PR

「スマホ+携帯電話」2台持ちの新提案:「スマホ、料金高いし……」な人に贈る救世主──端末と3G回線セットの新サービス“ほぼスマホ”「MEDIAS for BIGLOBE」徹底解剖 (1/3)

「スマートフォンって料金が高いイメージ」「2台持ちでも、できるだけ安く……」「便利そうだし、かなり気になるし、正直うらやましい。でもスマホにするには少し不安が」──そう思っている人いませんか? そんなあなたにAndroid端末と3G回線セットの新サービス、“ほぼスマホ”「MEDIAS for BIGLOBE」でズバリ解決です。

「スマートフォン」っていろいろ不安?──いいえ、その不安、一気に解消します

photo  

 今や「スマートフォン」ブームである。

 スマートフォンは、これまでの携帯電話とはかなり違う情報通信機器だ。PCに近い多彩な機能を備え、画面も操作方法も大きく違うことで新しい利用シーンが広がる。

 ただ、そんなスマートフォンもデメリットはある。「これまでより料金が高くなった」「これまでよりバッテリーが持たない」「使い勝手は前の携帯電話の方がよかった」などを心配する人も多いだろう。

 これは、

  • 多機能な分、データ通信(パケット通信)が多くなるので、特にパケット通信費分が高額になる
  • 同じく、データ通信の発生頻度が高まるので(待受時間のスペックはこれまでの携帯電話と同じでも)相対的によりバッテリーを消費する
  • 電話をかけるとき、携帯電話は瞬時に扱えたが、スマートフォンは数ステップ踏む必要がある

 などの理由から、

  • スマートフォンに興味はある。でも、今までの携帯電話のほうがよかったと後悔しそう
  • スマートフォンに乗り換えても、使いこなせるか不安
  • 2台持ちも勧められたが、そうすると月々の通信費がもっと高額になるかも

 と心配になるからでは? それはあなただけではない。

 ……そんな不安を一気に解消する手段を教えよう。「ほぼスマホ」を導入することである。

2台持ちにオススメのサービス「MEDIAS for BIGLOBE」が登場

photo MEDIAS for BIGLOBEサービス詳細

 「スマホ? いいえ。ほぼスマホです。」

 それが、NECビッグローブの新サービス「MEDIAS for BIGLOBE」だ。NTTドコモのMVNOとして展開する定額制のモバイル通信サービス「BIGLOBE 3G」と、AndroidTM端末「MEDIAS NEC-102」を低価格で利用できるサービスである。

 なぜ“ほぼ”スマホなのか。これは「BIGLOBE 3G」がモバイル通信サービスであり、音声通話機能は省いているため“ほぼ”スマホと呼んでいる。ほかにもSMSや緊急地震速報などは利用できないが、これらの機能は携帯電話に任せて、スマートフォンの利用で多くを占めるインターネットやアプリなどを“ほぼスマホ”にすればかなり利用料金が抑えられるという仕組みだ。これまでの携帯電話はそのままに「2台目に持つスマートフォン」を望む人にピッタリの提案である。

 次に3G回線についてチェックしよう。通信速度は下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps(※)、広大なFOMAエリアを利用できるため、屋外ではもちろん、地下鉄駅構内、地下施設など、普段、人が行き交う場所のほとんどでつながるのが魅力だ。

 (※ 最大通信速度は、電波の状況などにより低下します)

photo “ほぼスマホ”として提供する「MEDIAS NEC-102」

 端末として提供される「MEDIAS NEC-102」は、約4インチの大画面で厚さ約7.9ミリ/重量約113グラムの薄型軽量ボディを特長とするAndroid端末だ。

 こちら、決して低価格に提供するため機能を絞り込んだ端末……ではない。ワンセグ、Bluetoothや赤外線通信、GPSといった通信機能、有効画素数約510万画素の瞬撮カメラまで備えている。携帯電話事業者(通信キャリア)に依存する機能こそ前述の通り省いているが、普通のAndroidスマートフォンと変わらない多機能端末となっている。


photophoto 厚さ約7.9ミリ/重量約113グラムの薄型軽量ボディが特長。高速起動の約510万画素カメラやワンセグも搭載している
photophoto ACアダプタやUSBケーブルも付属。そしてNTTドコモのFOMAエリアを利用できるデータ通信専用UIMカード(SIM)が提供される

 プリインストールアプリも、OfficeやPDFなどビジネスデータを扱える「Quickoffice®」、高精度で人気の日本語入力「ATOK」、BIGLOBEオリジナルアプリのTwitterクライアント「ついっぷる」や「andronavi」「Gポイント」など、利用者のツボを押さえたラインアップとなっている。搭載プラットフォームはAndroid 2.3で、ほとんどのアプリに対応しているため心配ない。別途好みにインストールしてさまざまなアプリを楽しめる。


photophoto ホーム画面はシンプル、動作も軽快で、カスタマイズの余地も大いに残しているのが好印象。ホーム画面は左右にフリックすることで、切り替えて計7画面分利用できる。Twitterクライアント「ついっぷる」など、すぐに使えるアプリもプリインストール
photophoto Officeのファイルを読み書きできる「Quickoffice」や「ATOK」もプリインストール。ATOKはスマートフォンで人気のフリック入力に加え、携帯電話でもなじみのある子音の入力だけで単語を推測して最小タッチで文字入力できる「T9ダイレクト」も組み込まれており、快適な日本語入力が行える

 なお、前述の通り音声通話は利用できないのだが、「Skype」などインターネット通信で音声データを送受信する「VoIP(Voice over Internet Protocol)」(IP電話)対応Androidアプリを用いれば、通話も行える。「通話できないの?」と言う人も安心してほしい。

 IP電話は通話品質が通信状態に左右される側面もあるので、大事な電話はこれまでの携帯電話で、知人とのちょっとした会話や長電話が前提の場合は“ほぼスマホ”のIP電話で──と使い分ければ通話料金の削減もできるだろう。

 もう1つ、「Wi-Fiテザリング」が無料で使えるのも大きな魅力だ。テザリングとは、タブレット、ノートPC、携帯ゲーム機など、Wi-Fi対応機器も一緒に1つのインターネット通信を共有できる機能のこと。“ほぼスマホ”は、ポータブルWi-Fiルータの代わりにもなるのだ。


■BIGLOBE直販限定!お申し込みは電話またはWEBで!

photo
photo


       1|2|3 次のページへ

提供:NECビッグローブ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2012年7月21日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

キャンペーン

端末+3G回線の新提案
2960円からと低料金でネットやアプリが楽しめる新サービス!ほぼスマホの実体はコチラ

トピックス

例えばいくらオトクになる?
「ほぼスマホと携帯電話の2台持ち」の節約方法をチェック!