ニュース 2002年9月11日 10:50 PM 更新

通信費が安上がりな国はココだ!?

電話料が高い国はどこ? ADSLは本当に日本が安い? 固定→携帯サービス、海外はどのくらいの料金? あなたはどれだけ知っていましたか

 総務省は9月11日、電気通信サービスの国内外価格調査結果概要を発表した。これは「東京」「ニューヨーク」「ロンドン」「パリ」「デュッセルドルフ」「ジュネーブ」の6都市で、各種通信サービスの料金を比較したもの(詳細は総務省の資料を参照)。調査は1994年度以来、毎年度行われており、今回は平成13年度の調査結果となる。

ADSL


 ADSLサービスの料金は、東京がフレッツ・ADSL+OCN ADSLアクセスフレッツプランの場合で、4850円。ニューヨークがVerizon CommunicationsのVerizon Online DSL 住宅用(768Kbps)で5979円、ロンドンがBTBroadbandで4477円となっており、各国のサービスにひけをとらない価格帯であることが分かる。

 CATVインターネットの料金も同様に、東京のサービス料金が最も低価格な水準となっている。

固定電話


図は市内通話料、平日12時の3分間に換算

 固定電話網の利用料金を比較すると、東京は昼間、ほかの都市と比較して最も通話料が安い。夜間は欧州各国で割引設定があるものの、ほぼ平均的な水準になっている。

 もっとも、東京の電話加入時一時金の7万2800円は、異例といえる高さ。ほかの都市は軒並み数千円で、ロンドンの1万1991円が目立つ程度。ジュネーブは、加入時一時金は無料となっている。

携帯電話


 携帯電話の料金は、基本料+パッケージプランが主流となっており、比較が困難だ。とはいえ、日本の平均月間通話時間に近い通話料を組みこんだパッケージプランを選び、比較の対象としたところ、東京が最も高い水準となった。

 面白いのは、平成電電の独占禁止法違反申告などもあって(記事参照)注目されている固定電話発信、携帯電話着信のサービス。現行の3分80円は一般ユーザーにとって高く感じられるが、各国と比較すると平均的な価格設定だ。同様のサービスにニューヨークは3分162円、ジュネーブでは3分123円かかることに比べると、むしろ“安い方”という印象すら受ける。

関連記事
▼ 平成電電が「独禁法違反」として携帯キャリアを申告

関連リンク
▼ 総務省

[杉浦正武, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!