特集
» 2012年11月22日 08時00分 公開

あなたに合った電子書店を見つけよう:これでもう迷わない、電子書店完全ガイド――BOOK☆WALKER (2/5)

[鷹野 凌,ITmedia]

読みたい本を簡単に探せるか?

 では次に、「読みたい本を簡単に探せるか?」をチェックします。BOOK☆WALKERで作品を探すには、PC向け・スマートフォン向けの「Webストア」か、Android/iOSアプリ内ストアから行います。

Webから探す場合

 まずPC Webからチェックします。読みたい本の書名が分かっている場合は、サイトの上部にある[ストア内検索]欄からキーワードを入力すればOKです。サジェスト機能には未対応です。書名・著者・原作者・イラスト・キャラクター原案や、シリーズ名・レーベル・発行元・作品情報も検索対象になっています。

 作品情報は検索対象から除外できますが、それでもキーワードによっては別作品までヒットしてしまう場合もあり、ノイズの多い検索結果から目視によって目的の本を探しださなければならず、やや不親切です(☆-0.5)。例えば、検索キーワード”生徒会の一存”で検索すると、「エイジプレミアム」が検索結果に出てきます。[作品情報も検索に含む]のチェックを外すと、「エイジプレミアム」は出てこなくなりますが、「生徒会の一存」のコミック・ライトノベル・画集・本棚デザインまでずらりと表示されます。

キーワード”とある魔術”で検索した結果。ライトノベル・コミックと外伝が表示されます
キーワード”生徒会の一存”で検索した結果

検索結果の並び順は初期状態ではリリース順(新着順)になっており、人気順・タイトル順に並び替えできます。昇順・降順の並び替えがないのは不親切です
[詳細表示]の場合、表示数は20件か40件かを選べます

[簡易表示]に切り替えた状態。書影とタイトル・カテゴリのみの表示になります
[簡易表示]の場合表示数は30件か90件かを選べます。キーワードやカテゴリ検索ではうまく絞り切れないので、作品名が分かっている場合は[簡易表示]の90件表示にして探すのが良いでしょう

 読みたい作品が決まっておらず、「何か面白い本はないかな?」と探す場合は、ストア内検索の上にある[ライトノベル館][コミック館][文芸館][新書・雑誌・実用書館][ゲーム館][ガールズ館]のタブか、左カラムのカテゴリ一覧から絞り込む形になります。[〜館]にはそれぞれ、トップページが用意されています。それぞれのトップページから、[新着作品][特集][イチオシ!][人気作品]が確認できます。

[ライトノベル館]のトップページ。基本的には[ライトノベル]カテゴリの書籍が中心ですが、ゲームのノベライズなどもここに入れられている場合があります
[コミック館]のトップページ。構成は[ライトノベル館]と同じです

[文芸館]のトップページ
[新書・実用書館]トップページ

[ゲーム館]のトップページ。[ゲーム/攻略本]カテゴリだけではなく、ゲームのコミカライズ・ノベライズもここに集められています
[ガールズ館]のトップページ。カテゴリ無関係に、「女性向け」ジャンルの書籍やコミックなどが集められています

 [〜館]や新着、カテゴリやレーベルで一覧表示をすると、そこからさらに条件を追加して絞り込むことができない形になっています。これはキーワード検索同様、不親切なUIです(☆-0.5)。

カテゴリから[ライトノベル]を開いた状態。2688件と表示されていますが、ここからさらに絞り込むことができません
カテゴリから[コミック]を開いた状態。3764件と表示されていますが、ここからさらに絞り込むことができません

 いわゆる[詳細検索]のような機能もないので、複数の条件に合致する書籍を探し出すのがやや面倒です。「メディアミックスの角川」だけあって、ライトノベルのコミカライズや、コミックのノベライズなど、同じタイトルが複数のカテゴリで発行されているケースが多いため、混在した検索結果から分離できる何かしらの手段を用意してほしいところです。

 ただ、最も情報が少ない[簡易表示]の状態でも[カテゴリ]は色違いのアイコンで区別されているので、同じタイトルのライトノベルとコミックを間違えることはまずないでしょう。ここは分かりやすいUIです(☆+0.5)。

 検索結果一覧から作品をクリックすると、作品詳細画面が表示されます。作品詳細画面から著者名・原作者・イラスト/キャラクターデザインや、シリーズ・レーベル・発行元をクリックすると、それぞれの検索結果一覧表示になります。[カートにいれる][このシリーズ全巻をまとめてカートに入れる]ボタンを利用するには、ログインしておく必要があります。

