ニュース 2002年12月13日 09:05 PM 更新

総務省、ネットワークロボット研究会を開催

総務省は12月13日、ネットワーク・ロボット技術の研究開発と標準化を進めるため、「ネットワーク・ロボット技術に関する調査研究会」を開催した

 総務省は12月13日、ネットワーク・ロボット技術の研究開発と標準化を進めるため、「ネットワーク・ロボット技術に関する調査研究会」を開催した。「ネットワーク・ロボット実現の大きな鍵は、ユビキタスネットワークとロボットを結ぶネットワーク技術の研究開発、標準化」(総務省)。ネットワーク・ロボットの将来イメージを明確化し、課題や普及推進策を検討する。

 産学官による同様の試みは欧米でも行われているが、日本の強みであるロボット技術を活かし、国際競争力の強化を図る狙いがある。検討課題として挙げられているのは、下記の5点だ。

  • ネットワークロボット技術の研究開発の動向
  • ネットワークロボットの将来イメージ
  • 取り組むべき研究開発課題と標準化課題
  • 実現による社会的経済的効果
  • 実現のための研究開発推進方策、普及推進方策

 研究会は、家電各社やキャリアの代表、学術経験者などで構成した。13日に第1回会合を開催しており、2003年5月をメドに検討結果を取りまとめる方針だ。

関連記事
▼ バンダイ、ネット経由で遠隔操作可能なカメラロボットを試作
▼ オムロンとテムザック、FOMAを組み込んだロボットを開発
▼ バンダイ戦略開発室が考える「ネットワーク対応ロボット」の可能性

関連リンク
▼ 総務省

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!