リビング+:ニュース 2003/12/04 22:57:00 更新


イー・アクセス、ソフトバンクも 〜通信事業者、続々と「TD-CDMA」参入

イー・アクセスは12月3日、高速無線方式「TD-CDMA」を用いた実証実験を行うべく、総務省に実験局の免許申請を行ったと発表した。また、ソフトバンクも同様の免許申請を行っていることを明らかにした。

 イー・アクセスは12月3日、高速無線方式「TD-CDMA」を用いた実証実験を行うべく、総務省に実験局の免許申請を行ったと発表した。また、ソフトバンクも同様の免許申請を行っていることを明らかにした。

 TD-CDMAとは、IMT-2000システムの無線方式の一つ。時分割多重(TDD:Time Division Duplex)の技術により通信チャネルを符合多重した上で、時間軸でスロット分割して、スロット毎に上り/下りを割り当てる。これにより、上り/下りの通信速度を非対称に設定することが可能。周波数の利用効率が高いといったメリットがあるという。

 これまでもIPモバイルNTTコミュニケーションズなどがTD-CDMAの実証実験の動きを見せていたが、ソフトバンクやイー・アクセスといった通信事業者が参入することで、事業者間の競争が活性化しそうだ。

 イー・アクセスは、来年1月中にも実験を開始すべく準備を進めている段階。米IP Wirelessの技術を採用すべく、同社と共同で高速ワイヤレスアクセスサービスの実現に向けた検討を進めてきたという。「音声通信サービスを主目的とするのではなく、高速データ通信にフォーカスする」(同社)。

 一方のソフトバンクは、「まだ申請した段階で、そこから先の中身は明かせない」とコメント。今後のさまざまな事業展開の可能性を見すえて、検討を続けるとしている。

関連記事
▼定額制モバイルブロードバンド実現へTD-CDMA実験局を構築
▼TD-CDMA高速ワイヤレス通信実験にNTTコムが参加

[杉浦正武,ITmedia]



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!