作品詳細画面。最近こういった「電子特別版」が増えています
[シリーズ]のリンクを開くと、同シリーズの作品一覧が表示されます
イラストやキャラクター原案の方の名前でも検索できるのは嬉しいところ
[サンプルを見る]をクリックすると、数ページ試し読みができます

 SNSへの共有は、Twitter、Google+、Pinterest、Facebookに対応しています。TwitterとFacebookには公式アカウントがあり、積極的な情報発信を行なっています(☆+0.5)。特にTwitterの公式アカウントは一方的な情報発信だけではなく、ユーザーからの問い合わせにマメに返信をしたり、要望を受け付けてくれたりと、相当な頻度で双方向なやり取りをしており、好感が持てます。Twitterの公式アカウントは@BOOK_WALKERです。タイムセールやゲリラキャッシュバックなどのお知らせは、こちらのアカウントから配信されます。

Google+への共有
Pinterestへの投稿。この2つのSNSに対応している電子書店は珍しいです

Twitterの公式アカウントは@BOOK_WALKERです
公式Facebookページ

スマートフォン向けWebストアから探す場合

 続いて、スマートフォン向けのWebストアで探す場合です。PC Webとは若干レイアウトが異なる部分もありますが、機能的にはほとんど変わりません。

Androidスマートフォンで見たWebストアトップページ
少し下には新着作品、人気作品、ランキングなどが表示されています
カテゴリ一覧などはボタンに格納されています

検索結果一覧
[表示オプション]から表示や並び順を切り替えられます
作品詳細画面。PC Web同様、サンプルが見られるようになっています。シリーズまとめ買いにも対応しています

アプリ内ストアで探す場合

 続いて、アプリ内ストアをチェックします。AndroidとiOS、スマートフォンとタブレットで若干レイアウトが異なる部分もありますが、こちらも機能的にはPC Webとほとんど同じです。ただし、シリーズまとめ買いには未対応です。

iPod touchでアプリを開いた画面。左下の[ストア]をタップすると、ストアを開きます
ストアのトップページ。[雑誌]が単独タブになっていたり、[メディアミックス]というタブがあったりと、Webストアとは若干メニュー構成が異なります
トップページは上から[新着][ランキング][人気作品]という構成になっています。最下部のカテゴリ一覧には、Webストアにはない[人気作家]があります
Webストアとは異なり、検索結果の一覧から購入することはできません
作品詳細画面
少し下に購入するボタンがあります。
Androidタブレットでアプリのストアを開いた画面。スマートフォン向けと若干レイアウトが異なります。iPadの場合も同じレイアウトです
ストアトップページの最下部。[ランキング]と[人気作品]が横に並んでいます
検索結果が左に配置され、右に詳細が出る形になります

 BOOK☆WALKERでは、ユーザーによる評価点やレビューが存在しません(☆-0.5)。Twitterのボタンから外部の投稿を検索できますが、ストアそのものにはレビューがないので、購入前にほかの方の意見や感想を見た上で判断することが困難です。

 他の電子書店ではあまり見られない特筆すべき点として、新着情報をRSSで配信していることと、近日中に配信を開始する予定の作品を事前告知している(☆+0.5)の2点が挙げられます。紙書籍の書店であれば近日発売予定の一覧表が貼りだされているのが一般的ですが、電子書店では今売られている書籍しか分からないところがほとんどです。欲を言えば、1カ月くらい先までの配信予定を掲出して欲しいところです。ユーザーは、何がいつから売られるのか、紙書籍と同時に電子も配信されるのか、電子の配信は紙書籍からどの程度遅くなるのか、といった情報を欲しがっているのではないでしょうか。

Webストアの左カラム最下部アイコンからRSSを取得できます。「〜館」のトップページでは、それぞれの館の新着RSSが取得できます
RSSリーダーに登録しておけば、何が新しく追加されたか一覧できて便利です

右カラムお知らせのすぐ下に[近日配信予定作品]というボタンがあります
新着のお知らせはだいたいどのストアにもありますが、今後の配信予定をお知らせしているストアはあまり見かけません

 率直に言えば、決して「探しやすい」電子書店ではありません。ただ、ほかの電子書店ではあまり見られないような工夫が随所にあり、欠点を補っています。

評点:☆3.0

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる