アルファ・オメガソフト,ネットワーク家電に参入

ソフトウェアベンダーのアルファ・オメガソフトが,ネットワーク家電に向けた小型の組み込み用Webサーバモジュールを開発した。

【国内記事】 2001年12月21日更新

 富士通系ソフトウェア開発会社のアルファ・オメガソフトがネットワーク家電市場に進出する。「WebCam」のノウハウを活かし,家電にWebサーバ機能を付加する組み込み用モジュールを開発。外出先のPCや携帯電話から操作できるようにする。

 WebPlugは,同社が韓国WebGateと共同開発したもの。32ビットRISCのCPUコア,2MビットのSRAMとフラッシュメモリ,シリアルインタフェースなどを1枚の基板に実装しながら,25(幅)×35(奥行き)×2(厚さ)ミリという「名刺の4分の1サイズ」(同社)を実現した。


WebPlugを持つアルファ・オメガソフトの佐々木隆仁社長

 OSは,Linuxをカスタマイズした独自のリアルタイムOS。簡単なスクリプト言語により,機器に応じたプログラミングが可能だという。同社では,これを家電メーカーなどに対して供給する計画だ。


デモンストレーションでは,会場に設置したTVや電灯の電源をオン・オフしてみせた。画面は住宅の中を模したPC用のGUI


デモ用に制作されたWebPlug搭載の電源制御盤。これにプラグを差し込めば,ネットワーク非対応機器であっても遠隔地からの電源オン/オフが可能

 アルファ・オメガソフトの佐々木隆仁社長は,「WebPlugを使えば,最低限のコストで家電製品をネットワーク対応にできる」とアピール。併せて開発環境を提供することで,家電のネットワーク化を迅速に進めるとした。

 「開発を表明してから,既に100件近い問い合わせを受けている。用途は広いが,まずはPDPやプロジェクターなど,(ネットワークと)親和性の高い付加価値製品から搭載されるだろう」(同氏)。

 WebPlugは,既にサンプル出荷を開始しており,2002年6月には量産出荷が可能になる。価格は3000〜5000円(1000個ロット時)になる見込みだ。

 また同社では,WebPlugの1チップ化を検討しているほか,IPv6への対応も視野に入れているという。

関連記事
▼ アルファ・オメガソフト,軍事技術を応用したWebカメラサーバを発表

関連リンク
▼ アルファオメガソフト

[芹澤隆徳,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!