Special
» 2018年05月18日 19時00分 公開

エンタメ向けタブレットがさらに進化 「HUAWEI MediaPad M5/M5 Pro」徹底レビュー (1/2)

ファーウェイに最新フラグシップタブレットが登場。高精度なペン入力に対応したモデルも登場し、エンタメ向けタブレットがさらに進化した(提供:ファーウェイ・ジャパン)

[PR/ITmedia]
PR

 ファーウェイから最新のタブレットがデビューした。「HUAWEI MediaPad M5 Pro」は、10.8型液晶ディスプレイを搭載したフラグシップモデル。薄さ約7.3mm、重さ約500gの高級感あるメタルボディーに、美しい液晶ディスプレイと高音質スピーカーを搭載し、さらに最新技術によるデジタルペンでイラスト制作などにも使えるタブレットだ。

 その姉妹機である「HUAWEI MediaPad M5」は、8.4型液晶ディスプレイを搭載した軽量モデル。片手で持てる約320gのボディーにこだわりのエンタメ機能、最新技術を集約したスマートなプレミアムモデルだ。

ファーウェイから登場した「HUAWEI MediaPad M5 Pro」と「同M5」。ファーウェイならではのこだわりエンターテインメント性能がさらに強化され、魅力的な製品に進化した

ファーウェイならではのプレミアムなデザイン

 美しいデザインがとても印象的だ。HUAWEI MediaPad M5 Proはシャンペンゴールド、HUAWEI MediaPad M5はスペースグレーと色は異なるが、いずれも滑らかなカーブで構成したフォルム、金属の質感を生かした塗装の上質感が際立つ。

 実際に手を触れてみると、サラッとしていながら滑らかな感触が絶妙。ベトつきがなく指紋も気にならず、しっくりと手になじみ、見た目の美しさと実用性を兼ね備えている。

HUAWEI MediaPad M5 Proは、きらめくシャンペンゴールドを採用。繊細にして優美なフォルムと上質感が印象的だ
シックなスペースグレーを採用したHUAWEI MediaPad M5もまた美しい仕上がり。アンテナ感度を高めるU字型のラインはデザイン的なアクセントにもなっている
両モデルとも表面ガラスは「2.5D」と呼ばれる、エッジがなだらかな曲面で処理されている。見た目の美しさとともに、端まで切れ目を感じない滑らかな手触りが印象的だ

圧倒的な映像体験を楽しめる高精細ディスプレイ

 IPS液晶ディスプレイを採用した画面の美しさも鮮烈だ。HUAWEI MediaPad M5 Proの画面は10.8型で、表示解像度は2560×1600ピクセルに対応。画素密度は280ppiとドット感のない高精細な表示を実現している。

HUAWEI MediaPad M5 Proの液晶ディスプレイは10.8型。表示解像度は2560×1600ピクセルに対応し、画素密度は280ppi。ドット感のない高精細な表示を実現している。ゆとりのあるサイズと精細感を両立した美しいディスプレイだ

 8.4型の画面を搭載するHUAWEI MediaPad M5も、表示解像度は2560×1600ピクセルに対応する。画素密度は、HUAWEI MediaPad M5 Proを上回る359ppiと超高精細なディスプレイを搭載する。

 精細感もさることながら、明るさ、鮮やかな発色も印象的。至近距離から見ても全くドットが見えないのはもちろん、写真や動画は、立体感まで感じられるような臨場感がある。Androidのホーム画面や普通のアプリの画面のクッキリ感も素晴らしく、いつも使っているアプリも美麗な画面で心地よく使える。

HUAWEI MediaPad M5は、8.4型の画面サイズで、表示解像度は2560×1600ピクセルに対応

 映像体験をさらに高めるため、ソフトウェア側からもアプローチを行っている点も見逃せない。独自の画像最適化ツール「ClariVu」を導入。コンテンツに合わせてダイナミックレンジやコントラストを自動調整してくれるため、映画やドラマなどの暗いシーンも快適に視聴できる。さらには画面輝度や色温度を調整する「視力保護モード」を用意。電子書籍などを長い時間読むような用途に向く。

「視力保護モード」(右)を用意。電子書籍を長い時間読むような用途などにぴったりだ

こだわりのサウンドシステムが奏でる別次元の臨場感

 サウンドシステムは、世界的に有名なオーディオブランド「Harman Kardon」で知られる米Harman International Industriesにより、徹底的にチューニングされている。タブレット向けに最適化されたアンプ機構「スマートPA」がパワフルで歪み(ひずみ)のないサウンドを生み出し、独自のサラウンドシステム「Histen」が、臨場感のある音場空間を作り出す。

 特にHUAWEI MediaPad M5 Proは、ボディーの上部と下部それぞれにステレオスピーカーを配置するクアッドスピーカーを搭載しており、よりパワフルなサウンドを楽しめる。

 普通のタブレットとの違いは、映画やドラマなどを再生してみるとすぐに分かる。まずBGM、効果音の迫力がすごい。金属がぶつかって反響する音、爆発の音、足音や車のエンジン音が遠ざかったり近づいたりする様子などがリアルに表現され、俳優や女優のせりふも明瞭に聞き分けられる。最大にすれば10〜12畳くらいの部屋全体に響き渡る音圧があり、大きくしても音割れなどもない。YouTubeの動画、Huluのドラマなど、いつも見ているコンテンツも段違いの迫力だ。

サウンドシステムは、Harman Kardonによる徹底的なチューニングが行われている。特にHUAWEI MediaPad M5 Proはクアッドスピーカーを搭載し、抜群の迫力でサウンドを楽しめる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:華為技術日本株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2018年6月30日