インタビュー
» 2014年01月23日 10時00分 公開

『酩酊女子 〜日本酒酩酊ガールズ〜』著者インタビュー:美味しい日本酒で酔っ払った女の子――「酩酊女子」の世界へようこそ (2/2)

[あびこ,eBook USER]
前のページへ 1|2       

『酩酊女子』誕生秘話――あふれる「日本酒」と「本」へのこだわり

―― そんなお二人の、酩酊した女子への愛がこもった『酩酊女子』。製作秘話などあれば教えてください。

愛がこもった『酩酊女子』

アザミ 制作秘話……。はじめてのことが多くてとっても大変だったというのが正直なところです(笑)

杉村 これは僕のミスでもあるのですが、この本は、縦書きの本なんです。縦書きの日本語組版はとても大変なんですね。例えば横書きなら「180ml」などもそのまま書けばいいんですが、縦書きだとどう表記すればいいのかと。ショートストーリーを書くそれぞれの方に発注するときに、注意書きとして何かしら統一ルールを設定しておけば良かったなと。

アザミ 確かに最後の最後で気づいて「しまった」と思いましたよね(笑)。わたしは普段漫画の世界でしか文字を扱わないので、文章をきちんと誌面に載せるときのルールをあまり知らず、「こういうときどうすればいいんだー」みたいなのがたくさんあり、もっと勉強しとけばよかったなと思いました。

―― 編集上の苦労が多かったということですね。そもそも「酩酊女子」という本をお二人で作られることになったきっかけなどはあるのでしょうか?

杉村 アザミさんの『酩酊女子』に僕が参加するきっかけのことを話しますと、あるとき、アザミさんともうひとかたとで日本酒の同人誌を作ることを企画したんです。『もっとも〜っと日本酒を知りたいっ!』という同人誌ですね。これは、コミティアXというイベントで日本酒の講義をやりたいと。そこで、僕が誘われて一緒に同人誌を作成し、アザミさんと一緒にあれこれやるようになりました。

アザミ そうですね。夫に頼んで杉村さんにアポ取ってもらって、「講義やってもらえないですか」というのがはじまりでしたね。杉村さんのやさしい文章とやさしい語り口なら、日本酒よく分からないという人でも、抵抗なく受け入れられるんじゃないかと思って。

杉村 コミティアXは、同人誌を頒布するだけではなく何でもイベントやっていいよという特殊なイベントなんです。

 当時、というか今もですが、僕は自由大学というところで日本酒の講義をしておりまして。で、顔出しOKだし、人前で喋るのも全然苦にならないし、お酒の話ができるということで、その講義のテキストとして作成したのが「もっとも〜っと日本酒を知りたいっ」という同人誌だったというわけなんです。

―― それが今回の『酩酊女子』の原点とも言えるイベントだったと。

杉村 原点の『酩酊女子』はアザミさんの同人誌としてあったのですが、僕とかが加わることになったのはそこからですね。

アザミ わたし自身もそのころはまだまだ日本酒、好きだけど詳しくなくて、「わたしが知りたいことを本にしてもらおう」という感じでした。

―― 「むむ先生」の原点。

『酩酊女子』に登場する、分かりやすく日本酒について解説してくれる金髪低身長女子「むむ先生」。

アザミ そうでした。金髪低身長女子になるのはもう少し後のことですが、この辺りがむむ先生の誕生ですね(笑)。

―― 何か本書を作る際のこぼれ話などはありますか?

アザミ お酒は私が選んだのですが、地域を限定せずに日本酒を選ぶのがものすごく大変でした。誌面の都合上どうしても好きなお酒を全部は入れられないので、泣く泣く外したり、入れたり……地域に偏りでないように……という作業を結構長い間やっていました。意外とバランス取るのは難しいんだなと思いましたね。

―― 出版されるにあたって同人誌と商業誌の違いを感じることはありましたか?

アザミ 実は同人誌からの流用は1つもなく、同コンセプトで新たに作った感じです。文字数の関係もありますし、同人誌を長期にわたって頒布しているので、同じものを載せても仕方ないよね、となりまして。編集さんとも意見がまとまって描き下ろしという形になったんです。

杉村 アザミさんと知り合ってしばらくして、僕が醤油手帖という醤油同人誌を作りました。実は、今回の酩酊女子は、醤油手帖のデザインや文字組みをやってくれた方がデザインをされていて、それまで蓄積してきた縦書きを気持ちよく読んでもらえるようにするノウハウを詰め込んだのが商業版の酩酊女子になります。

 僕ら醤油手帖チームの方は、今の段階でできることを常に同人誌でも商業誌でも限界でも詰め込むので、作成時点ではあまり違いを意識しませんでした。個人的には、ほかの方の文章を扱うのが久しぶりなので、ここは漢字ではなくひらがなにした方がいいのではとか、そういう細かいところをどこまで指摘していいものかという葛藤があったぐらいです。

―― はじめて手に取る方も、長いファンの方も楽しめそうです。お二人がここぞ、という本書の見どころといえばどこでしょうか。

杉村 見どころはやっぱり何といっても美麗なイラストとショートストーリーですね。読みものとして相当面白いと思います。

美麗なイラストともに楽しむ「酩酊女子」にまつわるショートストーリー

アザミ やはり、19のエピソードにつまったかわいい酩酊女子たち、でしょうかね。一応かぶりがないよう、参加してくれたイラストレーターさん・作家さんには簡単なシチュエーションを伝えて描いていただいたのですが、本当に雰囲気も全然かぶりがでなくて、「すごいな」と作りながら感動していました。各作家さんの個性あふれる酩酊女子をお楽しみいただけると思います。

杉村 お酒解説コラムもアザミさんが漫画を付けてくれたおかげで、相当読みやすく、面白くなっています!

―― それでは最後に、本記事の読者の方へメッセージをお願いします。

杉村 美麗なイラストやストーリーも面白いのですが、今回のコラムは「日本酒のことがよく分からなくても、美味しい日本酒を飲みたい」という方に向けてのものになるように気を配りました。難しい用語などを覚えたくはないけれども、美味しいお酒を飲みたい、買いたい、そういう方にはコラムコーナーが参考になると思います。

 是非この本を読んで女の子に舌鼓を打ち、興味を持ったお酒があったら買ってみてください。お酒の買い方に関してもコラムに載せています!

アザミ この本は、酩酊女子と日本酒を愛でる、堅苦しくない楽しい本です。美麗なイラストとストーリーを楽しみながら、かわいい酩酊女子とともに今宵も杯を傾けましょう。

販売特典と関連イベント

特典

  • 一部書店(コミックガムの特約店さんなど)で描きおろしメッセージペーパー
  • COMIC ZIN…書き下ろしショートストーリー+イラスト掲載の8P小冊子
  • とらのあな…イラストトレーディングカードA
  • アニメイト…イラストトレーディングカードB
  • ワンダーグー…イラストカード(ポストカードサイズ)

ラジオ文化放送「福井謙二 グッモニ」出演

2014年1月24日午前7時〜9時(お二人の出演は8時15分〜8時30分付近)


『酩酊女子』発売記念・ManGa講座「酩酊女子と日本酒の素敵な関係」

2014年1月25日午後5時〜7時予定

参加費:3000円(日本酒試飲付き)

定員:30名

場所:ワーキングラウンジ EDITORY 神保町

http://univ2289.com/archives/event/meiteizyoshi


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる