メディア
ニュース
» 2018年03月30日 06時00分 公開

検査・維持管理:画像からひびを自動検出、富士フイルムがインフラ点検に参入

富士フイルムが社会インフラ点検市場に参入。2018年4月から、橋梁などの撮影画像から自動でひび割れの検出などが行えるクラウドサービス「ひびみっけ」を提供する。

[陰山遼将,BUILT]

 富士フイルムは2018年3月28日、橋梁(りょう)やトンネルなどの社会インフラ点検市場に参入すると発表した。橋梁などの撮影画像から自動でひび割れの検出や、検出結果のデータ化などを行えるクラウドサービス「ひびみっけ」の提供を同年4月3日から開始する。

 ひびみっけは、富士フイルムの医療用画像診断システムの解析技術を活用した。人手による従来の点検業務に比べて、作業時間を半減できるという。

 使い方は以下の通り。まず、点検現場で検査を行う橋梁やトンネルなどのコンクリート表面を撮影。その画像をサーバーにアップロードすると、幅0.1mm以上のひび割れを自動で検出する。撮影に使用するデジタルカメラの機種は問わず、画素数に応じて撮影範囲を変更するだけで、ひび割れを自動検出できるという。

画像をアップロードすると幅0.1mm以上のひび割れを自動で検出する。赤線部分がひび 出典:富士フイルム
画像の合成とひび割れ検出画面のイメージ 出典:富士フイルム

 アップロードした画像の合成や、ひび割れ検出結果のCADデータ(DXFファイル)の作成も自動で行える。報告書作成までの作業を効率化するだけでなく、描き写し漏れも防止する。

 ひびみっけの利用料金は、月々の利用量に応じた従量課金制となる。画像1枚から利用可能で、料金は税別400円/枚。ことが可能。画像をアップロードするためのソフトウェアは、無料でダウンロードできるため、初期投資が不要なのも特徴としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.