ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「ハーマンインターナショナル」最新質問一覧

Windows XP
引越し手伝いのお礼にとHarman/KardonのiSub 2000と
引越し手伝いのお礼にとHarman/KardonのiSub 2000というサブ・ウーハーを頂き早速Windows XPのUSBへつないだのですがウンともスンとも言いません。トランスのようなアンプのような電源をつなぎ、球体型のスピーカーのランプは緑色に点灯しているのですが、どこをどう設定し...(2010/05/06)

その他(PCパーツ・周辺機器)
ハーマンカードンsoundstickIIを買ったのですがツイーターは左右置き方に決まりがありますか?
バイオに接続して使い始めました。予想以上に良い音で気に入ってます。根本的な質問ですが、ツィーターの片方に音量調整用タッチスイッチがありますがこれは右に置いたら良いのでしょうか、それとも左?どちらでも良い?今は左に置いて使っています。取り扱い説明書には何...(2009/06/04)

その他(ハードウェア)
ipodのスピーカー、ハーマン・インターナショナル JBL on station III ブラック ONSTATION3BLKJ
ipodのスピーカー、ハーマン・インターナショナル JBL on station III ブラック ONSTATION3BLKJについて質問します。 先日、購入したのですが、本体には、USBの差込口があるのですが、USBケーブルが付属していませんでした。それで、購入したいと思うのですが、本体のUSB...(2008/12/26)

Macintosh
ハーマンカードンのサウンドスティックス サブウーハー接続方法
ハーマンカードンのサウンドスティックス(USB接続)のサブウーハーだけを手に入れました。しかしUSBに接続しても音が鳴りません。ドライバーが必要なのでしょうか?それともサブウーハー単体では使用できないのでしょうか。恐れ入りますが、お知恵を貸して下さい。(2008/07/27)

オーディオ
イヤホン修理依頼を出すにあたって・・・【ハーマンインターナショナル】
harman/kardonのイヤホンを代理店(ハーマンインターナショナル)に修理に出したいのですが、この商品の保証書は売っていたときの箱になっています。そこにイヤホンを入れて送ってくれということらしいのですが、このとき、その箱の中には一緒に入っていた、説明書、交換用イ...(2007/11/15)

オーディオ
harman/kardonとは
現在、ネットオークションでharman/kardonなるメーカーのプリメインアンプが格安で出品されているのですが、商品説明によると「知る人ぞ知る名門アンプの逸品」とかかれており、入札しようか迷っているのですが実際、どのようなもんでしょうか(2007/08/05)

ノートPC
harman/kardonとReatek HD Audioについて
東芝のTX/860LSを使用しています。スピーカーの近くに、harman/kardonと書いてあるのに、dxdiagで見てみたら、Realtek HD Audioでした。どういう関係があるのか知りたいです。(2006/11/11)

輸入車
ハーマンカードンのオーディオについて
ハーマンカードンって音響メーカーだと思いますが、日本ではあまり聞かないと思いますが、BOSEみたいな高級な感じなのでしょうか?(2006/01/30)

Macintosh
Harman Kardon SoundSticks USBをスタジオ17 TFTに。
Harman Kardon SoundSticksのUSBを知り合いから譲ってもらう予定です。USBが全部埋まってしまっているためスタジオ17 TFTのUSBポートに繋ぐ予定なのですがモニタにUSBからでもちゃんと認識してくれますかね?すみません、くだらない質問で。(2005/10/26)

オーディオ
Harman/Kardon PM665を教えて下さい。
友人からフォノイコライザーが壊れたPM665のアンプを譲り受けましたが、修理依頼先やこの機種をお使いの方特徴や仕様又はHP等ご存じの事を教えて下さい。(2005/10/03)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。