ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「ジュラルミン」最新質問一覧

その他(ファッション・小物・アクセサリ)
ジュラルミンケースとアタッシュケース
ジュラルミンケースとアタッシュケースは言い方が違うだけで同じ物?(2017/05/05)

DIY(日曜大工)
ジュラルミンの板で寝台を製作したいのですが強度は?
車内泊用に寝台を製作したいのですが、なるべく薄く、軽くと思いジュラルミンを選択しました、当方ジュラルミンに対する知識がなくネットでの検索によりますと超ジュラルミン、超超ジュラルミンなどの種類があるようなのですが堅さや重さでどれが適する材質なのか分かりま...(2014/08/20)

国際問題
全面ジュラルミンで陸自10式戦車を製造したら
エンジンとかアルミで不可能そうな部分はそのままでボディのみ軽量化。砲はアルミ戦車の重量でも実用的な威力のものに変更するものとします。また、簡単に偽物と敵からばれないようにデザインや塗装は全くの同一とします。これなら仮に10台の戦車が突撃するとして、敵から...(2014/07/06)

化学
超々ジュラルミンについて
学校の授業で「固溶体には侵入型固溶体と置換型固溶体がある」と教えてもらいました。そこで、「超々ジュラルミンはどちらのタイプですか?」と質問しても明確な答えはありませんでした。解らないと余計に気になってしまいましたので、ここで質問させていただきます。どな...(2014/05/08)

DIY(日曜大工)
ジュラルミンの薄板を探しています。
ジュラルミンの薄板を探しています。ある品物を製作するためにジュラルミンの厚さ0.3mm薄板を探しているのですが見つけることができません。このような薄板は製造されているのでしょうか?入手可能であれば取り寄せできる所を教えて頂けると大変助かります。(2010/11/07)

DIY(日曜大工)
ジュラルミンについて
ジュラルミンについて教えてください。1.表面に傷はつきやすいでしょうか? 普通のアルミに比べると明らかに違いますか?2.ステンレス304に比べて、加工しやすいでしょうか? チップソーや、バンドソーによる切断の場合3.アルマイト加工は、可能でしょうか?よ...(2009/07/27)

物理学
ジュラルミンの焼き入れ
金属の熱処理について調べていますジュラルミンを焼き入れすると鋼などと違って、逆に硬度が落ちるそうですがどうしてそのようなことが起こるのでしょうか?どこを探してもわかりませんでした ご回答よろしくお願いします(2008/10/06)

物理学
ジュラルミンについて
単相状態のジュラルミンを空冷すると、水冷したときより硬くなる理由について調べているんですが別の質問の回答に水冷→固溶状態を常温まで保てるので強靭になる 空冷→時効により析出硬化すると書いてありました。空冷の場合、時効によって硬くなり 水冷だと時効がない...(2008/10/04)

バイク・原付自転車
スプロケットの超々ジュラルミンとスチールの強度
タイトルの通りなのですが、バイクのスプロケットに使われている超々ジュラルミンとスチールの強度はどの程度の違いがあるのでしょうか?超々ジュラルミンの強度は、585 N/mm2らしいのですが、スプロケットに使われているスチールの強度は、どの程度の物なのでしょう? 物...(2007/11/02)

その他(学問・教育)
ジュラルミンのような金属の板同士のボルトを使わない接着
ジュラルミンの板をボルト等を使わずに接着したいのですが,適したやりかたはないでしょうか?板の厚さは5mm程度です.よろしくお願いします.(2003/07/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。