リビング+:レビュー 2003/01/24 22:10:00 更新

Review:メルコの新製品「WBR-G54」(試作品)
いよいよ登場した高速無線LAN技術「IEEE802.11g」の実力 (1/2)

無線LANの新たな伝送規格であるIEEE 802.11g。いちはやく登場したメルコの802.11g対応製品が編集部に届いたので、実際に触れてみることになった。最大54Mbpsと銘打たれているが、実際のところはどのくらいなのだろうか? まずは気になるのはスループットを検証する

 2003年も、無線LANをめぐる状況には変化が続きそうだ。1つは、米Intelが次世代モバイル向けCPUに採用する新技術「Centrino」において、IEEE 802.11aとIEEE 802.11bの両方式の無線LAN機能をサポートし、これらに対応したノートPC製品の登場が予測されること。それから無線LANの新たな伝送規格であるIEEE 802.11gの標準化が完了し、準拠した製品が登場することだ。

 そのIEEE 802.11g準拠製品なのだが、既にいくつか発表が相次いでいる。まず、国内の無線LAN市場において最も大きなシェアを占めるメルコが先駆ける形でIEEE 802.11g準拠製品を2002年12月12日に発表した。その後、IEEE 802.11b登場の際もいちはやくAirMacを投入したアップルも、1月8日にIEEE 802.11gに準拠した「AirMac Extreme」を発表、2月までに発売するとしている。さらにコレガも、1月21日にIEEE 802.11gに対応した無線LAN製品の販売を3月より開始すると発表している。

/broadband/0301/24/ap1.jpg
 ブロードバンドルータ機能を搭載した「WBR-G54」(試作品)。既にお馴染みとなった外観

 現段階ではIEEE 802.11g準拠といっても、IEEE 802.11gの規格自体はまだドラフトの段階。実際に標準化が完了するのはまだ少し先になりそうなのだが、各社とも正式承認後にファームウェアのバージョンアップにて正式対応するとして、新規格の製品市場を押さえようと、いわば“見切り発車”の形で製品投入をしかけている。

 そんななか、いちはやく登場したメルコの無線LAN製品が編集部に届いたので、実際に触れてみることになった。2002年12月にIEEE 802.11g準拠のCardBus用無線LANカード「WLI-CB-G54」に加えて、一般向けのラインナップであるAirStationのアクセスポイント製品として「WLA-G54」、企業向けのAirStation Plusのアクセスポイントとして「WLM2-G54」を発表した同社だが、今回届いたものはブロードバンドルータ機能を搭載した「WBR-G54」。こちらは1月22日に発表されたばかりのものだ(記事参照)。

/broadband/0301/24/cards.jpg
 IEEE 802.11b準拠の「WLI-PCM-L11GP」(左)とIEEE 802.11g準拠の「WLI-CB-G54」(右)。CurdBus対応とアンテナ部の大きさが異なる

802.11bと互換性をもつ高速無線LAN規格802.11g

 実際の製品を紹介する前に、ここでちょっと、IEEE 802.11規格のおさらいをしておこう。もともと無線LANは、2.4GHz帯を使い、最大で2Mbpsの伝送速度を実現する技術であった。この標準規格がIEEE 802.11になる。1997年に標準化が完了した。その後、伝送技術の改善による高速化がはかられ、IEEE 802.11bが1999年に登場した。これは従来の802.11と同様に2.4GHz帯を使い、最大11Mbpsの伝送速度を実現するものだ。現在最も普及している無線LANがこれであることはいうまでもない。

 さらに、802.11bと同時期の1999年に標準化が行われ、2001年末より製品が登場したのがIEEE 802.11aだ。802.11aは、新しい周波数帯である5.2GHz帯を使い、最大で54Mbpsの伝送速度を実現する。802.11bの11Mbpsという速度では満足できない用途、主に品質を要求する企業利用などの分野を中心に導入が始まっている。

 しかし、無線LAN高速化の期待を担って登場した802.11aにはもともと弱みがあった。802.11aは802.11bとは互換性がないということだ。もし、既に802.11bを導入した事業所や家庭が、高速な無線LANを利用しようとした場合、アクセスポイントもアダプタなど全ての機器を入れ替えなければならない。

 802.11a/802.11bの後に標準化が始まったのがIEEE 802.11g。802.11gは、802.11aで採用された伝送技術であるOFDMを2.4GHz帯に持ち込み、2.4GHz帯でも最大54Mbpsの伝送速度を実現させたものだ。この規格で特記すべきポイントは、なにより普及規格であるIEEE 802.11bとも上位互換性を持たせることだといえるだろう。つまりIEEE 802.11gの機器であれば、接続先が802.11bには11Mbpsで、802.11gには54Mbpsでと、どちらの無線LANにも接続できるようにしたのである。

