ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「フュージョン・コミュニケーションズ」最新質問一覧

固定電話
フュージョンコミュニケーションズというところから県外通話の請求書が突然
フュージョンコミュニケーションズというところから県外通話の請求書が突然届きました。去年の12月にそれまでのNTT東日本から携帯と同じであるKDDIのメタルプラス電話というのに変更しています。今までNTTと同時に請求していたものができなくなったので別途請求したとのこ...(2010/02/13)

IP電話
「フュージョンでskype」の050番号なしで登録可能?
skypeをはじめるためにヘッドホンマイクを買って、「フュージョンでSkype」を登録しようと思うのですが、登録の順序は1.シリアル番号の入力2.050番号の取得3.ご利用登録4.専用ソフトのダウンロード5.専用ソフトの設定6.ご利用開始とのことですが、skype同士の会話だけ使う...(2009/12/02)

IP電話
フュージョン
フュージョンで、Skype を、使用したいのですが、Skype の、旧バージョンのソフト(3.8)は、どこからダウンロードすれば、いいのでしょうか? フュージョンで Skype のような、サービスは他にもあるのでしょうか?(2009/03/04)

固定電話
フュージョン電話利用料請求事務手数料負担の件で…マイライン登録を変更するべき?
先日、フュージョン・コミュニケーションズから電話利用料金の『請求事務手数料』負担の件でお知らせのハガキが届きました。詳しい内容はこちらです↓http://www.fusioncom.co.jp/news/2008/20080108.html『クレジットカード』又は『NTT東・西日本の請求書』による支払...(2008/03/11)

IP電話
フュージョンのスカイプは発信番号通知可能?
スカイプの有料バージョンといいますか、IP長距離電話サービスなどを行っている「フュージョン」という会社が月額¥380くらいでスカイプを利用し、専用の着信用の050の電話番号を貸し出して自分が使うスカイプに外部の一般加入電話や携帯電話などから050の専用...(2007/09/09)

固定電話
フュージョンコミュニケーションズの裏技
フュージョンコミュニケーションズは初回オンラインサインアップ時には1000円の無料通話がついてきますが。解約後6ヶ月以内の再契約の場合は対象外だそうです。そこで、自分が考案した方法ですが、家族や知り合いの電話を自分名義でフュージョンコミュニケーションズ...(2007/07/16)

IP電話
「フュージョンでSkype」を2箇所で使用できる?
「フュージョンでSkype」で登録した一つの電話番号を、離れた2箇所のコンピューターで使うことは出来ますか?同じ内容で、コンピューターをセットすれば出来そうなのですが。個人事業者なので、自宅とオフィスで共用したいのです。(2007/02/23)

その他(通信)
フュージョンに乗りかえるのが得ですか?
2ケ月前、23区から武蔵野市へ引越しました。23区在住時はあまり考えもせず、マイラインプラスで【東京電話】としてました。現在、同一市内(武蔵野市内)へ通話をかけることはほとんどありません。今後も多くなるとは思われません。使用内容は23区内へ30%、岩手...(2004/11/29)

その他(通信)
J-COMフォンにするとフュージョンが使えないです(T_T)
来月J-COMフォンに加入するのですが、それまで使っていたフュージョンが使えなくなるそうです。うちは関東→九州に電話をするので、3分20円のフュージョンでとても節約できました。J-COMフォンだと160Km超の県外通話料金が多少高くなるようです。極端に高くなる訳ではない...(2004/07/21)

その他(通信)
フュージョンって会社
最近連絡の途絶えた友人でフュージョンに勤めていた人がいました。フュージョンは今も無事でしょうか。どこかと合併?したと聞いたのですが、社員は整理されたりしてしまったのでしょうか。ご存知の方いらっしゃったら教えてください。(2004/07/18)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。