが特徴だ。

news020.jpg TabletPCの現在、そして未来を語る──モバイルプラットフォーム事業部GMインタビュー
TabletPCはノートPC市場のメインストリームに対して、フェーズに合わせて普及のターゲットを広げてきた。さらに将来的には、タブレットの機能はすべてのノートPCにも搭載されるようになるという。米マイクロソフト モバイルプラットフォーム事業部 ジェネラルマネージャーにTabletPCの現在と未来を聞いた。

news003.jpg ペンオペレーションでモバイルAVノートの魅力が変わる──富士通「FMV-BIBLO LOOX P70R」
富士通のモバイルAVノート「FMV-BIBLO LOOX」シリーズに、新モデルとなる「FMV-BIBLO LOOX P70R」が登場した。1キロを切る軽量ボディを実現しながらも、一般ユーザー向けとしては同社初のコンバーチブル型タブレットPCであるという意欲的な製品だ。

news005.jpg タブレットPCのプレゼンは、なぜ琴線を揺さぶることができるのか?
今や、ビジネスパーソンだけでなく、学生にもプレゼン能力が問われる時代。とはいえ、スライドと話術のみで受け手に強い印象を残すプレゼンを行うのは非常に難しい。しかし、タブレットPCを利用すれば、誰でも簡単に“勝てるプレゼン”が可能になるという。それはなぜか──。

news001.jpg コンバーチブル型を採用した企業ユースのメインストリームモデル──日本HP 「HP Compaq tc4200 Tablet PC」
日本HPから、同社初となるコンバーチブル型のタブレットPC「HP Compaq tc4200 Tablet PC」が登場する。利用シーンに合わせてスタイルを変更できるトランスフォーム型で脚光を浴びた同社製タブレットPCだが、新モデルはイメージを一新し、企業ユースの本流を狙う意欲的な製品に仕上がっている。

news001.jpg オフィスを狙った本格仕様の2スピンドルコンバーチブル型タブレットPC──富士通「FMV LIFEBOOK T8210」
「FMV LIFEBOOK T8210」は、携帯性を重視したB5サイズの2スピンドルコンバーチブル型タブレットPCだ。タブレットモード、ノートPCモードのどちらも快適に使用できるハイスペックを備えており、オフィスユースに適した魅力的なマシンに仕上がっている。

news003.jpg TabletPCでペーパーレス化や広告イメージの具体化・共有化を実現
アカウントマネージメントパーソンにとって、クライアントに関するあらゆる資料・情報は“ビジネスのなる木”だ。だが、それらをすべてため込もうとすると、今度はその量に飲み込まれて身動きができなくなってしまう……。マッキャンエリクソンに勤めるあるアカウントマネージメントパーソンは、TabletPCを使うことでその矛盾を克服した。

news002.jpg タブレットPC・ガールの旅日記Vol.8「東京ベイエリアに行きました」
KAORI(臼田 華織)、歌って踊れるキャンペーンガール&モデルユニット「IT GIRLS」のメンバー。所属はアトランティックス マネージメントです。柔らかな初春の日差しに誘われ、葛西臨海公園からパレットタウン、お台場海浜公園まで、東京ベイエリアをぐるっと回ってきました。