ニュース 2002年8月30日 11:51 PM 更新

DDIポケット、128K AirH"の準定額プランを今秋開始

現在、月額9300円のみの128Kbps AirH"に、DDIポケットは約半額のプランを追加する。サービス開始時期は今秋を予定している

 DDIポケットの経営企画本部長である喜久川政樹氏が8月30日、mobidec2002で講演。128KbpsのAirH"の新プランや、端末の小型化など、今後の戦略について語った。

準定額制の導入、端末の小型化──AirH" 128K

 128Kbpsのつなぎ放題サービス「AirH" 128K」については、ライトユーザーやADSLユーザーなどへのマーケット拡大を図る。今秋をめどに、従来の料金、月額9300円の半額程度の準定額プランを導入する。定額料金で一定時間まで利用でき、その後は従量制となるもよう。フレックスチェンジ方式ではなく、サービス品質は現行の128K AirH"と同等となる見込み。詳細は間もなく発表される。

 128KbpsのAirH"端末は現在PCカード型が主流だが、今後小型化を進める。先日CF型を投入したばかりだが、「CFからもっと小型にしたものを今年度中に出す」(喜久川氏)。SDカード型のAirH"端末を開発中であることは既に明らかにしているが(8月28日の記事参照)、別の形状の端末も予定しているもようだ。

 端末小型化の意図は接続できる機器を増やすことにある。PCカード型はノートPCが中心ターゲットだったが、CF型ではPDA型を狙い、さらなる小型化によって「情報家電を含めて進出していこう」(同氏)というスタンスだ。

無線LANとAirH"の融合も続けて研究中

 無線LANとAirH"の融合も、改めて研究中であることが明かされた(3月20日の記事参照)。AirH"とスポットエリアの無線LANを融合し、全国規模の定額サービスの提供を検討している。一体型端末は、「安くできるのであれば作る」方針だが、「ポイントは省電力性が実現できるかどうか」だと言う。

 DDIポケットには、AirH"で培った屋外でのデータ通信ノウハウというアドバンテージがある。屋外あるいは屋内のどのあたりの場所でデータ通信に対する需要が多いかを「基地局からのトラフィックデータを元に把握している」(同氏)。無線LANの需要が高い場所を選択してアクセスポイントを設置していけるわけだ。

 しかしDDIポケット自体が無線LAN事業を手がける可能性は低い。トラフィックデータに基づくマーケティング業務を無線LAN事業者から受託するのが中心となるもよう。「KDDIとはいっしょにやるという話もしている」(同氏)。


今後さらにデータ通信へシフト

 DDIポケットは昨年の6月からAirH"を開始し、データ通信へシフトしてきた。その結果、データ通信ユーザーは順調に伸び、今年5月には100万人を突破。現在は「110万人くらいまで来ている。伸びは止まっていない」(同氏)。

 喜久川氏はモバイル市場はまだだ伸びると見ており、1000万ユーザー程度の規模までいくと予想、さらにデータ通信へのシフトを強める意向だ。「黒字化したことで、発展のための施策も打てるようになった」(同氏)。

 AirH"導入と共に、これまでNTT網に依存していたバックボーンのIP化を始めていることも明かされた。回線交換に関してはNTT網を利用するが、パケットについてはIP網を経由してインターネットにつながる。

 逆に音声端末のほうは積極的に動きにくい状況だ。端末が高級化し製造原価が高くなる傾向にあるからだ。市場価格を上げないためには多額の販売報奨金(コミッション、用語)が必要になり、財務を圧迫する。逆に「データカードは非常に安い。コミッションが安く済む」と、喜久川氏は話していた。

 なお、AirH"のパケット単価がどのくらくらいになっているのか、 既存のユーザーのトラフィックから計算したところ、「0.002円くらいだった」(同氏)という。FOMAの最も安いプランの10分の1のビット単価を既に達成しているわけだ。


DDIポケットのデータ通信ユーザー数の推移(左)と、既存ユーザーのトラフィック量から計算したパケット単価(右)



関連記事
▼ DDIポケット、SDカード型PHSを開発
SD/IO対応のカード型PHSが、もうじき登場する

▼ DDIポケット、「データ圧縮機能」をPRINに導入
AirH"の体感通信速度を向上するサービスが無料で提供される。流れるデータを圧縮するもので、Web表示時間が最大で2分の1から3分の1になるという

▼ AirH"と無線LANの組み合わせ「事業化の検討には至っていない」──DDIポケット
一部で報道されたAirH"と無線LANの複合端末の開発について、DDIポケットは否定。事業として成り立つかどうかの検討にも、まだ至っていない。

▼ AirH"リンクリスト
128Kbpsでの無線インターネットつなぎ放題サービスという画期的なサービスが、DDIポケットが提供する「AirH"」だ。MVNO(仮想移動体通信事業者)として、日本通信や京セラコミュニケーションシステムズもAirH"回線を用いてサービスを提供するなど、その世界は着実に広がり、普及し始めている。


関連リンク
▼ DDIポケット
▼ mobidec 2002

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!