メディア

ITmedia

Massa POP Izumida

Massa POP Izumidaがアイティメディアで執筆した記事一覧です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧

頭脳放談:

Intelが10nmプロセスによる量産製造を開始した。一方、AMDはすでにTSMCによる7nmプロセスで製造を行っている。「Intelは遅れているのではないか?」とも言われているが、実際のところはどうなのだろうか? プロセスの数字の秘密を解説する。

()

頭脳放談:

2次キャッシュがチップ外であることは、Athlonの幾つかある弱点の最たるものであった。しかし、2次キャッシュに、どのくらいの効果があるのだろうか?

()

頭脳放談:

CrusoeがVLIWを採用しているといわれているし、Itanium(プロセッサコアはVLIWの一種)もそろそろ登場するはず。ということで、今回はVLIWの話をしよう。

()

頭脳放談:

当初、夢のようなメモリシステムといわれたRDRAMだったが、Intelの数々の失敗で主役から後退し、DDR SDRAM陣営を活気づかせる結果となっている。

()

頭脳放談:

微細化も限界といわれ続けているが、新素材や新プロセスの登場によって壁は打ち破られている。今回はAthlonやPowerPCが採用して話題の銅配線にまつわる話をしよう。

()

頭脳放談:

半導体技術として「SOI(シリコン・オン・インシュレータ)」が注目されている。SOIを使えば、究極のトランジスタが製造できるという。マイクロプロセッサの高速化や低消費電力化が実現できるSOIとはどういったものなのか。

()

頭脳放談:

2019年5月8日に開催されたIntelの投資向け説明会「2019 Investor Meeting」で明らかにされたIntelの戦略を筆者が分析する。2019年7月には10nmプロセス製造による次期プロセッサ「Ice Lake」がリリースされるという。

()

頭脳放談:

Armが自らサーバ向けプロセッサのプラットフォームを発表した。なぜ今、サーバ向けプロセッサなのか、その背景をプレスリリースから筆者が読み解く。

()

頭脳放談:

Pentium IIIよりも販売数量が多い32bitプロセッサ「ARM」。ゲーム端末など意外な製品にもARMは使われている。ARMがこのように成功できた理由を解説しよう。

()

頭脳放談:

NTTドコモのiアプリに代表されるように、組み込み用途でJavaが広がっている。それに伴い、組み込み用途でのJavaの高速化が注目されている。そこで、Javaの高速化手法をプロセッサの視点からのぞいてみよう。

()

頭脳放談:

Pentium IIIやAthlonよりも多く出荷されている「ARM」というプロセッサをご存じだろうか? ゲーム専用機や携帯電話など意外なところに搭載されている。今回はこのARMに群がるチップベンダーの話をしよう。

()

頭脳放談:

Intelを始めとする半導体ベンダー各社が次々と300mmウエハーの導入を発表している。300mmウエハーの導入のメリットはどこにあるのだろうか。

()

頭脳放談:

5月末、Itanium搭載システムがやっと出荷となった。構想から約10年、その間、RISCベンダーは次々と脱落し、環境は大きく変わった。この10年を振り返ると……

()

頭脳放談:

AMDが先日概要を発表した次世代プロセッサの「Hammer」。現在のx86アーキテクチャを拡張して64bit化を行うという。今回は、その拡張方法の魅力に迫る。

()

頭脳放談:

好不況を繰り返して成長してきた半導体業界。2000年は好況であったが、一転、2001年は未曾有の不況下にある。しかも、今回の不況はいつもと様子が違う。

()

頭脳放談:

メールやJava、動画表示など高機能化する携帯電話には、高性能なプロセッサの搭載が要求される。その市場向けに日立製作所が開発したS-MAPとは?

()

頭脳放談:

IntelがOUM採用の不揮発メモリのサンプル(4Mbit)を発表。こうした変り種メモリは各社が積極的に開発している。こうしたメモリの行方は?

()

頭脳放談:

半導体の製造プロセスは90nm世代に。各半導体ベンダーがその取り組みを発表する中、早くもIntelはSRAMの製造に成功したという。この意味するところは?

()

頭脳放談:

金融業界同様、半導体業界にも再編の嵐が吹き荒れている。DRAM分野に続き、2002年はシステムLSI分野も再編されそうだ。こうした再編に異議を唱えたい。

()

頭脳放談:

DRAM最大手のMicron。昨今のメモリ相場に危機感を抱いたのか、製品の多角化に乗り出した。そのMicronが次に手掛けるのはプロセッサ?

()

頭脳放談:

一時はプロセッサ市場を大きく変えると思われていたRISC。しかし、最近ではすっかり影が薄くなってしまった。なぜRISCは、CISCに敗れたのか。

()

頭脳放談:

どこもかしこも「無線」がブーム。半導体業界も例外ではない。UWBに無線LAN、無線タグ、GPSなど半導体業界が注目する無線関連規格についてまとめる。

()