メディア

Esther Ajao

Esther Ajaoがアイティメディアで執筆した記事一覧です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧

Microsoftが「Azure AI」に新機能投入【後編】

Microsoftは2023年11月、AI技術に関する新サービスや新機能を相次いで発表した。同社がNVIDIAとの連携を強化して取り組もうとする「Microsoft Azure」のサービス強化などのアップデート情報を取り上げる。

()

AI市場で勝負するAMD【後編】

人工知能(AI)技術の市場で注目を集めるGPUベンダーNVIDIAに対して、同業AMDが対抗するための軸はオープンさになる可能性がある。猛追するAMDに勝算はあるのか。

()

生成AI導入が進む企業、進まない企業【後編】

市場における存在感をますます強める生成AIだが、その導入状況については企業間で差がある。企業への生成AI導入を進めるためには、ある視点を忘れてはならない。

()

「AIの開発中断」要請は正しいのか【後編】

AI技術が急成長を遂げる中、非営利団体がAI技術の開発を6カ月間停止するよう求める書簡を公開した。この要請を「正しい」とは見ていない専門家は、代替案を提示している。

()

SnapchatのMy AIで考える「ChatGPT」のインパクト【後編】

OpenAIの「ChatGPT」をベースにしたSnapの生成AI機能「My AI」だけではなく、ChatGPTやその中核要素でもあるLLMを自社製品やビジネスに生かす動きが広がっている。具体的にどのような動きがあるのか。

()

生成AIベンダーと作家たちの戦い【第3回】

作家たちが生成AIベンダーに期待するのは既存のシステムの破壊ではなく、学習に使用した自分たちの著作物への正当な対価の支払いだ。一方で米連邦議会に対しても、時代に合った法整備を求めている。

()

生成AI機能も実装予定:

Amazon Web Services(AWS)は2023年6月、異なるSaaS(Software as a Service)アプリケーションや生産性スイートをノーコードでつなげられるサービス「AWS AppFabric」(以後、AppFabric)の一般提供を開始した。複数のSaaSをつなぐサービスはさまざまあるが、AppFabricは何が違うのか。

()

AIウォッシングに警鐘【前編】

OpenAIの「ChatGPT」をはじめとするジェネレーティブAI製品が急速に普及する一方、“偽りのAI製品”がはびこり始めている。こうした中、AI技術に関する誇大広告を問題視する動きがあるという。何が起きているのか。

()

「ChatGPT」が引き起こすセキュリティの新たな課題【第4回】

フィッシングなどの犯罪への悪用を指摘する声がある、「ChatGPT」をはじめとするAIチャットbot。その悪用を防ぐための技術や法律には、どこまで期待できるのか。専門家の見方は。

()

OpenAIの技術でGoogleに挑むMicrosoft【後編】

「ChatGPT」などのAIチャットbotが、検索エンジンに取って代わるかどうかは議論の余地がある。ただし専門家によると、AIチャットbotが検索エンジンに影響を及ぼすことは確実だ。検索エンジンはどう変わるのか。

()

「コンピュータビジョン」は小売業者の悩みを解消するのか【後編】

小売業者を悩ませる窃盗などの不正行為に対処する上で、「コンピュータビジョン」は有用だ。ただし画像を扱うという、コンピュータビジョンならではの特徴が招く“ある課題”がある。それは何か。

()

「コンピュータビジョン」は小売業者の悩みを解消するのか【中編】

WalmartやTargetなどの小売業者の間で、“ある問題”への対処が重要な課題となっている。それが「シュリンケージ」だ。シュリンケージとは何なのか。その解決策だと目される「コンピュータビジョン」の実力とは。

()