ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「ビジネスプリンタ」最新質問一覧

プリンター・スキャナー
A3ビジネスインクジェット複合機について
以前こちらで質問させていただいたことがあります。エプソンの機種と悩んだ末、エプソンで決まりかけていましたがブラザーの機種に決めました。カラーの顔料インクの魅力だけは捨てがたかったですが、ランニングコストやメインがモノクロ利用であること、ボリューム感、デ...(2016/05/22)

プリンター・スキャナー
ビジネスインクジェット複合機プリンターについて
ビジネスインクジェットプリンターの購入を検討してます。A3スキャナーが魅力で、モノクロレーザープリンター(故障)から思い切って乗り換えようかと思ってます。※主たる用途はCAD図面になります。選択肢はエプソンかブラザーしかありませんが・・。ざっとプリント...(2016/05/09)

Macintosh
エプソンFAX機能付きのビジネスプリンターについて
iMac、OS10.11.3です。現在自宅でブラザーのFAX機能付きの複合機を使っているのですが、PCでのFAX受信はWinだけが対応という残念な思いをしていました。この複合機が買い替え時期となったので、次はエプソンを考えているのですが、はたしてMacでもPCでのFAX受信は可能でし...(2016/02/01)

プリンター・スキャナー
ビジネスプリンタについて
今現在、個人でインクジェットプリンタを使用しています。このプリンタは2002年製のもので(PM-930C)、頻繁に使わないせいか今も問題なく使用出来ています(フチなし印刷時のインク吸収スポンジはボロボロですが…)。古いせいかインク代も高く、壊れる前にそろそろ買い替...(2015/12/04)

プリンター・スキャナー
ビジネスプリンターPX-M840Fについて
送受信をしたFAXはプリントをする事なく電子データとしてパソコンに保存をすることができますか?モノクロプリントの時使われるインクはブラック1つだけですか?※OKWaveより補足:「EPSON社製品」についての質問です。(2015/02/08)

プリンター・スキャナー
仕事用プリンタ購入相談に乗ってください
仕事用に使うプリンタを探しています。食品小売自営業の汎用プリンタです。主な用途は、・クロネコヤマト伝票(インクジェット用ラベルタイプ)・A4サイズ普通紙伝票・食品表ラベル(カラー。要耐水性)・ポップなどの印刷です。写真などは印刷しません。値段は4万円くらい...(2009/11/03)

プリンター・スキャナー
ビジネス向けプリンタ
会社のプリンタ選びをしていますが、なかなかピッタリのプリンタが見つかりません。RISO社のPrioa LP6950DNに心引かれたのですが、Macに非対応ということで残念ながら見送りとなりました。条件としてマック対応である。(OS X 理想はOS9対応)ネットワーク接続可能(TCP/...(2008/07/08)

プリンター・スキャナー
オフィスプリンタについて調べています。
オフィスプリンタについて調べています。1.売上の高いものはどんな種類か2.なぜ売れているのか3.話題になっている商品はどんなものかなどです。ネットで調べてみたのですが、なかなかいい情報が得られていません。売上ランキングみたいなものがあれば良いのですが……よろ...(2008/05/15)

プリンター・スキャナー
オフィス向けのインクジェットプリンターって
昨今、各社からオフィス向けのインクジェットプリンターが発売されています。オフィスの定番といえばレーザープリンターだと思いますが、これに対してインクジェットプリンターのメリットって一体何なのでしょう?スピードはレーザーの方が優位だと思いますし、特にインク...(2007/09/25)

プリンター・スキャナー
ビジネスインクジェットプリンターの導入
A3対応のプリンターを新規で買おうと考えています。印刷枚数が1000枚程度になる事があるので、ビジネスインクジェットプリンターがよいのではないか? と考えてます。今考えているのは、1.hpの BIJ-2300 が割安で買えて、両面印刷対応のようなのでこれがよいの...(2005/11/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。