ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「プログラミングコンテスト」最新質問一覧

その他(プログラミング)
プログラムコンテストを探しています
プログラムコンテストを探しています。使用言語等の条件は特にありませんが、中学生や高校生限定のものだと嬉しいです。種類もお題のプログラムを綺麗に書く等なんでもいいです。なるべく多くの大会を知りたいのでどんな大会でも知っている限り書いてもらえると嬉しいです。(2013/03/16)

C・C++
U-20 プログラミング・コンテスト
U-20 プログラミング・コンテストで賞を受賞できたら高卒でも大企業のプログラム開発関係・プログラマーの仕事に就職できますか???言語はC++とC#ですあと、高卒でSEになれますか???(2008/11/23)

Flash
プログラミングコンテストで
プログラミングコンテストというものが開催されるのですが、そこでFlashを使ってゲーム感覚で競い合おうということになりました。具体的には、5×5のビンゴゲームのFlashを使用し、25問の問題を解いていき、解けた番号のビンゴの色が変わるといったものです。ビンゴの数...(2007/08/21)

その他(プログラミング)
過去の世界大学対抗プログラミングコンテストの順位
こんにちは。ACM国際大学対抗プログラミングコンテストの順位が詳しく載っているサイトをご存知の方はいますか?確か96年ぐらいからやっているそうですが。日本の順位はウィキで分かるんですけど、世界の順位が分からないんです。お願いします。(2007/05/14)

その他(プログラミング)
プログラミングコンテスト
学生の時コンテストに出すため作品作りで協力し合ったあの日… ※いつまでも学生でいたときの青春をわすれたくない…てなわけで卒業後も社会人でも応募できるプログラミングコンテストってなにがありますか?どんな、ちっぽけなのでも構いません。たくさん教えてください...(2006/10/01)

C・C++
プログラミングコンテスト
今、C言語でゲームのプログラムを作っています。どのジャンルでも良いのですが、ゲーム、あるいはソフトウェアのプログラミングコンテストというのはないのでしょうか?昔は任天堂やエンターブレインがオンラインでやっていたようですが・・。東京在住なのでオフラインのも...(2006/09/24)

その他(プログラミング)
プログラミングコンテスト
今度プログラミングコンテストに出る予定なんですが(漠然としてますが)何かソフトウェアのネタはないですか?いやもちろん自分が作りたいものを作るのが一番だと思うんですが、自由課題だとなかなかネタが浮かばないので。。。やはりニーズにあったものも作れないと・・...(2004/01/15)

中学校
中学生が応募するプログラミングコンテストはないでしょうか?
中学校の教員をしています。部活動でパソコン部を担当しています。 部活動で何をさせると面白く、そして将来の役に立つだろうか?と考え、javaを使って簡単なアプレットのゲームやカレンダー等を作らせました。難しい関数は分からないけど、簡単な命令の組み合わせでプロ...(2003/07/13)

Java
Javaプログラミングコンテスト
oh_noといいます。最近、物事に集中するということが自分の中で失せてきたように思えます。そこで、いま自分が経験しているものに、さらに興味を注ぎ、集中したいと思いました。経験しているものとして、Javaプログラミング(サーブレット)があるのですが、Javaプログラミン...(2003/01/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。