> ニュース 2003年12月19日 06:33 PM 更新

富士写、6×8用2068万画素デジカメバック発売


 富士写真フイルムは、6×8カメラ「GX680」シリーズ用デジタルカメラバック「DBP for GX680」を2004年1月下旬に発売する。引き渡し標準価格は238万円。


 有効2068万画素のスーパーCCDハニカムを搭載した。センサーサイズはほぼ6×4.5と同じ約52×37ミリ。最大7648×5408ピクセル(4136万画素)の超高精細画像を撮影でき、撮影間隔約1.5秒/コマで最大7コマの連続撮影も可能だ。記録方式はRAWとJPEG。

 記録メディアはMicrodrive(コンパクトフラッシュType II)対応。データサイズはRAW時で1枚当たり約41Mバイト、JPEG時最大解像度/最高品質時で同約15.8Mバイトとなる。

 CCD分離型のローパスフィルターを標準装備した。感度はISO 50/100/160/200の4段階に設定可能。モニターとして1.8インチ低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイを装備した。電源はACアダプタから供給される。

 専用フォーカシングスクリーンが付属する。ファインダー視野は6×4.5サイズになる。

関連記事
▼ 富士写、“4140万画素”中判カメラ用CCDバックを開発

関連リンク
▼ ニュースリリース
▼ 富士写真フイルム

[ ITmedia ]

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!