IEEE802.11bIEEE802.11aIEEE802.11g
使用周波数帯2400-2497KHz5150-5250KHz2400-2484KHz
チャンネル数14413
伝送速度11/5.5/2/1Mbps54/48/36/24/18 /12/9/6Mbps54/48/36/24/18/ 12/9/6Mbps
伝送技術DS-SS(スペクトラム拡散・直接拡散)方式OFDM(直交周波数分割多重)方式
アクセス制御CSMA/CA
暗号化WEP
屋外利用不可
802.11bとの互換性なしあり
製品登場時期1999年2001年2003年

 802.11aと802.11gを比べた場合、一般には802.11aは狭い範囲で802.11gよりも伝送効率が高いとされているが、電波の届く距離については802.11gのほうが優れているとされている。屋外利用についても違いがある。802.11aは、国内においては、既に5GHz帯を利用している気象レーダーなどとの干渉を避けるために屋外利用は禁止されている。2.4GHz帯である802.11bや802.11gにはそのような制限はなく、屋内だろうと屋外だろうと使用に問題はない。実際には5GHz帯上でも屋外利用を認める動きはあり、将来的には802.11aのアダプタでも対応が図られると思われるが、これらの利用は通信サービスに限られ、一般のユーザーがLANとして随意に使っていいというものではない。

 また、802.11bと802.11gには互換性があるが、異なるところがないわけではない。それは利用できるチャンネルの数だ。国内の802.11b製品が14チャンネル選択可能であるのに対し、802.11g製品では13チャンネルとなる。

 わずか1チャンネルの違いだが、なぜこうなるのか説明すると少し長くなる。1998年以前、日本では2471〜2497KHzを無線LAN用に割り当てていた。この時、利用できたチャンネル数は1チャンネルのみ。その後無線LAN用の周波数帯の見直しが行われ、欧米に合わせて2400〜2483KHzが追加された。ここが1〜13チャンネルにあたる。国内の802.11b製品は、もともと使っていた機器を接続する必要も考え、従来のチャンネルを14チャンネル目としてサポートしている。(ちなみに、複数のアクセスポイントを設置する環境では、搬送波の重複を避けた形で1、6、11、14の4チャンネルを使うことが無線LAN利用の“常識”とされている)。

 ところが、802.11gの場合、最初から欧米に合わせた仕様になっている。そのため使用する周波数は2400〜2483KHzとあり、したがって設定できるのは1〜13チャンネルとなる。802.11bで使っていた14チャンネルは使えないため、もしそこを使っている802.11b機器を接続する際はチャンネルの変更が必要になる。もっともこれまでの802.11bでも海外仕様の製品は同様で、たとえばアップルのAirMacなども13チャンネルまでしか使えなかった。

 802.11a、802.11b、802.11gと3方式揃った無線LAN規格だが、違いがあるのは利用する周波数や伝送技術などの物理層の部分のみだ。無線LANのグループ識別の設定であるESS-IDや、暗号化の設定であるWEP、MACアドレスによる接続制限などといった、無線LANを実際に使う上での機能面には変化はない。これまで無線LANになじんだ人であれば戸惑うことはないだろう。

従来のAirStationと変わらないユーザーインタフェース

 ということで、実際の製品評価にあたってみよう。今回評価したものは試作機版であり、実際の製品とは異なる可能性があることを先に明記しておく。

 まずはインストールだ。クライアントアダプタのインストールを行い、アクセスポイント/ルータの設定を行う。クライアントのインストール時に、付属のCD-ROMを使いAirStationのユーティリティをインストールするわけだが、これらは従来のAirStationで提供されているものと見た限りでは共通のものとなるようだ。また、ブラウザで行うアクセスポイント/ルータの設定も、設定画面を見た限りでは従来のAirStationのものとなんら変わるところはない。

/broadband/0301/24/g541.jpg
 従来のAirStationと変わらない設定画面だが、802.11gの動作モードを「11g(54M)-Turbo」「11g(54M)/11b(11M)-Auto」「11g(54M)/11b(11M)-WiFi(11b)」「11b(11M)-WiFi」と4段階で切り換えられる

 初期出荷時にはESS-IDは製品のMACアドレスになっている。クライアントアダプタをインストールした端末で「クライアントマネージャー」を実行し、「フリースポット」ボタンを押す。このMACアドレスがESS-IDのアクセスポイントを“発見”できるので、アクセスポイントに接続してIPアドレスを更新した上で、ブラウザからアクセスポイントの設定画面を開いて設定を行うことになる。このクライアントマネージャーで端末側の設定の変更を行ったり、家庭内での利用や公衆無線LANサービス利用といった環境によるアクセスポイントの切り換えなどの操作ができる。

/broadband/0301/24/cm.jpg
 クライアントマネージャー。端末側の設定変更や接続するアクセスポイントの切り替えを行う

      | 1 2 | 次のページ

[大水祐一,ITmedia]



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!