メディア

ITmedia

三国大洋

三国大洋がアイティメディアで執筆した記事一覧です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧

三国大洋の箸休め(30):

4月初めに開幕した米大リーグ(MLB)で人気を争うのがニューヨーク・ヤンキースとボストン・レッドソックスの「2強」だ。だがこの2チームは他のことでも争っている。観戦チケットの価格だ。

()

三国大洋の箸休め(27):

エドワード・スノーデンの元雇い主であり、米NSAに出入りする大手外注先の1つとして知られる軍需企業、ブーズ・アレン・ハミルトンが、今スポーツビジネスに注目しているそうだ。

()

三国大洋の箸休め(25):

NBAでは選手の全プレーを記録する画像解析システムに加え、ファーム(2軍)に当たるD-Leagueで、選手の身体の運きや血流の変化などを測ることを目的に、試合中の選手にセンサーを装着する実験を間もなく始めるという。

()

三国大洋の箸休め(24):

NBAの一部のチームが導入した映像解析システム「SportVU」から得られた膨大なデータを活用する段になって、人とマシンという2つのボトルネックが明らかになってきたそうだ。

()

三国大洋の箸休め(21):

「人件費」イコール「コスト」と見なされがちな風潮の中、正反対のアプローチを採り、従業員の待遇を改善することで業績を伸ばした企業もあるという。2014年最初のコラムでは、ちょっとだけ希望の持てるそんな話を紹介したい。

()

三国大洋の箸休め(4):

NBA名門チームにおける最近の人事から、データ活用を目指したチームの思惑が見え隠れする。『マネーボール』で描かれたようなデータ主導型のチーム運営が本格化するのだろうか。

()

三国大洋の箸休め(3):

NBAの2013年ドラフトは「Google Glass」が全米のお茶の間デビューを飾る絶好の機会だったが、結局は失敗に終わった。その背景には一体どのような事情があったのだろうか。

()

三国大洋の箸休め(2):

昨年のアメリカ大統領選で50州全部の予想を的中させた、NYTimesのコラムニストのネイト・シルバーが、ファイナルの試合結果を予想している。

()

三国大洋の箸休め(1):

テクノロジがちょっとだけ関係しそうなさまざまな話題を、分野の壁を越えてつまみ食いするコーナー。第1回はNBAとスマートタブレットの最新事情。

()