ニュース 2002年8月27日 09:02 PM 更新

平成電電、携帯キャリアを「独禁法違反」で申告へ

「固定→携帯接続問題」で、論争の舞台はさらに広がるかもしれない。平成電電は9月上旬にも、携帯キャリアが独禁法に違反しているとして、公正取引委員会に申告する

 平成電電は9月上旬にも、携帯キャリアが独占禁止法に違反しているとして、公正取引委員会に申告する。固定電話発信、携帯電話着信のサービスを提供する際、携帯キャリア側が事実上“料金設定権”(記事参照)を握っている現状を問題視する内容。

 平成電電はこの件に関して、7月に総務省にも裁定を申請している。しかし「総務省の裁定で、こちらが思うとおりの結果が得られるとは限らない。豊富な法律知識を持つ専門機関である、公正取引委員会にも、審査をしてもらいたいと考えた」(平成電電)という。

 同社は既に、公正取引委員会および弁護士と相談を重ねており、「申告にあたって具体的な準備を進めている段階」(平成電電)。仮に申告が“事件の端緒”として公正取引委員会に取り上げられれば、事情聴取や調査などを伴う委員会の審査が行われることになる。その結果、違反が認められた場合は、勧告そのほかの行政手続きがとられる。

関連記事
▼ 固定→携帯電話「接続論争」、平成電電の言い分
▼ 固定→携帯接続論争、携帯キャリアが反論
▼ 固定→携帯接続論争、ケーブル・アンド・ワイヤレスも参戦

関連リンク
▼ 平成電電

[杉浦正武, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!